おすすめ投稿

「日本アリ類同好会」への誘い

この度、LINEを使ったアリの飼育・観察・研究の交流グループを作ってはと思い、「日本アリ類同好会」を作りました。
「日本蟻類研究会」は既に存在していて、私も会員になっていますが、「日本アリ類同好会」という名称の団体はネット上で検索する限りはないようです。「日本蟻類研究会」は、大学関係者の方も多く、研究内容はとても深いのですが、「日本アリ類同好会」では、アリが好きな者同士が「友だち」になって、主に飼育方法や生態観察や採集情報などで、気軽に交流ができればと思います。ご賛同いただけるようでしたら、グループにご参加下さればと思います。
まだ、LINEをお使いになっていない方も、スマホやダブレットだけでなくPC版もございますので、導入をご検討下さい。LINEの導入の仕方については、ネット上でお調べ下さい(例えば https://line.macdrivelove.com/entry3.html 等)。
しばらくの間、IDによる友だち追加ができるようにしておきますので、ご連絡いただければ、ID(「友だち追加」ができない場合はQRコード)をお伝え致します。連絡先は info@kajitsuken.net です。
では、皆様のご参加を心よりお待ちしています。

クロオオアリの女王アリの胃の容量

これまで、アリの胃の容量を量ったことはありませんでしたが、今日、その機会がありました。
対象としたのは、クロオオアリの女王アリです。クロオオアリの場合、働きアリは大きさが連続的ですから、各個体の胃の容量は一定ではありませんが、女王アリの場合は、ほぼ一定だと考えられます。今回胃の容量を測定したのは、今年の6月9日に自宅の庭で採集した新女王アリで、子育てが順調ではなく、まだ働きアリがいない単独女王アリです。これまで蜜等は与えていないので、水を飲むことはあったとしても、胃は空に近い状態だと考えられます。
蜜の容量の測定には、ピペットを使います。

使用したピペット 1分注を10μLに設定している

ピペットは予め1分注を10μL(1μL=0.001mL)に設定しています。1分注ずつ、飼育器の中に垂らします。

3分注目を吸引しているところ 8月3日16時31分撮影
4分注目を吸引しているところ 16時34分撮影
5分注目を吸引しているところ 手前のもう1つの蜜は6分注目 16時41分撮影

4分注目、つまり40μLは飲み干したのですが、下の写真のように5分注目は残してしまいました。

5分注目は飲み残している 6注目はそのまま

このことから、このクロオオアリの女王アリは、40数μL飲んだことになります。クロオオアリの女王アリの胃の容量は、40数μL(0.04mL〜0.05mL)のようです。

ちなみに、40数μL飲んだこのクロオオアリの女王アリと、働きアリがいて既に何回も蜜を与えているコロニーの女王アリ(今年5月23日採集)と、20μL飲んだまだ働きアリがいない女王アリ(今年5月23日採集)の腹部の大きさを比べてみました。

40数μL飲んだこのクロオオアリの女王アリ 腹部の膨らみは、直ぐ下の女王アリと同程度
働きアリがいて既に何回も蜜を与えているコロニーの女王アリ
20μL飲んだまだ働きアリがいない女王アリ 腹部が少し膨らんでいる程度

移植コロニーの7月の生存確認

これまでに庭に移植したクロオオアリのコロニーの内、7月に生存が確認できたコロニーを記載しておきます。
最も良く繁栄していると思われる移植コロニーは、O巣B15099で、こちらをご覧下さい。
L 巣 B16013は、今年になってからは初めて、7月18日に生存が確認できました。

この写真には出入りするクロオオアリは写っていないが、ここにB16013の巣がある 7月18日18時17分撮影

今年の4月14日に移植したクロオオアリのコロニー(昨年新女王アリを採集)の内、B200603-062とB200603-069の生存を7月22日に確認しました。

B200603-062 7月22日18時27分撮影
B200603-069 7月22日18時28分撮影

昨年の10月18日のブログ「新たな巣口を発見 BH170521-025+BH170520-001か?」のコロニーの生存を7月22日に確認しました。

引越元は不明 7月22日17時33分撮影

以上の他は、既に7月のブログに記載しています。
新女王アリの働きアリが巣から出てきた」7月21日
庭に移植した新女王アリの内、1コロニーで2匹が羽化」7月14日
移植ムネアカオオアリのその後 7月11日」7月11日
ヌアールKにもクロオオアリとトゲアリ」7月9日

新女王アリの働きアリが巣から出てきた

7月19日、今年新女王アリを移植(BH20210523-06)したコンクリートブロックの蓋(ベニヤ板)を外すと、働きアリが2匹穴から出て来ていました。

コンクリートブロックの中 写真では穴の出入り口にもう1匹が写っている 7月19日19時32分撮影

そこで、蜜を与えました。

蜜を与えたところ 19時36分撮影

ただ、これはリスクを伴います。小型のアリが蓋のベニヤ板とコンクリートの僅かな隙間から蜜を見つけて大量に押し寄せるかも知れないからです。
21時ごろ見に行くと、案の定、小型のアリが蜜を吸いに来ていました。そこで、急いで、この蜜器を取り出しました。
それから2日後の7月21日、BH20210523-05とBH20210523-06とBH20210523-07を移植しているコンクリートブロックを見ると、小型のクロオオアリがコンクリートブロックの上を歩いていました。そのアリが小型であることから、新女王アリの下で今年羽化した働きアリだと思われました。そこで、巣を特定するために、このアリの進路に蜜を垂らしました。そして、蜜を吸って帰って行く後を辿ると、BH20210523-06に戻って行きました。

BH20210523-06の巣口に入って行った 7月21日18時20分撮影

先程蜜を垂らした直ぐ近くにも蜜を垂らすと、同じ働きアリと思われるクロオオアリがBH20210523-06の巣口から出て来て、その蜜を吸い始めました。

18時23分撮影

それ以後も何回か往復して蜜を飲んでいました。
この観察から、この時期になると、新女王アリの下で羽化した働きアリが、巣穴から出てきて餌を探すようになることが分かりました。
ところで、BH20210523-07ですが、7月14日には働きアリが2匹と幼虫や繭がありましたが、今日は女王アリだけになっていました。何かに巣を襲われたと思われます。

BH20210523-07の様子 女王アリだけになっていた 7月21日18時22分撮影

ちなみに、BH20210523-05とBH20210523-06とBH20210523-07の3巣の外観を見ると、いずれも、ベニヤ板の蓋とコンクリートの隙間に土や石が見られました。このことから、移植したクロオオアリが生きていた、または生きていることが分かります。

BH20210523-05
6BH20210523-06
BH20210523-07

庭に移植した新女王アリの内、1コロニーで2匹が羽化

今年の5月23日に蒜山高原で採集したクロオオアリの新女王アリのコロニーの羽化が進んでいます。現在33コロニーを飼育していて、昨日7月13日の夕刻の時点で、働きアリの平均的な匹数は3.15匹となっています。働きアリが最も多い6匹のコロニーは2巣、まだ羽化していないコロニーは4巣です。
そこで、気になっているのは、蒜山高原で採集した翌日にコンクリートブロックの穴の中に移植した17匹の新女王アリのコロニー(内1匹は死亡)です。
5月26日のブログでは、「BH20210523-06とBH20210523-07は、この日もまだ地中に潜ってはいませんでした」と書きましたが、5月28日になって、BH20210523-06は土を掘り始めたのを確認しています。その後コンクリートブロックの穴を塞いでいたアクリル板は外し、ベニヤ板のみで穴を塞ぎました。今日そのベニヤ板の蓋を一瞬外して中の様子を見たのですが、1箇所を除いて働きアリの姿はありませんでした。
その1箇所は、地中に最後までもぐろうとしなかったBH20210523-07で、働きアリが2匹いました。

庭に移植していたBH20210523-07の様子 7月14日10時43分撮影

BH20210523-07が無事に生存していたのは、少し意外でした。地中にもぐった新女王アリのコロニーも無事であれば良いのですが。

移植ムネアカオオアリのその後 7月11日

ムネアカオオアリの庭の樹木の中への移植は、今年3例試みてきました。その内、2例目のサクラの切り株に移植したムネアカオオアリ(S/N:R200603-002)については、滅亡したと考えています。1例目(S/N:R200603-016)については、4月30日の時点では生存していたのですが、その後、働きアリが切り株の中から出て来ているのを見たことがありませんでした。今日、生死を確かめるために、切り株の中の巣穴へと繋がる径が12mmのスコープカメラ用の穴に、ヘッド部分を差し込みました。しかし、ムネアカオオアリが生存している様子は映りませんでした。
5月6日にクリの切り株の中に移植した3例目のムネアカオオアリ(S/N:R200603-006)の場合は、スコープカメラ用の穴を塞いでいたゴム栓を外すと、中からムネアカオオアリが出て来ました。

スコープカメラの焦点があっていないため不鮮明だが、ムネアカオオアリの働きアリが2匹写っている 7月11日撮影
ムネアカオオアリが穴から出て来た スコープカメラで撮影

近くにいたクモを半死状態にして穴の中に入れて、ゴム栓をしました。
R200603-006の働きアリの姿も、1例目と同様に、このところずっと見ていないため、死滅したかと思っていましたので、生存していたのがむしろ意外でした。

B15099の巣口が移動

O巣B15099(クロオオアリ)の巣口が移動したようです。
B15099は、2019年の8月23日に庭に移植し、後にコンクリートブロック直下に巣口を開いていましたが、今日、別の場所で巣から出入りしているのを見ました。
少し離れた場所の蜜器に蜜を入れていたのですが、その蜜を吸って帰って行くクロオオアリを追っていて、新たな巣口を見つけました。新たな巣口は、コンクリートブロックの上方の芝地の中のようです。

蜜器の蜜を吸うクロオオアリ このアリの帰路を追った 7月11日16時46分撮影
写真中央コンクリートブロック沿いの芝地の中に巣口があるようだ 16時49分撮影

これまで巣口があったコンクリートブロック直下を見ると、クロオオアリの姿はありませんでした。

これまで巣口があったコンクリートブロック直下
写真右下がこれまで巣口があった場所 写真左上が今日新たに見つけた巣口があると思われる場所

今年も驚かされたクロオオアリの50mもの行動範囲

昨年の6月21日のブログ「50mにも及ぶクロオオアリの行動範囲」では、庭のクロオオアリが庭の外のクヌギの木まで出かけていたことについて書きましたが、今日、その時と同じような光景を見ました。庭の南側の小道を東へと進むクロオオアリを何匹か見かけたのです。

庭の南側の小道を東へと進むクロオオアリ 7月10日8時50分撮影

このクロオオアリは、庭から来たのだろうと考えました。先ず行き先を確かめることにしました。幾匹かの中で、腹部を地面に着けながら歩くクロオオアリがいましたので、そのクロオオアリの後を追うことにしました。と言うのは、クロオオアリの場合、腹部を地面にリズミカルに着けながら歩いている場合、餌場から帰る際の行動ではなく、餌場に向かう際の行動であることが、これまでの観察から分かっているからです。追って行くと、小道の南側すれすれを進み、やがて小道を横断して木の張り出した根元から幹を登って行きました。

木の張り出した根元にたどり着いた 9時6分撮影
幹を登って行くクロオオアリ 9時6分撮影 写真A

この木はクヌギの木です。

クロオオアリが登って行ったクヌギの木

行き先が分かりましたので、次に巣を特定することにしました。クヌギの木から下りてくるクロオオアリの後を追うのが最善ではありますが、時間がかなりかかりそうでしたので、途中の小道を歩いている帰路と思われるクロオオアリの後を追うことにしました。

このクロオオアリの後を追った 9時11分撮影

やがて、C巣方面に進んで行き、芝生の中で見失いました。

C巣のある方向へと歩いて行った 9時14分撮影

ところで、昨年の6月21日の観察の際、「帰路のクロオオアリの腹部は、あまり膨れてはいませんでした」と書きましたが、今回はどうなのでしょうか。それを調べるため、クヌギの木から下りてくるクロオオアリの腹部の膨らみを見ることにしました。幾匹か見ることができましたが、いずれも腹部は膨れているようには見えませんでした。ただ、往路の写真Aと帰路の写真B(下)を比べると腹部が少し膨れているように見えます。

帰路のクロオオアリ 9時23分撮影 写真B

今回のクヌギの木は、昨年の6月21日のブログのクヌギの木よりも、より東にあります。ですから、庭からはより遠いのですが、C巣は昨年のA巣より東にありますので、巣からクヌギの木までの距離は、直線距離にしてほぼ同じ50m程です。
それにしても、50mも離れた場所にあるクヌギの木で、クロオオアリたちは何かを見つけたのですが、それはより広い行動範囲の中で偶然見つけたと考えられますから、この時期のクロオオアリの行動範囲の広さには、昨年もそうでしたが、改めて驚かされます。

ヌアールKにもクロオオアリとトゲアリ

庭にヌアールKという品種名のイチジクを植えています。

ヌアールK

今、実がたくさん熟れています。その実を目当てにかクロオオアリが来ていました。

クロオオアリ 7月9日7時47分撮影

実にはネットを被せていますから、ネットの中には入り難いようですが、ネットの中に入れたクロオオアリもいました。
トゲアリも来ていました。

トゲアリ 7時49分撮影

ヌアールKの隣りに同じくイチジクのドーフィンを植えてあるのですが、そのドーフィンにトゲアリが来ていたことについては、以前ブログに書きました。
トゲアリが、このヌアールKの木まで、どのようにして来たのか知りたいと思い、観察していると、2本のロープを伝って来ていることが分かりました。

杭に結んでいる下のロープを伝って歩くトゲアリが見える
上の写真に写っているトゲアリが今度は上のロープを伝って歩いている

トゲアリはドーフィンの主幹を誘引しているロープを伝って杭まで行き、その杭とヌアールKの枝とを結ぶロープを伝って、ヌアールKにやって来ていることが分かりました。

手前の上方の木がヌアールK、奥の下方の木がドーフィン

初めて蜜を給餌

今年の5月23日に蒜山高原で採集したクロオオアリの新女王アリの幼生虫が羽化を始めましたので、クリーンカップから簡易な飼育器に移しました。

クリーンカップから簡易な飼育器に移した

そして、羽化が始まった13コロニーに、大気圧を利用したアクリルパイプ製の2つの蜜器にそれぞれ水と蜜を入れて、飼育器の蓋の穴に通しました。

左のパイプには水を右のパイプには蜜を入れている

水はパイプ1杯に入れ、蜜は50μL入れています。残念ながら、蜜を飲むところは観察できていませんが、蜜を飲んだコロニーがほぼ半分の6コロニーありました。

蜜がなくなっていた

蜜がなくなっているコロニーの女王アリと、蜜を飲んでいないと思われるコロニーの女王アリの腹部を比べてみると、明らかに違いがありました。

蜜を飲んでいないと思われる女王アリ 腹部が小さく見える
女王アリの腹部が膨れぎみになっている 蜜を飲んだのだろう

働きアリの腹部の大きさには、違いがないように見えます。

B120614-03に 30匹程の雄アリ

昨年のちょうど同じ頃(7月10日)に、クロオオアリのB120614-03で複数の雄アリを見つけたことについて書きましたが、今日、7月8日に、同じコロニーのB120614-03を見ると、1匹の雄アリが働きアリに食べられていました。

働きアリに食べられる雄アリ 7月8日15時24分撮影

雄アリの数を数えてみると30匹程のようです。昨年はこの時期、14匹でしたので、倍ほどに増えています。

雄アリは昨年より2倍ほど増えていた 15時25分撮影

女王アリは健在で、卵も産んでいるようです。有翅女王アリは昨年同様いませんでした。

女王アリは卵を産んでいるようだ

しばらく観察していると、羽化したばかりの雄アリが働きアリに攻撃されているところを見ました。

働きアリに攻撃される羽化したばかりの雄アリ 15時36分撮影

女王アリが見当たらない

B130617-04は、2013年の6月17日に、山梨県の清里で新女王アリを採集したクロオオアリのコロニーですが、女王アリがいないことに気づきました。とても長い間、女王アリがいるかいないかの確認はしてきませんでしたので、いつからいなくなったのかは分かりません。
幼生虫を見ると、卵がありましたので、つい最近、女王アリが産んだのでしょうか。

卵の塊 とても大きな働きアリもいるようだ 7月8日14時29分撮影
数が少ないが、幼虫や蛹もある 14時30分撮影

女王アリの死体は見つかりませんでした。

B130617-04の飼育の様子

5月23日採集のクロオオアリの羽化が始まる

今年の5月23日に蒜山高原で採集したクロオオアリの新女王アリの幼生虫が羽化を始めました。今日気づくと3つの巣で働きアリが1匹ずつ生まれていました。

BH210523-19
BH210523-25
BH210523-55

現有飼育個数は33コロニーですので、その内の1割弱で羽化が始まったことになります。日数としては、採集日を入れて46日目となります。

5月・6月・7月の飼育トゲアリの様子

今年の3月1日に、飼育しているクロオオアリとトゲアリの越冬幼虫の様子を記していますが、その後のトゲアリの2つのコロニーの様子を以下に記します。

T140906-40(2014年9月11日にクロオオアリの巣NESTCON01024(2012/06/14採集)に侵入 もっとも良く繁栄しているコロニー アンテグラウンドⅡ型に繋いでいる)

5月28日の様子 とてもたくさんの幼生虫(特に繭)が見られる
6月20日の全体の様子
上の写真を拡大 6月20日撮影
反対側から撮影 6月20日撮影
7月6日の全体の様子
巣の上部にはたくさんの繭の殻が積まれていた 7月6日撮影
これから育つ小さな幼虫がたくさんあるようだ 7月6日撮影

T130921-09(2013年10月3日にクロオオアリの巣NESTCON01030に侵入)

幼生虫が多く良く繁栄している 6月20日撮影
T140906-40と同様に、これから育つ小さな幼虫がたくさんあるようだ 7月6日撮影 

「ぽろたん」に小さなアブラムシ

6月9日にクリの「ぽろたん(品種名)」にクリオオアブラムシが来ていたことを書きましたが、その時は、アミメアリと共生していました。
6月26日に見ると、クロオオアリが来ていて、クリオオアブラムシと共生していたのですが、今日見ると、たくさんのアミメアリがいて、とても小さなアブラムシが多数いました。

葉の裏の様子 7月6日16時14分撮影
葉の裏の様子 16時19分撮影
葉の表の様子 16時16分撮影
葉の表の様子 16時17分撮影

クリオオアブラムシもアミメアリに取り囲まれていました。

クロオオアリはと言うと、1匹見ましたが、歩き回っているだけのように見えました。

16時18分撮影

B15006に雄アリが誕生

2015年の5月27日に新女王アリを採集したクロオオアリのS/N:B15006で雄アリが誕生していました。昨年、S/N:B120614-03で雄アリが誕生しましたので、これでクロオオアリの大きなコロニーで雄アリが誕生したのは2例目になります。

S/N:B15006 良く繁栄している 7月4日撮影
S/N:B15006の雄アリ 7月4日17時17分撮影

雄アリは6匹は数えられました。有翅女王アリはいませんでした。

「ぽろたん」で共生するクリオオアブラムシとクロオオアリ

つい先日の6月9日にクリの「ぽろたん(品種名)」にクリオオアブラムシが来ていたことを書きましたが、その時は、アミメアリと共生していました。
今日見ると、クロオオアリが来ていました。

クロオオアリとクリオオアブラムシ 6月26日6時48分撮影

複数個所のクリオオアブラムシがいる所にクロオオアリが来ていて、まだアミメアリも来ていましたが、クリオオアブラムシと共生しているのは、1箇所のみになっていました。

アミメアリとクリオオアブラムシ 6時51分撮影

 

参照
「ぽろたん」の花にクロオオアリが来ていた」2021年5月28日
クリの木を植える」2019年2月21日

庭の近くに棲むクロオオアリとの3度目の出会い

これまでに、自宅の近くでクロオオアリを見つけたことについては、2度ブログに書いています。
庭の外にクロオオアリの巣」2016年7月6日
自宅近くでクロオオアリを発見」2018年4月19日
そして今日、3度目になるのですが、庭に巣があるクロオオアリではないクロオオアリを庭の外で見つけました。
庭の極く近くにハリエンジュの幼木があるのですが、その木にアブラムシがいて、そこにクロオオアリが来ていました。

ハリエンジュの木のアブラムシとクロオオアリ 2021年6月17日14時36分撮影

巣の在り処をより早く調べるために、蜜を与えました。

蜜を与えた 14時39分撮影

やがて、蜜を一杯に吸って巣へと帰り始めました。

14時46分撮影

ハリエンジュの幹から下りると、私の自宅がある方向へではなく、それとは正反対の方へと歩き出しました。できる限りその後を追いましたが、クロオオアリは林の奥まで入って行きましたので、途中で追跡をやめました。

手前が自宅のフェンス 中央の幼木がハリエンジュ クロオオアリはハリエンジュの向こうへと帰って行った

巣の場所はわかりませんでしたが、2016年7月6日に出会ったクロオオアリが帰って行った場所とほぼ同じ方向でした。もっとも、5年前に出会ったクロオオアリと同じコロニーだとは断定はできません。

居残り組の羽アリたち

今年、庭で結婚飛行を観察したのは、6月8日でした。その後、同じ巣(A巣とC巣)の様子を時々ですが観察してきましたが、6月17日になって、羽アリが巣から出ているのを見かけました。

A巣から出て来た女王アリ 6月17日17時33分撮影
A巣の極く近くの清水白桃に登った女王アリ 17時38分撮影
C巣の様子 雄アリが出て来ている 17時35分撮影
C巣から出て来た雄アリ 飛ぼうとしているが飛べない 18時44分撮影

羽アリの数は少なく、いずれの羽アリも飛び立つところは見ませんでした。