トゲアリ」カテゴリーアーカイブ

飼育中のトゲアリの様子 2019年9月末日

現在、トゲアリは4コロニーを飼育していますが、以下はそれらのコロニーの9月30日の様子です。(今年5月5日の4コロニーの様子はこちら 昨年10月11日の3コロニーの様子はこちら) 

① S/N:T140906-40
最も良く繁栄しているコロニーです。トゲアリの女王アリを2014年9月6日に採集し、同年9月11日にクロオオアリの巣S/N: NESTCON01024(2012年6月14日に新女王アリを採集)に侵入させました。したがって、寄生してから5年経過したことになります。
今年の1月29日から特製の飼育ケースに入れ、後日アンテグラウンドⅡ型に繋げています。小さな幼虫が多数見られます。

T140906-40の全体の様子 9月30日撮影 以下全て9月30日撮影
たくさんの小さな幼虫が見える
たくさんの小さな幼虫が見える

② S/N:T130921-09
順調に繁栄することが期待できるコロニーです。飼育器の水槽の中に置いたアクリルと木で作った巣箱の中にコロニーが入っています。この巣箱には、閉ざされた空間があり、側面の1つの穴からのみ出入りできるようになっています。トゲアリの女王アリを2013年9月21に採集し、同年10月3日にクロオオアリの巣S/N:NESTCON01030(2011年6月8日に新女王アリを採集)に侵入させました。したがって、寄生してから6年経過したことになります。小さな幼虫が多数見られる他、僅かに繭があります。

T130921-09の全体の様子
たくさんの小さな幼虫と僅かに繭が見える
たくさんの小さな幼虫と僅かに繭が見える

③S/N:T140906-03
4コロニーの中では、働きアリが一番少ないコロニーです。トゲアリの女王アリを2014年9月6に採集し、同年9月10日にムネアカオオアリの巣S/N:NESTCON01027(2012年6月14日に新女王アリを採集)に侵入させました。したがって、寄生してから5年経過したことになります。これは、①のT140906-40と同じ年数です。前回このコロニーについて触れた5月5日のブログ以降、コロニーの規模が拡大しました。小さな幼虫が多数見られる他、僅かに繭があります。

T140906-03の全体の様子
たくさんの小さな幼虫と僅かに繭が見える
たくさんの小さな幼虫と僅かに繭が見える

④S/N:T180919
昨年新たに寄生に成功したトゲアリの女王アリ(S/N:T180919)とクロオオアリのコロニー(S/N:B15002)です。(「たった1例のトゲアリの寄生を試みる」等を参照)
B15002の巣がある人工巣リトルアンテシェルフを小型水槽の中に入れています。
クロオオアリの働きアリに混じって、とてもたくさんのトゲアリの働きアリがいます。トゲアリの小さな幼虫が多数見られます。
(今年6月3日の様子はこちら 7月28日の様子はこちら

T180919の全体の様子
たくさんトゲアリの働きアリが見える
たくさんの小さな幼虫が見える

ところで、2013年以来、オオアリへのトゲアリの女王アリの寄生を数多く試みてきましたが、いずれも寄主のコロニーは小規模のものです。ところが、T180919が寄生したクロオオアリのコロニーのB15002は、比較的大きなコロニーでした。
このT180919の一例だけでは、断言はできないのですが、トゲアリが寄生するオオアリのコロニーが大きいと、より早くトゲアリの大きなコロニーができると言えそうです。

新たなトゲアリのコロニーを発見

滋賀県でのトゲアリの新女王アリの採集に失敗してしまいましたので、岡山の自宅近くで採集できればと思い、9月25日、3年前に見つけていたトゲアリの棲息場所へ出かけました。毎年この場所で、新女王アリの採集を試みていますが、これまでに一度も女王アリを見かけることはありませんでした。今日の観察の限りでは、働きアリの活動範囲が以前よりも狭く、クヌギと思われる樹にのみトゲアリがいました。辺りに新女王アリはいませんでした。

クヌギと思われる樹の幹を行き来するトゲアリ 9時13分撮影
中央がトゲアリがいる樹 地面近くが洞になっている 9時21分撮影

これまでも、この公園の隅々を探しても他の箇所でトゲアリを見つけることはできませんでしたが、念のために、新女王アリを探しにいつもの歩道を歩いていると、開けた幅広の道の脇でトゲアリの働きアリを見つけました。

道路脇のコンクリートの上を歩くトゲアリの働きアリ 9時25分撮影

近くの樹を見ると、幹を行き来するトゲアリがいました。

幹を行き来するトゲアリの働きアリ 9時26分撮影
外灯の支柱の左にある樹にトゲアリがいる

トゲアリの巣はどこにあるのでしょうか。蜜があれば、蜜を与えて帰路を追えば良いのですが……、そんなことを考えていると、何かを咥えて足早に歩いているトゲアリの働きアリがいました。

何かを咥えている 9時35分撮影

後を追ってみると、樹を登り始めました。

樹を登って行くトゲアリ 9時36分撮影

どうやら巣は、樹の上にあるようです。そこで、その樹の上方を見るのですが、そもそも根元の幹が細い樹ですから、樹の上方はますます細くなっていて、トゲアリが棲めそうな洞のようなところも見当たりません。後を目で追っていたトゲアリも樹の上の方で見失ってしまいました。結局、巣のありかは分かりませんでした。

樹の上方(中央の樹) 幹が細い

ところで、地上を歩いているトゲアリを見ていると、このトゲアリたちが何をしに地上を歩いていたのかが分かりました。近くで、何かの昆虫の死体にたくさんのトゲアリが集まっていました。

何かの昆虫の死体らしい 9時46分撮影

落ち葉を取り除くと、死体の他の部分も見えるようになりました。カマキリの死体でした。

カマキリの鎌が見える 9時49分撮影

先程、何かを咥えて樹に登って行ったトゲアリは、このカマキリを解体した身体の一部を咥えていたようです。確かに、咥えていた物は色が緑がかっていました。
何匹かが、同じように何かを咥えて樹へと向かっていましたので、その内の一匹から、その咥えていたものを取り上げました。自宅に帰ってから、実体顕微鏡で見ると、何かの昆虫の形ではなく、かみ砕かれた身体の一部でした。

働きアリが咥えていた物 実体顕微鏡で撮影

今回トゲアリを発見した箇所は、広い歩道に面していて、平地になっているため、比較的観察しやすい場所でした。ただ、コロニーの規模は、小さいように感じました。

この公園で、2つ目のトゲアリのコロニーを発見しましたので、それぞれにシリアル番号を付けることにしました。3年前に見つけたコロニーをTT20160513、今回新たに見つけたコロニーをTT20190925とします。「TT」の初めのTはトゲアリを、2番目のTは発見地を、数字は発見日を表します。

トゲアリの新女王アリ 採集できず

2015年の10月に滋賀県彦根市から岡山市に引越する以前は、自宅の極近くでトゲアリの新女王アリを採集していたのですが、今ではその機会が限られています。今年は、9月17日から20日まで彦根市に滞在し、トゲアリの新女王アリの採集を試みましたが、不運にも1匹も採集することができませんでした。天候次第では、更に滞在を延ばすこともできましたが、21日から3日間は、台風の影響もあって雨天か曇になる予報でしたので、採集を諦めざるを得ませんでした。
トゲアリの結婚飛行は、早朝の早い時刻に行われるので、午前中から採集が可能です。そこで、9月18日の午前9時半頃に、いつもの採集場所に出かけました。かつてから巣があると思われる3箇所の樹を見ると、A巣の樹ではトゲアリは見当たりませんでした。B巣の樹には、比較的多くのトゲアリがいました。C巣の樹にもトゲアリがいましたが、僅かでした。

B巣の樹の様子 9月18日9時48分撮影
C巣の樹の様子 画面左下の窪みに何匹かのトゲアリが見える 9月18日9時49分撮影

それらの樹の麓の舗装された道を見ると、そこにはほとんどトゲアリの姿はありませんでした。18日からの3日間を通して、この状況は変わらず、全体として目にするトゲアリの数が少なく感じました。

毎年たくさんの女王アリが採集できていた箇所の一つ だが女王アリの姿はなかった 9月20日9時29分撮影

今年の9月の天候は、これまでにない暑さでしたので、やっと涼しくなってきたこの時期に、採集できるのではないかと期待していたのですが、見事に裏切られてしまいました。
ところで、9月16日からは、連日最高気温が30℃を下回っていました。トゲアリの新女王アリは、結婚飛行後、数日間は地面を歩くことがありますので、18日に1匹も姿がなかったことから、16日や17日に結婚飛行があったとは考えにくいでしょう。
では、結婚飛行は16日以前に行われていたのでしょうか、それともこれからなのでしょうか。とても暑い日が続いた9月でしたが、それでも少し涼しいと感じた日もありました。そんな日に結婚飛行を済ましたのでしょうか。或いは、やっと涼しくなってきたので、これから結婚飛行に向けての準備のようなことが始まるのでしょうか。
それとも、この場所での新女王アリの採集は2013年から行っているので、今年で7年目になりますから、コロニーが複数あるとしても、それらのコロニーが晩期を向かえて消滅しつつあるのでしょうか。
そんな風にいろんなことを考えてしまいました。

ここで、当地で採集を始めた2013年から2018年までの採集日と採集匹数をまとめておきます。

2013年 9月 12日   7匹
       13日   5匹
       14日   6匹
       17日   5匹
       19日  66匹
       21日  22匹
       24日  27匹
       25日   6匹
         計 144匹

2014年 9月  2日   1匹
        3日   3匹
        6日  44匹
        7日   2匹
        8日  27匹
       10日   1匹
       12日   1匹
       13日   1匹
       14日   3匹
       16日  24匹
       17日   4匹
         計 111匹

2015年 8月 28日  17匹
       29日  4匹
       31日  2匹
    9月  2日   3匹
        5日   1匹
       12日  21匹
       20日  28日
       28日  10匹
          計 86匹

2016年 9月 3日   1匹
       4日   1匹
       7日  46匹
         計 48匹

2017年 9月11日  23匹

2018年 9月18日   1匹
      19日  41匹
        計 42匹

水辺に涼を求めるトゲアリ 追記

今年の6月29日のブログ「水辺に涼を求めるトゲアリ」で取り上げたトゲアリの様子の追記です。

とてもたくさんのトゲアリが水槽の水場に移動してきていた 幼生虫も見られる 水に触れているトゲアリもいる 8月2日午前6時45分撮影
巣本体の様子 まだたくさんのトゲアリが巣に残ってはいた 午前6時45分撮影
室温がほぼ30℃あることが分かる

「不思議な模様」がなくなっている

今年の5月2日のブログ「トゲアリが作る不思議な模様」で取り上げた模様が、何時頃からか見られなくなっていました。

7月29日撮影

汚れの色は同じですが、少し渦を巻くような曲線状の汚れはありません。なぜこのように違ってきたのか、その事由は全く分かりません。