クロオオアリの猛暑日の過ごし方 追記

8月2日のブログ「クロオオアリの猛暑日の過ごし方」では、「おそらくとしか言えないのですが、自宅の庭のクロオオアリは、とても暑い日の太陽が高い時間帯は、巣から地上に出るのを控えているようです。」と書きましたが、「とても暑い日」にならなかった日の様子を書き足しておきます。
8月6日は、岡山市では午前10時20分に最高気温の31.0℃になり、11時頃から雨が降りだして気温が下がりました。日照時間は0.0時間でした。
14時前に蜜枠を見ると、猛暑日のこの時刻にはいなかったクロオオアリが24匹来ていました。

裏面も合せてクロオオアリが24匹いた 8月6日13時52分撮影

この時の気温は26.5℃、コンクリートの温度は28.6℃でした。

コンクリートの温度を測定 気温も表示されている 13時53分測定

バナナの木にやって来たクロオオアリ

少し以前から、バナナの木にクロオオアリが来ているのに気づいていました。ただ、葉の上にいるので、何をしているのだろうと思っていました。
8月4日になって、観察してみることにしました。確かに、この日もバナナの葉の上に複数のクロオオアリがいました。

8月4日18時12分撮影

僅かにですが、よく見ると葉の上に滴のようなものがあり、クロオオアリが吸っていました。また、その近くの葉の上には、滴が垂れた痕のような白っぽいところがありました。

葉の上の滴を吸うクロオオアリ その右には白っぽい模様が見える 8月4日18時16分撮影

次の日の夕方にも、クロオオアリが来ていました。葉の上には小型のアリの姿もありました。

8月5日17時30分撮影

クロオオアリが集まっている葉の上方には苞(ほう)が垂れ下がっています。

苞(ほう)

6月の下旬に苞葉の中から花が出てきた時、花から滴が垂れ下がっていたのを見ていました。

花から滴が垂れ下がっていた 6月21日撮影

おそらくこれと同じようにして、滴が葉の上に落ちてきたのでしょう。糖度を測るだけの滴の量がないので、それはできませんでしたが、糖分が含まれているのでしょう。
地面には結実しなかった花が落ちていて、その花には、また別の種の小型のアリがたくさん集まっていました。

結実しなかった花に集まる小型のアリ 8月5日17時32分撮影

このバナナの木に来ているクロオオアリの巣を調べるために、蜜を与えてみました。

与えられた蜜を吸うクロオオアリ 8月5日17時47分撮影

やがて腹部を膨らませてバナナの木から下りていきました。戻っていく方向は、C巣がある方向で、C巣の手前で芝生の中に入っていきました。そこは段差があるところです。その段差の部分の芝を刈り取りました。

クロオオアリが姿を消した段差のあるところの芝を刈り取った 8月5日18時11分撮影

しばらくはこの場所のどこかに巣口があるものと思っていましたが、左右に行き来するクロオオアリが何匹かいました。どうやら、通路になっているようです。芝生の上は歩きにくいのですが、土の上ならより速く歩くことができます。その上、一方の側面が芝で覆われているので、日かげになります。これは、使い勝っての良い通路なのでしょう。
結局、巣口は確認できませんでしたが、やはりバナナの木にやってきているのは、C巣のクロオオアリだろうと思います。

クロオオアリの猛暑日の過ごし方

35℃を越える程のとても暑い日、クロオオアリはどのように過ごしているのでしょうか。身体が黒いだけでも日射熱を吸収しやすい上に、地面を歩くのですから、強い日差しの下では、他の昆虫以上に過ごしにくいはずです。自宅の庭での観察になりますが、夏のとても暑い日の日中には、クロオオアリの姿はほとんど見ることがなく、夕方になるとクロオオアリが現れるようです。
今年7月5日のブログ「ミツバチの蜜枠にやって来たクロオオアリ」で紹介していますが、屋外にミツバチの蜜枠を出しています。この場所は玄関ポーチで、雨に濡れる心配がなく、また直射日光も当たりません。先のブログでは、この蜜枠にクロオオアリがやって来るようになったものの、同時に見かけるのは2匹までであったと書きましたが、梅雨が明けてからだと思いますが、クロオオアリがたくさんやって来るようになっていました。ちなみにミツバチの方は、全くやって来ないようになりました。
ところで、この蜜枠にやって来るクロオオアリの数が、多い時と少ない時があることに気づきました。この数の増減には、何か決まりがあるのでしょうか。

7月31日、この日も猛暑日となり、岡山市の最高気温は36.2℃でした。この日の朝、蜜枠にはクロオオアリが20数匹来ていました。

こちらを表面と呼ぶことにする 午前6時25分撮影
裏面にもたくさんのクロオオアリがいる 午前6時24分撮影

昼前に見ると、クロオオアリは1匹だけになっていました。

1匹だけになっていた 11時26分撮影

ところが夕方蜜枠を見てみると、

表面 17時56分撮影
裏面 17時57分撮影

また増えていました。30匹前後になっていました。
夜も調べてみました。

22時41分撮影

15匹程度クロオオアリが来ていました。

その翌日の8月1日の様子は次のようでした。

30数匹のようだ 6時53分撮影
クロオオアリの姿はなかった 11時2分撮影
30数匹のようだ 17時39分撮影
30匹程度のようだ 22時11分撮影

この日も猛暑日になり、岡山市の最高気温は36.2℃でした。

8月2日も猛暑日でした。岡山市では36.3℃まで気温が上がりました。

30匹程度のようだ 午前6時21分撮影

放射温度計で地表の温度を測ってみましょう。蜜枠にやって来るクロオオアリの経路になっているコンクリートの上と、踏み石の上と、芝生の表面の温度を測ります。正確に温度を測定するには、それぞれの対象の放射率を放射温度計に設定しなくてはなりませんが、そのようにしても正確に測定できるとは限りませんので、ここでは、コンクリートと石は一般的なコンクリートの放射率で、芝生は一般的な木の放射率で測定しています。
午前6時台前半では次のようでした。

芝生 27.5℃ 午前6時16分計測
踏み石 30.3℃ 午前6時16分計測
コンクリート 29.1℃ 午前6時15分計測

9時半頃見るとクロオオアリは5匹程度になっていました。
11時頃(10時54分)見ると、前日と同じく、クロオオアリは蜜枠からいなくなっていました。地表の温度の方は11時半頃、かなり上がっていました。

芝生 42.5℃ 6時台より15度上昇 11時21分計測
踏み石 52.8℃ 6時台より22.5℃上昇 11時22分測定
コンクリート 50.4℃ 6時台より21.3℃上昇 11時22分測定

1時過ぎにも地表温度を測定しています。

芝生
踏み石

4時過ぎに見ると、3匹ほど蜜枠にやって来ていました。落ち着きのない様子で、蜜を吸ってないようなのです。どうやら、クロヤマアリを追い払っているようです。以前は、クロヤマアリが数多く蜜枠にやって来ていましたが、クロオオアリがたくさん来るようになってからは、クロヤマアリはほとんどやって来ないようになっていました。おそらくそんな風にして、クロオオアリがクロヤマアリを追っ払ったのでしょう。

写真上方の木枠にクロヤマアリがいる クロオオアリがクロオオアリを追い払っていた

夕刻になるとまたクロオオアリがたくさんやって来ていました。30数匹のようです。

30数匹になっていた クロヤマアリの姿はない 17度44分撮影

地表の温度を測ってみました。

芝生
踏み石
コンクリート

かなり地表の温度が下がっていました。

3日間の観察で、猛暑日の自宅の庭のクロオオアリの生活がほんの一部ですが、分かったように思います。おそらくとしか言えないのですが、自宅の庭のクロオオアリは、とても暑い日の太陽が高い時間帯は、巣から地上に出るのを控えているようです。餌(蜜)があることが分かっていても、命の危険を犯してまでは餌を取りにいかないようです。

水辺に涼を求めるトゲアリ 追記

今年の6月29日のブログ「水辺に涼を求めるトゲアリ」で取り上げたトゲアリの様子の追記です。

とてもたくさんのトゲアリが水槽の水場に移動してきていた 幼生虫も見られる 水に触れているトゲアリもいる 8月2日午前6時45分撮影
巣本体の様子 まだたくさんのトゲアリが巣に残ってはいた 午前6時45分撮影
室温がほぼ30℃あることが分かる

「不思議な模様」がなくなっている

今年の5月2日のブログ「トゲアリが作る不思議な模様」で取り上げた模様が、何時頃からか見られなくなっていました。

7月29日撮影

汚れの色は同じですが、少し渦を巻くような曲線状の汚れはありません。なぜこのように違ってきたのか、その事由は全く分かりません。

羽化が始まった「たった1例のトゲアリの寄生」

今年の6月3日のブログで、
「昨年の9月22日のブログ「たった1例のトゲアリの寄生を試みる」で紹介しているトゲアリの女王アリ(S/N:T180919)が寄生したクロオオアリのコロニー(S/N:B15002)の5月5日以後の様子ですが、卵と孵化してまもない幼虫がいました」
と書きましたが、今日になって、トゲアリの働きアリの羽化が始まっているのに気づきました。この間、ほぼ毎日観察していましたので、数日前から見落としていたのか、それとも極直近に羽化したのかどちらかでしょう。働きアリを見ると、色がまだ薄いのもいます。

羽化したばかりなのでしょう、体色がまだ薄い 14時59分撮影

トゲアリの女王アリはじっとはしてなくて、よく歩き回っていました。

トゲアリの女王アリはじっとはしていないようだ 上段にもトゲアリの働きアリがいる 15時0分撮影

働いているトゲアリの働きアリもいました。

幼虫を運んでいる 左のまだ小さな幼虫の塊はトゲアリの幼虫のはず 15時2分撮影

トゲアリの働きアリの数を数えて見ると、6匹確認できました。

現有のクロオオアリのコロニー

小学生中学生の頃、アリを飼育していましたが、2010年になって再びアリを飼育するようになりました。その年の6月8日、たまたまですが長野県のK地点でクロオオアリの新女王アリを1匹採集したのが、再びアリを飼育するきっかけになりました。そして、その翌年の3月に退職したため、2011年からは、アリを飼育する時間が持てるようになりました。
2010年に採集したクロオオアリの女王アリは、5年後の2015年6月27日に死に、現在コロニーは残っていません。
現有の最も古い採集年のコロニーは、2011年に新女王アリを採集したコロニーになります。以下、今年採集のクロオオアリの新女王アリのコロニーを除く、現有のクロオオアリのコロニーを列挙します。

2011年採集 4コロニー(以下シリアル番号と飼育器を記載)
B110608-04 旧型アンテシェルフで飼育 過去大家族 現在小家族
B110608-06 カップ型コンクリート人工巣をグッピー水槽に入れて飼育
B110608-07 リトルアンテシェルフ2個を中型水槽に入れて飼育 大家族
B110608-11 グッピー水槽で飼育

2012年採集 2コロニー
B120614-03 グッピー水槽で飼育
B120614-86 旧型アンテネストとアンテシェルフと百均トレー5段組で飼育 最多大家族

2013年採集 1コロニー
B130617-04 カップ型コンクリート人工巣をグッピー水槽に入れて飼育

2014年採集 1コロニー
B14034+133(同種間共存) リトルアンテシェルフをグッピー水槽に入れて飼育

2015年採集 2コロニー
B15006 虫籠コンクリート人工巣と特製アンテシェルフとアンテグラウンドⅠ型
B15099 カップ型コンクリート人工巣をグッピー水槽に入れて飼育 大家族

2016年採集 4コロニー
B16000 百均簡易飼育器で飼育
B16001 リトルアンテシェルフで飼育
B16012 研究用アンテネストで飼育
B16018 研究用アンテネストで飼育

2017年採集 14コロニー
BH17001+BH17025(同種間共存) カップ型コンクリート人工巣で飼育
BH17007 カップ型コンクリート人工巣で飼育
BH17015+BH17009(同種間共存) カップ型コンクリート人工巣で飼育
BH17010 カップ型コンクリート人工巣で飼育
BH17023 カップ型コンクリート人工巣で飼育
BH17027 カップ型コンクリート人工巣で飼育
BH17031 カップ型コンクリート人工巣で飼育
BK17015 ミニアンテシェルフで飼育
BK17022 百均簡易飼育器で飼育
BK17040 リトルアンテシェルフで飼育
BK17052 リトルアンテシェルフで飼育
BK17055 百均簡易飼育器で飼育
BK17064 百均簡易飼育器で飼育
BK17081 リトルアンテシェルフで飼育

2018年採集 9コロニー
BH18008 百均簡易飼育器で飼育
BH18015 百均簡易飼育器で飼育
BH18019 百均簡易飼育器で飼育
BH18020 百均簡易飼育器で飼育
BH18024 グッピー水槽で飼育
BH18030 グッピー水槽で飼育
BH18034 百均簡易飼育器で飼育
BH18037 グッピー水槽で飼育
BH18040 百均簡易飼育器で飼育

以上37コロニー

こうして見ると、8年以上生きている女王アリがいることが分かります。
また、37コロニーの中で最も大家族になっているのは、2012年採集のB120614-86で、次に大家族になっているのは、2015年採集のB15006です。このことから、コロニーの規模の大小は、結果的には、経過年の長短によらないことが分かります。ただ、故意にそうしたわけではありませんが、飼育環境や餌の量の違いが要因となったかも知れません。ですから、女王アリ(とそのコロニー)には個体差があることは分かっていますが、以上の記録からだけでは、コロニーの規模を個体差だけで説明するには無理がありそうです。

ところで、大家族のB120614-86とB15006に限りませんが、他の大家族のコロニーも含めて、これからを期待していることがあります。それは、羽アリの誕生です。今年も羽アリは生まれないようです。羽アリの誕生の条件については、飼育下での先行事例もあるようですが、検証してみたいと考えています。

羽アリは毎年生まれるか

クロオオアリでは、創巣から何年か後に羽アリが生まれるのですが、何年後から羽アリが生まれるのかは、私にはまだ分かりませんし、そもそもコロニーの個体差(集団差)や、巣のある場所の周りの環境の差や、気候などが要因となって、一律に何年後からということではないでしょう。
では、何年後かに羽アリが生まれるようになってからは、毎年羽アリは生まれるのでしょうか。このことについては、過去4年間の観察で少し分かってきました。
自宅の庭にはいくつかクロオオアリの巣があるのですが、この内、これまでに羽アリを見たA巣とB巣とC巣で、年次ごとに振り返ってみましょう。

2016年 羽アリを見たのは B巣のみ
2017年 B巣と C巣(わずかに雄アリのみ)
2018年 A巣と B巣と C巣(少数の雌雄アリ)
2019年 A巣のみ

B巣は、庭のクロオオアリのコロニーの中で、一番繁栄していると思っていましたが、3年連続で羽アリが出てきた後、今年は羽アリが出てきませんでした。A巣とC巣は2年連続で羽アリが出てきましたが、C巣では3年目は羽アリが出てきませんでした(C巣は、A巣とB巣と比べて、これまでの観察からコロニーの規模が小さいと思われます)。
以上のことから、いくつか考えられるのですが、次のように考えることもできます。

A巣では、羽アリが生まれるようになってからは2年連続で羽アリが生まれていて、来年も羽アリが生まれるかもしれない。
B巣では、少なくとも3年連続で羽アリが生まれたが、コロニーが終焉をむかえた(女王アリが死んだ等)のかもしれない。
C巣では、コロニーの規模が不安定で、来年以降羽アリが出てくるかわからない。

いずれも、来年以降の各コロニーの羽アリの有無を見なければ、確かなことは言えないようです。

4例のクロオオアリの同種間共存のその後

(1)昨年2018年の3月28日のブログ「クロオオアリの同種間共存(1)」で取り上げている「ケース1」のその後について

2018年4月5日には、B15053+R(2016年8月16日女王アリ死)のクロオオアリの働きアリ7匹を加えました。この時、 喧嘩は無く受け入れられました。
2018年4月14日に、BH17022(2018年4月13日女王アリ死)のクロオオアリの働きアリ7匹と幼虫3匹を加えています。
2018年5月1日に、B130605+R(旧名B131015)のクロオオアリの働きアリ6匹とムネアカオオアリの働きアリ1匹を加えました。この時、ムネアカオオアリも受け入れられました。
2018年5月7日に、BK170530-114(2018年5月7日女王アリ死)のクロオオアリの働きアリ2匹を加えました。しかし、受け入れられませんでした。
2019年の02月28日には、既に全滅していました。

(2)昨年2018年の3月28日のブログ「クロオオアリの同種間共存(2」で取り上げている「ケース2」のその後について

2018年6月3日に、BK170530-195(2018年6月3日女王アリ死)のクロオオアリの働きアリ3匹と幼虫2匹を加えましたが、働きアリは受け入れられませんでした。
そこで、2018年の6月3日時点でのコロニーの構成は、女王アリに働きアリ15匹と幼虫が2匹になります。それから13ヶ月強経った現在の様子は、下の写真のようです。

人工巣の部屋の中 2019年7月10日撮影
人工巣の地上面 2019年7月10日撮影

かなりコロニーが大きくなったことが分かります。

(3)今年2019年の4月19日のブログ「Q+WとWのみのクロオオアリのコロニーを合併」で取り上げている1つ目の例のその後について

4月16日に合併したコロニー
BH170521-025:
  2017年5月21日に岡山県蒜山高原で採集した女王アリのコロニー
  働きアリ2匹と女王アリ 幼生虫なし
BH170520-001:
  同年5月20日同地(採集箇所も同じ)で採集した女王アリのコロニー
  昨年女王アリ死 働きアリ多数 幼虫あり

4月16日には、女王アリに、働きアリ多数と幼虫も多数居たことになります。次の写真は、その後の3ヶ月弱の様子です。

左に見えるのは女王アリの腹部 よく膨れている 2019年7月10日撮影

人工巣には、写真の部屋の他にもう一つ部屋があり、そこにも幼生虫が居ました。写真には写らなかったのですが、卵もありました。一つのコロニーに成ったようです。

(4)今年2019年の4月19日のブログ「Q+WとWのみのクロオオアリのコロニーを合併」で取り上げている2つ目の例のその後について

4月19日に合併したコロニー
BH170520-015:
  2017年5月20日に岡山県蒜山高原で採集した女王アリのコロニー
  働きアリ2匹と女王アリ 幼生虫なし
BH170520-009:
  同年同日同地(採集箇所も同じ)で採集した女王アリのコロニー
  今年3月に女王アリが死亡 働きアリ4匹のみ 幼虫なし

4月19日には、女王アリに働きアリ6匹のみで、幼生虫は居ませんでした。次の写真は、その後の3ヶ月弱の様子です。

2019年7月10日撮影

4月19日には居なかった幼生虫が育っています。働きアリは、写真には4匹写っていますが、5匹居ました。1匹は死んだようです。

ミツバチの蜜枠にやって来たクロオオアリ

少し以前から、ミツバチの蜜枠を屋外に出しています。

一度スムシが付いてしまった蜜枠で、蜜を別のコロニーのミツバチに与えるのが目的です。

ミツバチがやって来ている

既にクロヤマアリはこの蜜枠にやってきていましたが、つい2〜3日前から、クロオオアリもやって来るようになりました。

蜜を吸うクロオオアリ 右のアリはクロヤマアリ 9時21分撮影

このクロオオアリの帰路を追ってみると、A巣から来ていることが分かりました。
少し意外なのは、この蜜枠で同時に見かけるのが2匹までだという点です。ここには蜜が豊富にあるにも関わらず、仲間を引き連れて来ないようなのです。その理由として考えられるのは、A巣が比較的遠方にあることや、蜂蜜の嗜好性についてですが、確かなことは分かりません。