トゲアリ」カテゴリーアーカイブ

トゲアリの女王アリ 姿を見せる

10月31日に庭で採集し、11月6日に庭のクロオオアリに寄生を試みたトゲアリの女王アリが、11月19日、コンクリートブロックの穴の中から出て来ていました。

トゲアリの女王アリ 11月19日9時26分撮影

見つけた時には身繕いをしていたようですが、すぐに、まるで人間に見つかって慌てるかのように、11月6日の時と同じコンクリートブロックの穴の中に入って行きました。

以前と同じ穴の中に入る直前 9時26分撮影

この時期としては温かい陽気の日でした。日かげの気温を測ってみると、まだ9時台というのに、20℃を越えていました。

9時31分撮影

トゲアリの女王アリが入って行ったコンクリートブロックのすぐ下にはN巣B16015の巣口があるのですが、階段として使っているそのコンクリートブロックの踏み面にクロオオアリがいました。そこで、蜜を与えました。

 

蜜を飲むクロオオアリ 9時51分撮影

やがて、N巣の巣口近くまで戻って来たのですが、巣口が見つからないようです。しばらく巣口を探し回っているようでしたが、トゲアリの女王アリが入って行ったコンクリートブロックの穴の中に入って行きました。

クロオオアリは、トゲアリの女王アリが入って行った同じコンクリートブロックの穴の中に入って行た 9時53分撮影

そのクロオオアリは、2分後の9時55分にコンクリートブロックの穴から出て来て、その3分後の9時58分になって、また同じコンクリートブロックの穴に入って行きました。そして同じことを3回・4回と繰り返しました。3回目はその1分後の9時59分に出て、2分後の10時1分に入り、4回目はその2分後の10時3分に出て、その1分後の10時4分に入って行きました。ところが、それからは長らくコンクリートブロックの穴から出てこなくなりました。10時30分までは観察を続けましたが、やはり出て来ませんでした。いったいどうなったのでしょうか。
いくつかの可能性を考えてみました。
1.コンクリートブロックの穴の中にも巣口があったので、巣に戻った。
2.何者かに、例えばクモなどに襲われた。
3.トゲアリの女王アリに捕まった。
4.それでも穴の中で休み続けていた。
もし、「1」ならば、蜜を仲間に渡して、再び蜜を求めて出て来ると思われますが、26分経っても出て来ませんでした。この26分という時間がどの程度意味があるのかを確かめるため、次の日に同様の条件(同じN巣)で蜜を吸って戻ったクロオオアリが、巣口から出てくるまでの時間を計りました。その結果は6分でした。この時間は、これまでの幾多の観察による知見の範囲内です。つまり、「1」の可能性は極めて低いことになります。
ですから、「2」か「3」だとは思いますが、「4」の可能性がないとは言い切れません。

今年も季節外れのトゲアリの新女王アリを採集

10月31日、庭で芝刈りをしている時、偶然にもトゲアリの女王アリを見つけました。

13時34分撮影

昨年も11月30日に、同じく自宅でトゲアリの女王アリを採集しています。
簡易なケースに湿らせたカット綿を入れ、女王アリを入れました。

13時58分撮影

もしや、近くの公園のトゲアリも結婚飛行を行ったかもしれないと思い、確かめに出かけました。

樹の麓で出入りするトゲアリ 14時36分撮影

以前から巣のある場所で働きアリの姿はありましたが、その近辺にも、公園内の他の場所にもトゲアリの女王アリはいませんでした。
昨年庭で採集した女王アリは、飼育しているクロオオアリのコロニーに寄生を試みましたが、今回は、庭のクロオオアリの巣に寄生させることにしました。庭にはいくつかクロオオアリの巣がありますが、比較的小規模で、大木の朽ち木に近いところにあるN巣B16015にしました。
11月1日、このコロニーの巣口は、芝生で覆われていましたので、巣口を分かり易くするために、芝を刈って真砂土を薄く敷きました。

巣口の周りの芝を刈り、真砂土を敷いた 巣口は写真中央辺りにあると思われる 11月1日撮影

2日は終日雨となり、3日に様子を見に行くと、巣口から少し離れた場所でクロオオアリを見つけました。合せて3匹ほどで、それぞれの近辺に蜜を垂らしました。やがて蜜を吸って帰路につき、巣口があると思われる箇所にたどり着いたのですが、巣口が分からないようです。

腹部に蜜を貯めて巣口の近くには帰ってきたが、巣口が分からないようだ 16時10分撮影

30分ほどは観察を続けましたが、ついに巣の中に入って行くところを見ることはできませんでした。この数匹の働きアリは、少し前に巣口から出て来たはずなのですが、何故かその巣口の場所が判別できなかったようです。巣口の環境が変わったことが原因なのでしょう。

4日・5日はいずれも晴天でしたが、別用に時間を割いてしまい、観察ができませんでした。6日になって巣の近くを見るとクロオオアリを見つけましたので、蜜を与えて帰路を追いました。案の定、B16015の巣のある場所にたどり着き、地中へと入って行きました。
ついに巣口が特定できました。

巣口から巣の中に入って行くところ 9時18分撮影

そこで、トゲアリの女王アリを寄生させる試みを始めることにしました。次の動画は、9時26分から14分33秒間撮影した動画を3分13秒に編集したものです。

3分13秒の動画

人為的にですが、トゲアリの女王アリをクロオオアリの巣口に放ちましたが、寄生を始める際の行動、例えばクロオオアリの働きアリを捕らえて化粧をする行動や巣に入り込む行動、はありませんでした。ちなみに昨年の11月30日に採集したトゲアリの女王アリも、寄生行動をしませんでした。
この動画の後、女王アリは巣口の上方にあるコンクリートブロックの中央の穴の中に入ったまま出てこなくなりました。

女王アリは写真中央左寄りにある穴の中に入り、出てこなくなった 9時49分撮影

そのままにして、観察を終了しました。

トゲアリの様子 2020年10月

前回飼育中のトゲアリの様子について触れたのは、今年の5月29日(「外勤が少ないトゲアリ」「5月29日のクロオオアリとトゲアリの幼生虫」)でした。それから5ヶ月弱経った10月15日の様子を記録しておきます。

T130921-09(2013年10月3日クロオオアリのコロニーに寄生開始)
トゲアリの女王アリを2013年9月21に採集し、同年10月3日にクロオオアリの巣S/N:NESTCON01030(2011年6月8日に新女王アリを採集)に侵入させました。

幼虫がいます。1個だけですが繭がありました。卵は見当たりませんでした。

T140906-03(2014年9月10日ムネアカオオアリのコロニーに寄生開始)
トゲアリの女王アリを2014年9月6に採集し、同年9月10日にムネアカオオアリの巣S/N:NESTCON01027(2012年6月14日に新女王アリを採集)に侵入させました。

こちらも幼虫がいます。卵と繭は見当たりませんでした。

T140906-40(2014年9月11日クロオオアリのコロニーに寄生開始)
最も良く繁栄しているコロニーです。トゲアリの女王アリを2014年9月6日に採集し、同年9月11日にクロオオアリの巣S/N: NESTCON01024(2012年6月14日に新女王アリを採集)に侵入させました。

こちらも幼虫がいます。卵と繭は見当たりませんでした。

T180919(2018年9月22日クロオオアリのコロニーに寄生開始)

※霞んで見えるのは人工巣の壁面のアクリル板が汚れているためです

こちらも同様に、幼虫がいましたが、卵と繭は見当たりませんでした。
ところで、このコロニーは、2018年9月19日に採集したトゲアリの新女王アリを、同年の9月22日にクロオオアリのコロニー(S/N:B15002 女王アリを2015年5月15日採集)に寄生させたコロニーです。今年の5月29日の時点では、クロオオアリがまだたくさんいましたが、今は2匹しか見当たりませんでした。

巣の中にいたクロオオアリ

巣の中に1匹と、巣の外に1匹いました。この5ヶ月弱の間に多くのクロオオアリの働きアリが死んでいったことになります。このクロオオアリたちは、遅くても2019年の6月生まれ(羽化)と考えられますので、この2匹は、1年と4ヶ月以上に渡って生きていることになります。
5月29日には、巣の外には、ほぼクロオオアリの働きアリばかりでしたが、10月15日には、巣の外の1匹のクロオオアリ以外は、全てトゲアリの働きアリでした。

巣の外(人工巣の外、人工巣は小型の水槽の中にある)の様子

広い床面積の人工巣「17段アンテシェルフ」

17段ある人工巣のアンテシェルフは、既に2018年7月24日から使っています。それから2年強経ち、クロオオアリのコロニーは順調に大きくなってきました。

2020年8月30日撮影

この人工巣は、アンテグラウンドⅠ型に繋いで使っています。
さて、この度、活動室専用のアンテグラウンドⅢの開発に伴い、この17段のアンテシェルフ(生活室専用)をご希望の方に提供を開始いたしました。

最下層段と16段棚を合せた総面積は、2229.3平方センチメートルで、約47.2cm平方の広さがあります。詳しくは、こちらをご覧下さい。

大型の活動室を製作 アンテグラウンドⅢ

これまで、アンテグラウンドと名付けてⅠ型Ⅱ型を製作していますが、この度、それらのおよそ0.56倍の底面積を持つアンテグラウンドⅢを作りました。Ⅰ型とⅡ型で働きアリの活動を観察してきましたが、活動のために巣から出てくる働きアリの密度は低く、そこまで広くなくても良いことが分かってきていました。
このアンテグラウンドⅢに、USB仕様の送風ファンと水槽と濾過器を組み込んで使用します。

このアンテグラウンドは活動室専用なので、シリコンチューブで人工巣を繋ぎます。

こんな感じです 写真の人工巣は「17段アンテシェルフ」

更に詳しくは、こちらをご覧下さい。

5月29日のクロオオアリとトゲアリの幼生虫

直近には5月14日にクロオオアリトゲアリの幼生虫の様子を記録していますが、引き続き記録しておきます。
ここでは、飼育している2種の中から、3コロニーを取り上げます。

クロオオアリ 2012年6月14日新女王アリを採集 B120614-86
クロオオアリ 2011年6月8日新女王アリを採集 B110608-07
トゲアリ 2014年9月6日寄生 T140906-40

5月14日と比べると、クロオオアリ、トゲアリ共に繭がとても多くなっています。

外勤が少ないトゲアリ

2018年9月に「たった1例のトゲアリの寄生」で始まったトゲアリのコロニーは、とても順調に増勢しています。

人工巣リトルアンテシェルフの様子 人工巣は小型の水槽の中に入れている トゲアリとクロオオアリが共存(寄生の結果)していることがわかる 5月29日撮影

寄生から1年8ヶ月ほど経過しているのですが、今もたくさんのクロオオアリの働きアリがいます。このクロオオアリの成虫の寿命を考えてみると、最短でも11ヶ月ほどになります。(トゲアリが寄生した2018年の9月22日の時点で、クロオオアリの巣にいた幼生虫は翌年の春から成長しますので、最も若い成虫では2019年の6月以後の生まれとなります)
これまでの観察から、オオアリの働きアリの寿命はとても長いことが分かっています。ですから、寄生時に既に成虫だったクロオオアリの働きアリも、まだ生きている可能性はとても高いと言えます。

それはさておき、このトゲアリは、巣になっているリトルアンテシェルフ(人工巣)をそのまま小型水槽に入れて飼育しているのですが、人工巣から水槽に出て来る働きアリは、圧倒的にクロオオアリが多いのです。

リトルアンテシェルフの外の様子 トゲアリは1匹だけ写っている 5月29日11時49分撮影

巣の中にはトゲアリもかなりの数いますので、トゲアリがクロオオアリに比べて少ないということはありません。トゲアリは、巣の中で子育てを主としているのでしょうか。

トゲアリの幼虫の様子

飼育環境下のトゲアリの幼虫はどうなっているのでしょうか。もう成長を始めているでしょうか。

S/N:T130921-09 18時57分撮影

この写真中央の幼虫は成長しているようです。しかし、写真の下方を見ると小さい幼虫も写っています。
2018年9月19日に寄生を始めたS/N:T180919の幼虫は、どれもまだ小さいようです。

S/N:T180919の幼虫 19時2分撮影

ところで、このコロニーには、まだ多くのクロオオアリがいます。このクロオオアリは、最も若い個体では、幼虫で越冬して2019年に成虫になったものです。クロオオアリも幼虫の世話をしています。

19時3分撮影

トゲアリが活動を始める

そろそろ飼育しているトゲアリが活動を始める頃です。もう何日も前から、巣があるケースからアンテグラウンドⅡ型へ幾匹かが出てきていましたが、それはまだ弱々しく歩いている感じでした。
今日はかなりの数のトゲアリがアンテグラウンドへ出てきていました。そこで、昆虫を与えることにしました。今年になって初めてのことです。昆虫は、自宅で飼っている西洋ミツバチの死骸が巣箱前に落ちているので、それを与えることにしました。

ミツバチに集まるトゲアリ S/N:T140906-40 3月20日14時26分撮影

ミツバチを5匹与えたのですが、いずれの箇所でもたくさんのトゲアリがミツバチを取り囲んでいました。
他のトゲアリのコロニーにもミツバチの死骸を与えてみました。こちらもミツバチを取り囲んでいました。

S/N:T130921-09 巣の中に運び込んでいる 18時55分撮影
S/N:T140906-03 19時00分撮影

クロオオアリにも、今年初めて昆虫を与えてみました。トゲアリと同様にミツバチの死骸です。

巣の中に運び込んでいた S/N:B15006 14時28分撮影
S/N:B120614-86 18時51分撮影

いずれもミツバチに反応はありますが、それは弱いようです。分解しようとはしていませんでした。

季節外れのトゲアリの新女王アリ その後

12月4日のブログで紹介したトゲアリの女王アリですが、12月10日、昼過ぎに見るとクロオオアリから攻撃を受けていました。気温は、12月1日にクロオオアリのコロニーの中にトゲアリの新女王アリを入れた時よりも少し低めでした。

クロオオアリの攻撃を受けるトゲアリの女王アリ 12月10日14時34分撮影
この日の14時半頃の気温は16〜17℃

トゲアリの女王アリは一方的に攻撃を受けているようで、寄生準備時に行う化粧行動は見られませんでした。この日の17時頃も、クロオオアリから一方的に攻撃を受けていました。

12月10日16時59分撮影

そして、その翌日12月11日、トゲアリの女王アリは死んでいました。

トゲアリの女王アリの死体は、簡易な飼育ケースのカット綿の上にありました 12月11日11時12分撮影

11月の30日に、偶然自宅の玄関前で採集した新女王アリと思われるトゲアリの女王アリは、観察した限りでは、一度も寄生準備の化粧行為をすることなく、クロオオアリの働きアリに殺されたことになります。