移植」カテゴリーアーカイブ

移植トゲアリの活動範囲が広がっていた

今年の2月5日に庭のクリの木に移植したトゲアリですが、これまでは、移植したクリの木で見かけていましたが、今日(5月30日)は、木から下りて歩いているところや、隣りに植えているイチジク(品種名ドーフィン)の木にやって来ているところを見ました。活動範囲が広がっていたようです。

クリの木の近くのホースづたいに歩いていた 5月30日16時31分撮影

いちじくの木にやって来ていた複数のトゲアリには、蜜を与えてみました。

イチジクの木で蜜を吸うトゲアリ 16時39分撮影

イチジクは、トゲアリの巣があるクリの木の隣りの木とは言え、どうやってここまでたどり着いたのでしょうか。そんな疑問がありましたので、注意深く観察すると、クリの木の葉が、僅かに杭に触れていました。そこをトゲアリが渡って行きます。

杭からクリの木の葉に移り渡ろうとしているところ 16時52分撮影

この杭は、イチジクの枝を誘引するためのもので、ロープを張っていて、イチジクの木に繋がっています。そのロープをトゲアリ達は渡っていたのです。

ロープで杭とイチジクとは繋がっている
ロープで綱渡りをするトゲアリ 右方向に巣があり、蜜を吸って戻って行く写真左側のトゲアリの腹部は膨れている 16時56分撮影

クロオオアリの新女王アリを移植

5月23日に蒜山高原で採集したクロオオアリの新女王アリを17匹、その翌日の24日に、庭のコンクリートブロックの穴の中に移植しました。このコンクリートブロックは、昨年移植に使ったもので、その中で、既に死滅したと思われるコロニーの穴の内、17箇所の穴に移植しました。移植方法は極く簡単で、真砂土が入っている穴の中に新女王アリを入れ、透明のアクリル板で蓋をして、他の生き物が侵入し難くしました。25日には、そのアクリル板の上に少しずらすようにベニヤ板を載せました。遮光しつつ穴の中を暗くしないためです。

透明なアクリル板で蓋をし、ベニヤ板を載せている 25日17時53分撮影
穴の中の様子 既に女王アリは地中に潜っている たくさんの土が掘り出され積み重なっているのが分かる 5月25日18時7分撮影

25日の時点では、S/N:BH20210523-04とBH20210523-06とBH20210523-07以外の14匹の女王アリは地中に潜っていました。26日にはBH20210523-04の女王アリが死亡していて、BH20210523-06とBH20210523-07は、この日もまだ地中に潜ってはいませんでした。

サクラの切り株の中への移植のその後

1例目のムネアカオオアリのコロニーは、4月30日時点では生存しています。

巣から出ていた働きアリに蜜を与えた 4月30日10時39分撮影
小型のアリと戦ったのだろうか 4月30日11時47分撮影

2例目は、5月18日に気付いた時には、小型のアリに滅ぼされた可能性が高いようでした。切り株の上面の朽ちた穴に多数の小型のアリがいました。

5月18日15時18分撮影
5月18日15時18分撮影

西方花壇でコロニー特定不可の巣が見つかる

今年の4月14日に、西方花壇に7コロニーを移植していましたが、B200603-062とB200603-068を移植した辺りの花壇内で、巣口を発見しました。移植した箇所とは少し離れていましたので、この7コロニーの内のどれかのコロニーだとは思うのですが、特定はできません。近くで蜜を与えたので、何回も巣口を出入りしていました。

5月11日9時54分撮影
9時58分撮影
10時1分撮影
10時3分撮影

クリの切り株の中にムネアカオオアリを移植 3例目

4月14日4月16日に、サクラの切り株の中にムネアカオオアリを移植しましたが、今日(5月6日)は、クリの切り株の中にムネアカオオアリを移植しました。この切り株は、ブログ「ムネアカオオアリを切り株に移植 +R10」の中の「栗3」(既に枯れている)です。今回は、2例目と同様に飼育器を木の中の空洞に入れない方法にしました。
木株の上面からほぼ垂直に径12mmの穴を空け、2面でカットして木片を取り出し、カット面から奥へ空洞を掘ります。木片を元に戻し、上部の穴と飼育ケースの穴を重ねて、ムネアカオオアリが木の中の空洞に移動できるようにします。

枯れたクリの切り株
径12mmの穴を切り株の上面から空けた後、鋸で縦に切る
鋸で横に切る
切断し終わったところ
側面に径12mmの観察穴と径6mmのアリの出入り口を作る
切り口からドリルで深めに穴を空ける
接着剤で切り口を塞いで完了 5月6日9時35分撮影

移植するのは、S/N:R200603-006で、昨年の6月3日から4日にかけて新女王アリを採集したムネアカオオアリのコロニーです。

S/N:R200603-006 14時1分撮影
幼虫が育ちつつある

木片が完全に接着しましたので、午後から移植を始めました。飼育ケースのシリコン栓を外して逆さにし、切り株の上に、ちょうど木の穴と飼育ケースの穴が重なるように置きました。

写真右の飼育ケースの穴と切り株に空けた径12mmの穴を重ねている 14時19分移植開始・撮影

1分後には、働きアリが切り株の穴の中に入りました。

切り株の穴の中から出てくる働きアリ 14時20分撮影

まもなくすると、引越が始まったようです。

仲間を切り株の中へ運んでいる 14時33分撮影
幼虫を切り株の中へ運んでいる 14時37分撮影

ところで、穴の中に入る際に働きアリがある行動をしていることに気づきました。腹部の先を飼育ケースに付けながら穴の中に入って行くのです。

14時35分撮影
14時35分撮影
14時38分撮影
14時40分撮影

穴の中への道しるべになっているのでしょう。移植を開始して17分後に、女王アリも穴の中に入って行きました。

先導していると思われる働きアリも、道しるべを付けている 14時36分撮影

14時51分には、全て引越が完了しました。3箇所の穴に栓をして塞ぎました。径6mmのシリコン栓は明日外す予定です。

引越が完了した 14時51分撮影

14コロニーのその後の様子

4月14日にクロオオアリの14コロニーを移植しましたが、8日経ったその後の様子を記しておきます。
コンクリートブロックに移植した方は、空になった飼育ケースを外し、透明なアクリル板を被せていました。働きアリがコンクリートブロックの穴から外へ出られるように、僅かに隙間を空けています。

B200603-029 4月22日9時20分撮影
B200603-030 4月22日9時20分撮影

隙間を塞ぐために、土や草木を利用しているのがわかります。コンクリートブロックに移植した7コロニーは、どれも同じように土などで隙間を塞いでいました。
飼育ケースを逆さにして真砂土の上に置いた方は、飼育ケースの本体のみを外して蓋はそのままにしておきました。

土を掘り出していた B200603-155 4月22日9時6分撮影
かなりの土が積もっていた B200603-073 4月22日9時18分撮影

他の5つのコロニーも同じように土を掘り出していました。

切り株の朽ちた穴から出て来た

昨日サクラの切り株に移植したムネアカオオアリが、人工的に作った巣口ではない箇所から姿を現しました。

切り株の上面の朽ちた穴からムネアカオオアリが出て来た 4月17日16時56分撮影

橙色の粒は、切り株の中から運び出した木片のようです。

橙色の木片を咥えている 16時56分撮影

この木片で、穴を塞ごうとしているのでしょう。
しばらくすると、どこからか芝の枯れ葉を運んできました。

芝の枯れ葉を運んできた 17時1分撮影

更に芝の枯れ葉を運んできました。

17時3分撮影

サクラの切り株の中にムネアカオオアリを移植 2例目

4月14日に、サクラの切り株の中にムネアカオオアリを移植しましたが、今日(4月16日)は、別のサクラの切り株の中にムネアカオオアリを移植しました。この切り株は、ブログ「ムネアカオオアリを切り株に移植 +R10」の中の「桜2」です。今回は、飼育器を木の中の空洞に入れない方法にしました。
木株の上面からほぼ垂直に径12mmの穴を空け、2面でカットして木片を取り出し、カット面から奥へ空洞を掘ります。木片を元に戻し、上部の穴と飼育ケースの穴を重ねて、ムネアカオオアリが木の中の空洞に移動できるようにします。

径12mmの穴を空ける
2面でカットする
ドリルで深めに穴を空ける

移植するのは、S/N:R200603-002で、昨年の6月3日から4日にかけて新女王アリを採集したムネアカオオアリのコロニーです。

S/N:R200603-002 幼虫が見られる 4月16日9時48分撮影
予め2箇所の穴を塞いでおく

木片が完全に接着するのを待って、午後から移植を始めました。飼育ケースのシリコン栓を外して逆さにし、切り株の上に、ちょうど木の穴と飼育ケースの穴が重なるように置きました。
すると、直ぐに数匹の働きアリが木の穴の中に入って行きました。そして、カメラを取りに行ったほんの僅かな間に女王アリも木の穴の中に移動していました。

たくさんのムネアカオオアリが木の穴の中に入って行く 14時7分撮影
幼虫も木の中に運ばれて行く 14時12分撮影
仲間も木の中に運んで行った 14時13分撮影

このムネアカオオアリのコロニーは、木の中がとてもお気に入りのようです。

N巣等 移植コロニーの生存を確認

4月8日、N巣(S/N:B16015 2019年6月19日移植 29 日に今の場所に引越)の生存を確認しました。

巣口に入って行くところ 4月8日16時3分撮影

敷地の西のコンクリート塀に沿う場所のコンクリートブロックに移植したコロニーでは、4月12日にB200603-89の、14日にB200603-51の、4月15日にBM19032の生存が確認できました。
また、ブドウ園のコンクリートブロックに移植したBH170521-031(「今年最後の移植 4例」の4例目)の生存を確認しました。

BH170521-031を移植したコンクリートブロックの穴の中 蜜を与えた 巣口は左端にあった 4月14日14時59分撮影
巣口に入って行くところ 4月14日15時0分撮影