移植」カテゴリーアーカイブ

+R5コロニーを移植(植木鉢皿)

7月25日に引き続き、29日、ムネアカオオアリ(R)の5つのコロニーを庭に移植しました。
前回の素焼植木鉢皿を使った移植の方法ですが、植木鉢皿の周りに土を盛り、より外部から捕食者が侵入しにくくしました。

ムネアカオオアリ:共通シリアルナンバーは(R200603) 以下は (3桁
-046 -047 -051 -053 -055
移植時の働きアリの数:順に 8匹 7匹 7匹 9匹 9匹

植木鉢皿の周りを土で覆った
設置したところ プラスチック製のクリアケースの周囲に土を寄せ、容易に外部から捕食者等が侵入できないようにしている
遮光の目的で、ベニヤ板を被せた 9時3分撮影
移植後の全景

夕刻内見すると、B200603-046以外は、クリーンカップから移動していました。植木鉢皿の中に入ったかどうかは確認していません。

移動済 17時10分撮影
B200603-046のみは、まだクリーンカップに止まっていた 17時8分撮影

移植35コロニーのその後

7月25日に移植した今年採集のオオアリのその後の様子です。

① W拡張蓋を使った移植
クロオオアリ10コロニーの内、9コロニーが地中へと引越をしていました。ムネアカオオアリでは、5コロニーの内2コロニーが地中へと引越していました。

引越した後
引越した後 穴を掘った土が運び出されている
働きアリが1匹W拡張蓋の中にいた 地中への引越は済ませている
まだ地中へ移動していないコロニー
B200603-137に小さなアリがいた 蓋を開けた僅かな時間に入って来たのかもしれない
B200603-147には、蜜を入れていた餌器にたくさんの小さなアリが入っていた
餌器に蜜を入れて取り替え、昆虫を与えて内検を終えた B200603-147
こちらはムネアカオオアリのコロニー 地中への穴が掘られたようだが、まだW拡張蓋の中にいた

② 素焼植木鉢皿を使った移植
クロオオアリ10コロニーの内、7コロニーが飼育していたクリーンカップからいなくなっていました。多くの場合、伏せた素焼植木鉢皿の下に移動したと思われます。

クリーンカップからいなくなっていた
こちらはまだクリーンカップに止まっている
引越しているが、働きアリが1匹だけ、クリアケースの中を歩いていた B200603-175
素焼植木鉢皿の出入り口 土を盛って作り変えている B200603-172
餌器に蜜と昆虫を入れて設置 この後元通りにクリアケースを被せて内検を終えた B200603-160

③ 小型移植器を使った移植
② 素焼植木鉢皿を使った移植
クロオオアリ10コロニーの内、7コロニーが地中へと引越をしていました。

地中への引越が完了している 掘り出した土が少し見えている
こちらは地中からたくさんの土が運び出されている B200603-040
地中を掘った土が見えるが、まだ移植器の中に止まっている
小さなアリが移植器の中に入り込んでいる B200603-077
地中への穴を出入りする働きアリ B200603-077
こちらにも別の種のアリが入り込んでいた B200603-058
移植器の下にも入り込んでいる B200603-058
クロオオアリは既に地中へ移動していた その後からこの小型のアリが侵入してきたのだろう 巣穴にもこのアリは入り込んでいる クロオオアリにとってとても危険な状態 B200603-058
小型移植器を取り出し、バーナーの炎を小型アリに当てた B200603-058
土で覆った このクロオオアリのコロニーは死滅したかも知れない

今年採集のオオアリを「移植」

今年の6月3日から4日かけて長野県で新女王アリを採集したコロニーを、7月25日、庭に「移植」しました。今回は3通りの方法で移植しています。

W拡張蓋を使って
コンクリート製の人工巣用に作成していたW拡張蓋を使いました。

このW拡張蓋を移植に使う利点としては、底面の下に空間があることです。径7mmの穴を潜れば、広々とした土の上に移動できます。その後、巣穴を掘ることになりますが、掘り出した土も、この空間に置くことができます。この空間は、外部からは閉ざされていますから、捕食者に襲われることなく巣作りができます。また、上部は開閉式の蓋になっていますので、餌を補給できます。
このW拡張蓋を使って、クロオオアリを10コロニー、ムネアカオオアリを5コロニー移植しました。

クロオオアリ:共通シリアルナンバーは(B200603) 以下は (-下3桁)
-021 -031 -032 -047 -060 -074 -090 -094 -137 -147
ムネアカオオアリ:共通シリアルナンバーは(R200603) 以下は (3桁
-012 -018 -029 -037 -042

移植する前のクロオオアリのコロニー
移植する前のムネアカオオアリのコロニー
設置したところ W拡張蓋の周囲に土を寄せ、容易に外部から捕食者等が侵入できないようにしている
遮光の目的でベニヤ板を被せた(※ ベニヤ板を被せても、2枚の蓋が合わさる両端の側面には僅かに隙間ができるので、そこからとても小さなアリは入って来そうだ。)

ムネアカオオアリの営巣場所としては、「木の腐朽部」が多いようです。腐朽部と言っても、木は生きていることが多く、大木の腐朽した空間に巣を作っています。ただ、地面に巣を作っているムネアカオオアリも幾度か見ていますので、ここでは地面に移植しました。

② 素焼植木鉢皿を使って
ダイソー(DAISO)で販売されている「素焼植木鉢皿」を使いました。直径7.5cmの浅い皿で、これを逆さにして地面に被せ、2箇所から皿の中に入れるように地面に隙間を作ります。飼育しているクリーンカップの蓋を取り、皿の横にそのまま置きます。それから透明のプラスチック製のクリアケースを逆さにして被せます。小箱の周りに土を僅かに盛り、外部から遮断します。取り敢ず、皿の中に引越すれば成功です。
この素焼植木鉢皿を使って、クロオオアリを10コロニー庭に移植しました。

クロオオアリ:共通シリアルナンバーは(B200603) 以下は (-下3桁)
-007 -160 -162 -165 -172 -175 -177 -181 -183 -185

設置したところ プラスチック製のクリアケースの周囲に土を寄せ、容易に外部から捕食者等が侵入できないようにしている
遮光の目的で、1×4材で作った覆いを被せた

この方法は、これまで飼育してきたクリーンカップのまま移植できるところが利点でしょう。営巣後も、給餌する時以外は小箱を外さなければ、外部からの捕食者の侵入をある程度防げるでしょう。

③ 小型移植器を使って
かなり以前に移植器として製作していた小型移植器を使いました。

小型移植器

内法が48mmの方形の中が、3室に区切られています。3室の仕切壁には径3mmの穴があり、各部屋間を行き来できます。また、外部への出入り口(外部から移植器の中に入りにくくするため、出入り口は、一段と高くしています)、餌器(地中への営巣後も、餌器に蜜などを与えることができます)、地中への出入り口があり、上部には観音開きになる2分割された蓋(移植器によっては蓋に僅かな隙間のあるため、極小型のアリなどの捕食者は、移植器の中に侵入できるかもしれません)があります。
女王アリと幼生虫は上図の設計図の黄色の部屋に入れます。
この小型移植器を使って、クロオオアリを10コロニー庭に移植しました。

クロオオアリ:共通シリアルナンバーは(B200603) 以下は (-下3桁)
-020 -023 -028 -036 -039 -040 -044 -049 -058 -077

移植前の様子
設置したところ 小型移植器の周囲に土を寄せ、容易に外部から捕食者等が侵入できないようにしている
遮光の目的でベニヤ板を被せた
移植後の全景 手前からW拡張蓋、素焼植木鉢皿、小型移植器を使った移植の様子

巣口が近くの別の場所に

5月19日にR巣を発見したばかりですが、今日、その近くにも巣口があることを発見しました。花壇の西端に生えているキイチゴの木にクロオオアリが上っていましたので、蜜を与えて帰路を追ってみると、囲いのレンガの上を歩いて行き、R巣を通り越して、芝生の中に入って行きました。

花壇を囲むレンガを伝って歩いてきて、芝生の中に入ろうとしているクロオオアリ 17時3分撮影

同じことを5例で観察しました。いずれもこの新たな場所に戻り、R巣には戻りませんでした。この間、R巣の巣口を出入りするクロオオアリはいませんでした。
R巣とは80cm程しか離れていませんでした。

串で囲った中心に巣口がある 右がR巣 左が今回見つけた巣口のあるところ

この新たな巣口を出入りするクロオオアリのコロニーが、R巣のコロニーと同じなのかどうかを調べたいところでしたが、R巣を出入りするクロオオアリがいませんでしたので、調べることはできないままになりました。

花壇の全景

新たにクロオオアリの巣を発見

今年新たにクロオオアリの2つのコロニーを移植した花壇には、2箇所蜜器を設置しています。そこにもクロオオアリが蜜を吸いに来ていましたが、その2箇所の蜜器の内、東側の蜜器に来ているクロオオアリについては、これまで幾度か帰路を追ってC巣のクロオオアリであることを確認していました。西側の蜜器については、クロオオアリが来ることが少なかったこともあり、帰路を追った確かな記憶がありませんでした。
今日その蜜器を見ると、複数のクロオオアリが来ていて、体格が小さかったこともあり、帰路を追ってみました。すると、C巣の方角にではなく、花壇の外の芝生の中を花壇の枠に沿うように歩いて行きました。更に後を追ってみると、花壇の枠から少し離れた芝生の中に潜って行きました。

写真右側が西側の蜜器 中央右に見える4本の串の中央に巣口がある

見かけた働きアリの体格が小さいことから、コロニーの規模が小さいと思われます。それにしても、このコロニーはどこから来たのでしょうか。
少なくとも、この箇所にクロオオアリを移植したことはありません。だとすると、別の場所から引越してきたのでしょうか。それにはいろんな可能性が考えられます。(庭の巣の位置参照
F巣(NESTCON02005)からの引越
E巣(SIMSMA01057)からの引越
Q巣(B16012)からの引越 など
何れにせよ、取り敢ずこの巣をR巣と呼ぶことにします。

BM19013のその後の様子

4月4日に庭に移植したBM19013(クロオオアリのコロニー)のその後の様子です。
4月19日に土を掘り起こして移植器の中の様子を観察しています。それ以後も、地上に働きアリが出ているところを見ることはありませんでした。今日(5月15日)で移植から40日ほど経ちますが、この間、移植器の中へ蜜を入れ与えてはいませんので、本当に働きアリが地上に出ていなければ、餓死しているかも知れません。今回も、土を掘り起こして、移植器の中の様子を見ました。

5月15日16時21分撮影
5月15日16時22分撮影

コロニーは生きていました。女王アリも元気なようです。
働きアリの腹部を見ると、適度に膨れている個体が多く見られました。新たに糖分をどこかで得ていたのでしょうか。あるいは、ただの水分なのでしょうか。
移植器の側面と底面には、径9mmの穴があるのですが、土が飼育器の中に運び込まれていることから、地中へ巣穴が掘られたことが分かります。
地上への唯一の出入り口であるシリコンパイプの先には、土粒が入っていました。

シリコンパイプの中に土粒がある

この巣の働きアリが巣口を塞ぐか、狭くしたのでしょうか。

B16012のその後の様子

4月5日に庭に移植したB16012(クロオオアリのコロニー)のその後の様子です。
4月19日のブログでは、アクリルパイプの巣口が埋まっていて、「ただ今日は、そのままにしておきました」と書きましたが、それ以後もこのアクリルパイプの巣口が開けられたところは見ませんでした。

アクリルパイプが埋まったままになっている 5月14日17時34分撮影

また、アクリルの透明な蓋越しに巣の中を見ても、働きアリの姿を確認することができませんでした。
そこで、蓋を開けてみました。

アクリルの蓋を開けてみた 17時42分撮影

クロオオアリの姿はありませんでした。

バナナの木と L巣のクロオオアリ

昨年の8月5日のブログで、バナナの木にクロオオアリがやって来ていたことに触れていますが、今年もバナナの木にクロオオアリが来ていました。

バナナの苞(ほう)の様子 葉(ほうよう)がめくれると中から花が現れる 滴のようなものが見える 5月14日撮影
滴を吸うクロオオアリ 5月14日17時16分撮影

苞の真下には、苞葉や花が落ちています。

苞葉や花

ふと気づくと、1匹のクロオオアリがこの場所の近くを歩いていました。

帰路についたと思われるクロオオアリ 17時23分撮影

小型で腹部が膨れているようです。歩いて行く方角から、C巣かL巣のクロオオアリなのかも知れません。更に後を追って行くと、L巣がある場所に近くなり、やがてL巣の辺りで芝生の中に潜って行きました。L巣からやって来ていたクロオオアリでした。
L巣と苞葉などが落ちていた場所との距離は3.3mありました。

手前中央の岩と岩との間辺りにL巣の巣口がある 後方中央の芝生の上に見えているのが苞葉

B16013の生存を確認

2019年の6月8日に庭に移植し、その後6月18日に引越先を見つけたクロオオアリのコロニーB16013の生存については、昨年の末から生存の確認がとれなくなっていました(L巣)。
心配していたのですが、昨日、巣の近くに設置している蜜器に1匹のクロオオアリが来ていました。

4月30日18時07分撮影

ひょっとしたら、このクロオオアリはB16013の成員かも知れません。そこで、帰路を追ってみると、案の定、B16013の引越先の辺りで、芝生の中に姿を消しました。

右上の黒い棒状のものが蜜器を載せている測量杭 昨年は左下の岩と岩の間辺りに巣口があった

この間は、別用もしていましたので、ずっと観察をしていたわけではないのですが、短い期間で、蜜を吸いにやってくるクロオオアリを見ました。

4月30日18時15分撮影

上の写真のクロオオアリも、帰路同じ場所で姿を消しました。

4月30日18時26分撮影

この短い期間に、同じ個体と思われるクロオオアリが少なくとも3度やって来たことからも、蜜器と巣口が近くにあることが分かります。やはり、このクロオオアリはB16013のクロオオアリなのでしょう。
今日の朝、観察しに行くと、蜜器にクロオオアリが2匹来ていました。

5月1日7時03分撮影

移植2コロニーのその後

4月4日(S/N:BM19013)と5日(S/N:B16012)に庭に移植した2つのコロニーのその後の様子です。

◎BM19013

BM19013の地上への出入り口

BM19013の唯一の地上への出入り口であるシリコンパイプの周囲の様子を見ると、地中から土を運び出した跡が見られません。移植した時のまま容器の中に留まっているか、移植器から地中へ穴を掘っているとしても、その時に出る土を移植器の中に留めているのでしょう。
そこで、移植器の中がどうなっているか、そもそもまだ生きているか、など確かめるために、土を掘り起こすことにしました。

掘り起こしてみると

生存していることが確認できました。働きアリの数は数えませんでしたが、腹部は適度に膨れているようです。
ところで、卵が4個あることに気づきました。移植時には卵はなかったように思いますので、この間に産んだのでしょう。
ちなみに、同じ日に同じ場所で採集したクロオオアリの新女王アリのコロニーを6コロニー飼育していますが、越冬幼虫が2匹いて卵がない1コロニーを除いて、他のコロニーの卵の数は、18、10、8、7、6個でした。(クロオオアリの幼生虫は、小さな幼虫で越冬しますので、これらの卵は最近産卵されたものです)
飼育器から地中へと巣を拡張できるように、径9mmの穴が側面と底面にあるのですが、土が飼育器の中にもないことから、まだ地中への巣穴は掘られていないことも分かりました。

写真中央が底面の穴 その下方の側面にも径9mmの穴がある

◎B16012
移植3日後の様子です。土を巣から運び出しています。

巣から運び出した土が多く見られる 4月8日11時43分撮影
アクリルパイプの巣口近くに蛾を置いてみた 4月8日15時19分撮影

 その翌日(4月9日)、とても小さなアリが、飼育器の餌器の径1.5mmの穴から出入りしているのに気づきました。この日の少し前に、餌器に蜜を与えましたので、その蜜を小さなアリが見つけたのでしょう。取り敢ず、爪楊枝の先で穴を塞ぎました。

餌器の1.5mmの穴を爪楊枝の先で塞いだ

ところが、この小さなアリは、餌器と側壁との僅かな隙間からも飼育器の中に侵入していました。これはもう簡単には防げないと思い、そのままにしておきました。
それから10日経ったのですが、B16012の様子には、特に異常がないようです。

4月19日の様子 働きアリの姿が見られる

アクリルパイプの巣口は塞がっていました。

巣口のアクリルパイプが土に埋もれている

以前にも雨が降った後、同じことがありました。雨のために流れてきた土で巣口が埋まっているようでした。その時は、近くに落ちいてた細い枝で巣口を塞いでいる土を取り除き、中から働きアリが出て来るところを確かめました。
ただ今日は、そのままにしておきました。

ちなみに、BM19013の巣のことをP巣、B16012の巣のことをQ巣と呼ぶことにします。