月別アーカイブ: 2012年9月

庭のアリ006

実体顕微鏡に一眼レフを取り付けて撮影するのですが、カメラの液晶では画面が小さ過ぎますので、21.5型のフルHDモニターを使っています。このモニターとはカメラのHDMI端子で繋ぎます。こうすることで、実体顕微鏡を直接覗くことなく、ズームとピントを合わせることができます。

標本006

全身を捉えた写真ですが、偶然とは言え、なかなかおもしろいポーズをしています。

全身側面1

全身側面2

このアリも透き通ったとてもきれいな色をしています。前伸腹節刺は、とがっています。

前伸腹節刺側面

前伸腹節刺背面

腹面から見ると、

腹面1

腹面2

触角です。

触角

9月25日のブログで、このアリを取り上げた際には、疑問符を残しながらも、ハリブトシリアゲアリではないかと書きましたが、今回実体顕微鏡で見ると、前伸腹節刺の形がハリブトシリアゲアリではないことが分かりました。このアリは、キイロシリアゲアリでした。

庭のアリ005

9月20日のブログでも取り上げましたが、トビイロシワアリによく似た少し小さいアリも実体顕微鏡で調べて見ました。

標本005

やはり、トビイロシワアリによく似ています。違いは、大きさと前伸腹節刺のようです。

標本005の前伸腹節刺

トビイロシワアリの前伸腹節刺

その他の写真もご覧下さい。

全身側面

頭部・胸部

触角

このアリは、針を出して死んでいました。

刺針

このアリの名前は、やはり分からないままです。

庭のアリ004

実体顕微鏡での撮影では、照明が一番のポイントになります。私の場合は、LEDのリンクライトを使っています。
これまでに紹介しているアミメアリやアメイロアリなどの写真で、特に 腹部にリンク状の輝くものが写り込んでいますが、これはこのリンクライトの光です。
次に紹介する標本004のアリでは、頭部や胸部がしわ状になっていますので、このリンク状のものは見られませんが、腹部にはやはりリンクライトが写り込んでいます。

標本004

全身側面

頭部・触角

胸部側面

前伸腹節刺

このアリは、やはりトビイロシワアリです。

庭のアリ003

標本003
透き通るようなきれいな飴色をしています。

全身背面1

全身背面2

長目の体毛がたくさん見えます。

体毛

前伸腹節刺は丸っこく見えます。

前伸腹節刺背面1

前伸腹節刺背面2

前伸腹節に1対の気門がはっきり見えます。

前伸腹節気門

その他の写真もご覧下さい。

触角

側面

頭部

このアリは、やはりアメイロアリです。

庭のアリ002

実体顕微鏡で写真を撮るにはそれなりの装置が必要です。私の場合は、実体顕微鏡とデジタルカメラをつなぐアダプターを用意しました。こうすることで、既に持っている一眼レフカメラが使えるようになり、高画質な写真やフルHD画質の動画が撮れるようになりました。

標本002

全身側面1

全身側面2

腹柄節1

腹柄節2

大腮

このアリについては、9月10日に紹介しましたが、その時には名前が分かりませんでした。しかし、1週間ほど経って、release-windknot さんから「ルリアリ」だとコメントをいただきました。実際、腹柄節の形からもルリアリだと分かります。

庭のアリ 001

庭に元々から棲んでいるアリをこれまで紹介してきましたが、種名について更に検証しました。実体顕微鏡を導入することでこのことを検証できるようになったのです。
この実体顕微鏡は、最高倍率が63倍で10倍ズーム付きです。

標本001

全身背面

全身腹面

前伸腹節刺

頭部背面

頭部腹面

触角

やはり、このアリはフタフシアリ亜科アミメアリ属のアミメアリです。

庭で久しぶりにクロオオアリを発見

確かな時期は覚えていないのですが、おそらく今年の春の終わりごろ以来だと思うのですが、庭で久しぶりにクロオオアリを見つけました。塀に砂糖水を垂らして、庭に元々からいるアリを呼び寄せて調べようとしていたのですが、その砂糖水にクロオオアリが来ていたのです。

庭で久しぶりに姿を見たクロオオアリ

なんと久しぶりなのでしょう、庭に移植したクロオオアリが巣から外に出て餌探しをしていたのです。まだ、どこかでちゃんと生きていたのだなという安堵というか、嬉しさのようなものを感じました。9月1日に庭に移植したクロオオアリの巣を調べて、まだ生きている家族があることは分かっていたのですが、庭を歩いている働きアリを、春の終わり以来一度も見ていなかったのですから、餌はどうしているのか、とても心配だったのです。
でも、今日、少なくともある巣では、餌を探して生きていたということが分かったのです。
ところで、この働きアリは、どこに棲んでいる家族の一員なのでしょうか。極近くに1号巣があり、9月1日には、少なくとも1匹の働きアリがいることを確認しています。また、春の終わりに庭で働きアリを見つけたのも、この1号巣の働きアリでした。
しばらくすると、この働きアリは、砂糖水から離れ、どこかへと帰り始めました。後を追っていけば、 どこに巣があるか分かるはずです。すると、案の定、1号巣の方へと行きました。

1号巣の上を歩くクロオオアリ

ところが、この働きアリは、1号巣のレンガから下へ降りていき、再び地面を歩き始めました。
「ひょっとしたら、あの家族なのかもしれない」─ その時そう思いました。というのは、この働きアリが、かなり大型であることもそう思わせたひとつの要因ですが、2年間人工巣で飼い、今年の6月18日に庭に出し、7月15日に気付いた時にはどこかに引越をしていたあの家族が、きっと庭のどこかで生きているはずだと信じていたからです。
その働きアリは、再び地面を歩き始めて、それからほんの少し歩いたところで、突然姿を消してしまいました。

どこに消えたのだろう!

消えた辺りの枯れた葉をそっと取り除いたのですが、穴らしいものがありません。本当に不思議です。

穴らしいものがない

ところが、もう一度、その辺りを別の角度から見ていると、なにやら穴らしいものがありました。

何か穴のようなものがある

そこで、細長い草の葉を穴の中に突っ込んだのですが、何の反応もありません。まわりの草の葉を取り除いておこうと、草の葉を引っ張ったところ、穴のある辺りの地面が盛り上がってしまいました。

穴の辺りまで土が崩れてしまった

この穴の周りには、穴を掘った後のちょっとした盛り土がありません。本当に、ここにアリの家族が棲んでいるのでしょうか。また、ここを巣の出入り口にして棲んでいるとしても、そのアリの家族は、極近くの1号巣の家族なのでしょうか。それとも、他の家族 ─ 大方それは3年目を迎えていたあの大きめの家族なのでしょうか。
しばらくして、塀の砂糖水があるところを見ると、さっきと同じ大きさの働きアリが来ていました。きっと同じアリなのでしょう。

さっきと同じアリらしい

砂糖水をなめていましたが、腹部が膨らまない内に移動して、今度は何やら塀をなめ始めました。

何をなめているのでしょうか

そこには何もないように思えるのですが、アリにとっては何か食べ物があるのでしょう。でも、それではお腹が膨らみそうもありません。お腹が膨らむまでは巣に帰らないでしょう。
そこで、近くに氷砂糖も置いていたので、この氷砂糖に水を垂らしました。するとしばらくして、この働きアリはこの氷砂糖を見つけました。

氷砂糖を見つけた

まもなく、お腹が膨らんでいきました。

お腹が膨らんだ

やがて、帰り始めました。追って行くと、

例の穴に入って行くクロオオアリ

例の穴に入っていきました。この穴は、確かにクロオオアリの巣穴なのです。
やがてまた、同じアリと思われる働きアリが砂糖水のところにやってきて、巣穴に戻っていきました。
なかなか仲間の働きアリが出て来ないので、どうなっているのだろうと思っていると、少し小型の働きアリが砂糖水の方へと歩いていくのを見つけました。この働きアリは、先程からの働きアリと砂糖水があるところで出合い、挨拶を交わしてから砂糖水をなめ始めました。同じ巣の仲間です。

少し小型の働きアリ

やがて1号巣のレンガの上を通り、

帰路のもう一匹の働きアリ

同じ巣穴に入っていきました。

巣穴に入る働きアリ

しばらくの間、観察を続けていると、2匹の働きアリが砂糖水の場所にいる写真も撮ることができました。

2匹の働きアリ

夜の8時に行って見ると、大きい働きアリが砂糖水のところに来ていました。夜も活動しているようです。

庭に元々から棲んでいるアリ(5)

庭に棲んでいる6種目のアリを捕らえました。外塀を歩いていました。

塀を歩いていた

大きさは4mm位です。

体長は4mm程

腹部は濃い色をしています。体の裏側は、

下から見ると

こんな感じです。3匹のアリたちが何か話をしているように見えます。

何をしているのでしょう

横から見るとこんな感じです。

横から見ると

このアリは、フタフシアリ亜科のシリアゲアリ属のハリブトシリアゲアリのように見えるのですが、種名は同定できませんでした。

アリの標本作り

アリの標本を作って見ようと思います。
『アリの生態と分類 ─南九州のアリの自然史─』(南方新社)という本に詳しく書かれていたので、参考にしました。ただ、あまり本格的にしようとは思っていないので、かなり原則をゆがめての標本作りとなりました。
2mL容量のスクリュー管瓶を50個用意し、この50個が入るアクリルケースを作りました。

2mLのスクリュー管瓶が50個入る標本ケース

管瓶のひとつひとつに番号を振り、コンピュータでこの番号に照合させてデータを入力します。
管瓶には、無水エタノール(エチルアルコール)を入れます。早速、「001」にはアミメアリを、「002」にはルリアリを入れました。
写真を撮影した後で、 「003」にはアメイロアリを、「004」にはトビイロシワアリを、「005」には名前が分からないトビイロシワアリによく似たアリを入れました。

庭に元々から棲んでいるアリ(4)

昨日出逢ったアリの種を同定するために、更に調べてみましょう。
そのために、アリの体長が測れるこんな撮影用のケースを作りました。

撮影ケース

中央の円の外径は20mmあります。格子の部分は縦横ともに40mmあります。また、ケースの上方には、スライド式の蓋があります。写真は、この蓋を少し開けた状態です。中の厚みの内寸は8mmです。
アクリル製で、立てて使います。実体顕微鏡のように、当初はカメラで上から撮影しようと考えましたが、 カメラが照明器具等で重くなり、スライド台にカメラを取り付けると無理が生じたために、真横から撮影するようにしたのです。
この撮影ケースには、生きた状態でアリを入れます。

大きい方の黒っぽかったアリ

上の写真のアリは、昨日「黒っぽいアリ」と表記していた大きい方のアリです。体長が3mm程であることが分かります。おそらくフタフシアリ亜科のトビイロシワアリだと思われます。ただ、アリ図鑑のトビイロシワアリよりも、体長が少し長いようには思うのですが。
昨日出逢った小さい方の黒っぽいアリと飴色のアリはというと、

飴色のアリ

どちらも体長が2mm強のようです。飴色のアリの方は、アメイロアリのようです。
このアリは、よく熟れたキイチゴの実の中で時々見かけていたように思います。

キイチゴの実 時々この実の中にアメイロアリがいたように思います

小さい方の黒っぽいアリは、前伸腹節刺(ぜんしんふくせつし)をよく見ると、トビイロシワアリとは違っています。長目で先が針の先のようとがっているように見えます。やはり、別の種なのでしょうか。
顕微鏡で小さい方の黒っぽいアリを観察して見ると、

シルエットを強調しています 前伸腹節刺がかなりとがっています

前伸腹節刺がよく目立ちます。
下の写真は、上と同じ画面を落射照明で撮影したものです。

上と同じ画面 落射照明による

では、トビイロシワアリの方はというと、

前伸腹節刺が短めで、かたちがちがいます

前伸腹節刺の長さも形もちがいます。
やはり、別の種なのでしょう。