ants」カテゴリーアーカイブ

庭でクロオオアリの新女王アリを採集

今日6月9日、早朝、自宅の庭でクロオオアリの脱翅女王アリを見つけました。

自宅の庭の採集場所 フィルムケースの中に新女王アリを入れている 6月9日6時45分撮影
プラスチックカップに入れた

これまでも、庭での結婚飛行を観察した後、庭や自宅の周辺でクロオオアリの新女王アリを捜したことはありましたが、見つけたことはありませんでした。それが、今日は女王アリを捜していたわけではなく、庭で結婚飛行が行われた翌日に、偶然にも、新女王アリを見つけたのです。
ところで、この新女王アリは、自宅の庭から飛び立った個体ではないように思います。と言うのも、飛び立つ女王アリの行く手を目視できる限りで追っても、かなりの上空に上り、遠方へと飛んで行くように見えます。再び、飛び立った巣の極く周辺に下りてくるようには思えません。そこで、この新女王アリは、自宅の庭とは別の場所から飛んできたと考えるのが道理でしょう。昨日、この地域一帯で、クロオオアリの結婚飛行があったことになります。
蛇足になりますが、長野県のK地では、新女王アリは飛び立った巣の周辺に下りてくるようです。この違いがなぜなのかは確言できないのですが、クロオオアリの巣の密度と関係がありそうに思えます。K地では巣が密集している箇所が多くあり、そのため、飛び立った巣の近くで交尾ができるのでしょう。

ちなみに、8時台に30分間ほど、クロオオアリの巣がある塚山公園で、クロオオアリの新女王アリがまだ地面を歩いていないか探しましたが、見つけられませんでした。結婚飛行の何らかの痕跡も見つかりませんでした。

庭のクロオオアリが遂に結婚飛行

昨日、庭のクロオオアリの女王アリが1匹だけですが、結婚飛行に飛び立つのを見ましたが、今日6月8日、遂に庭でクロオオアリの結婚飛行がありました。
15時過ぎに見た時には、A巣の巣口に羽アリの姿はほぼなかったのですが、16時過ぎには羽アリが出て来ていました。

15時4分撮影
16時24分撮影

そして、A巣では18時14分の直前から結婚飛行が始まりました。18時39分過ぎにほぼ全ての羽アリが巣から出終わりました。
次の動画は、18時13分からの10分間と18時39分過ぎの様子を記録しています。

こちらから動画をご覧下さい https://youtu.be/W7D6aojRis4
飛び立つ有翅女王アリ 18時25分撮影

C巣の様子を見に行くと、雄アリが僅かに巣から出ていました。

C巣の雄アリと思われる 18時47分撮影
ここが巣口のようだ 18時50分撮影

C巣の結婚飛行の様子は観察していませんでした。ですが、A巣とほぼ同時に結婚飛行が始まっていたのでしょう。どの程度の規模の結婚飛行であったかはわかりません。
この日の最高気温は、岡山地方気象台によると、32.0℃でした。これは、今年の最高気温です。

おめでとう! 結婚10年記念日

2011年の6月8日に新女王アリを採集したクロオオアリのコロニーが10年目を迎えました。それも3つのコロニーです。クロオオアリの女王アリが、飼育下で、10年以上生きることが実証されました。10年以上としたのは、結婚飛行に飛び立つ前年に成虫になっていると考えられるからです。

S/N:B110608-06
このコロニーは小規模ですが、子育てをしています。

S/N:B110608-06(旧名称 NESTCON01006) 6月8日撮影
同上 6月8日撮影
同上 女王アリの姿が見える 6月8日撮影

S/N:B110608-07
このコロニーはかなり大きな家族になっています。

S/N:B110608-07(旧名称 NESTCON01007) 6月8日撮影
同上 女王アリは確認できないが、卵があることから、生きていることが分かる 6月8日撮影

S/N:B110608-11
このコロニーも小規模ですが、子育てをしています。

S/N:B110608-11(旧名称 NESTCON01011) 6月8日撮影
同上 6月8日撮影
同上 女王アリの姿が見える 6月8日撮影
同上 子育ての様子 卵も見える 6月8日撮影

庭で今年初めて見た たった1匹の女王アリの結婚飛行

5月25日のブログ以降、ずっと庭のクロオオアリの結婚飛行を見ていませんでした。

A巣 羽アリは見当たらない 5月26日17時5分撮影
A巣 雄アリが見える 5月28日17時30分撮影
A巣 雄アリが多数巣口から出て来ている 5月30日17時43分撮影

6月7日になって、私が観察した限りでは、僅かに1匹だけですが、A巣の女王アリが結婚飛行に飛び立ちました。

芝の葉に登ったのでは飛び立てないようだ 6月7日18時36分撮影
1匹だけだが、とても低い木に登って飛び立って行った 18時55分撮影

ちなみに、この日の最高気温は、岡山地方気象台によると、今年初めて30℃を越え、30.9℃でした。

ほぼ2年間生きているクロオオアリの働きアリ

2020年10月15日のブログ「トゲアリの様子 2020年10月」を引用します

「④T180919(2018年9月22日クロオオアリのコロニーに寄生開始)
……ところで、このコロニーは、2018年9月19日に採集したトゲアリの新女王アリを、同年の9月22日にクロオオアリのコロニー(S/N:B15002 女王アリを2015年5月15日採集)に寄生させたコロニーです。今年の5月29日の時点では、クロオオアリがまだたくさんいましたが、今は2匹しか見当たりませんでした。
巣の中に1匹と、巣の外に1匹いました。この5ヶ月弱の間に多くのクロオオアリの働きアリが死んでいったことになります。このクロオオアリたちは、遅くても2019年の6月生まれ(羽化)と考えられますので、この2匹は、1年と4ヶ月以上に渡って生きていることになります。
……」

ところが今日(5月31日)、このトゲアリのコロニーの中で、クロオオアリがまだ生きているのがわかりました。見つけたのは1匹です。

1匹だがクロオオアリがいた 5月31日21時36分

このクロオオアリは、ほぼ2年間生きていることになります。

「寿命」関連ブログ
働きアリの寿命」(2012年8月31日)
働きアリの寿命」(2013年3月25日)
働きアリの寿命(その2)」(2013年6月10日)
働きアリの寿命(その3)」(2014年6月19日)

タンパク源を探していた

クリの切り株の中に移植(5月6日)したムネアカオオアリの働きアリが、5月30日、移植した切り株の上に出て来ていました。そこで、シリンジで蜜を垂らすように与えたのですが、蜜を吸おうとはしませんでした。庭のクロオオアリに同じようにして蜜を与えた場合、常に蜜を飲み始めるのですが、そのことを思うととても意外でした。

蜜を与えても、なぜか蜜を吸おうとはしなかった 5月30日16時42分撮影

翌日も、移植した切り株の上にムネアカオオアリの働きアリが出て来ていましたので、前日同様、蜜を与えたのですが、やはり蜜を吸おうとはしませんでした。
そこで、今度は半死状態にしたバッタの幼虫を与えてみました。すると、躊躇なく、バッタに取りつきました。

バッタ類の幼虫を与えた すぐさま飛びついた 5月31日16時46分撮影

どうやら、この働きアリは、蜜を求めていたのではなく、タンパク源をさがしていたらしいのです。バッタを運び始めましたが、働きアリ1匹では、バッタは大き過ぎたようです。

このままではムネアカオオアリもバッタと一緒に落ちてしまいそうなので、バッタを元の場所に戻した 16時50分撮影

まもなくして、もう1匹のムネアカオオアリの働きアリが通りかかり、バッタを見つけました。

2匹になった 16時57分撮影

盛んに咬みついていましたが、分解にはかなり時間がかかりそうでしたので、私がバッタの後ろ脚の一部を切り離しました。すると、その後ろ脚を咥えて、巣穴へと運び込みました。

棒のように見えるのがバッタの後ろ脚の一部 17時5分撮影

更に、小さな昆虫(ユスリカや蛾等)を多数与えました。

小さな昆虫を咥えたところ 17時10分撮影

2匹の働きアリの内、1匹はずっとバッタに取りついていましたが、もう1匹は、後から与えた小さな昆虫を何度も巣へと運んでいました。

移植トゲアリの活動範囲が広がっていた

今年の2月5日に庭のクリの木に移植したトゲアリですが、これまでは、移植したクリの木で見かけていましたが、今日(5月30日)は、木から下りて歩いているところや、隣りに植えているイチジク(品種名ドーフィン)の木にやって来ているところを見ました。活動範囲が広がっていたようです。

クリの木の近くのホースづたいに歩いていた 5月30日16時31分撮影

いちじくの木にやって来ていた複数のトゲアリには、蜜を与えてみました。

イチジクの木で蜜を吸うトゲアリ 16時39分撮影

イチジクは、トゲアリの巣があるクリの木の隣りの木とは言え、どうやってここまでたどり着いたのでしょうか。そんな疑問がありましたので、注意深く観察すると、クリの木の葉が、僅かに杭に触れていました。そこをトゲアリが渡って行きます。

杭からクリの木の葉に移り渡ろうとしているところ 16時52分撮影

この杭は、イチジクの枝を誘引するためのもので、ロープを張っていて、イチジクの木に繋がっています。そのロープをトゲアリ達は渡っていたのです。

ロープで杭とイチジクとは繋がっている
ロープで綱渡りをするトゲアリ 右方向に巣があり、蜜を吸って戻って行く写真左側のトゲアリの腹部は膨れている 16時56分撮影

「ぽろたん」の花にクロオオアリが来ていた

2018年6月7日のブログ「栗の花にもクロオオアリが」で、クリの花にクロオオアリがやって来ていたことを書きましたが、今日(5月28日)は、別のクリの木の花にクロオオアリが来ているのを見ました。この別のクリの木は、2019年2月21日に植えた品種名「ぽろたん」というクリの木です。

5月28日9時18分撮影
9時18分撮影

クロオオアリの新女王アリを移植

5月23日に蒜山高原で採集したクロオオアリの新女王アリを17匹、その翌日の24日に、庭のコンクリートブロックの穴の中に移植しました。このコンクリートブロックは、昨年移植に使ったもので、その中で、既に死滅したと思われるコロニーの穴の内、17箇所の穴に移植しました。移植方法は極く簡単で、真砂土が入っている穴の中に新女王アリを入れ、透明のアクリル板で蓋をして、他の生き物が侵入し難くしました。25日には、そのアクリル板の上に少しずらすようにベニヤ板を載せました。遮光しつつ穴の中を暗くしないためです。

透明なアクリル板で蓋をし、ベニヤ板を載せている 25日17時53分撮影
穴の中の様子 既に女王アリは地中に潜っている たくさんの土が掘り出され積み重なっているのが分かる 5月25日18時7分撮影

25日の時点では、S/N:BH20210523-04とBH20210523-06とBH20210523-07以外の14匹の女王アリは地中に潜っていました。26日にはBH20210523-04の女王アリが死亡していて、BH20210523-06とBH20210523-07は、この日もまだ地中に潜ってはいませんでした。