月別アーカイブ: 2013年9月

トゲアリの強さについて の続き

9月17日に、「トゲアリの強さについて」述べましたが、そのサンプル数は10例でした。また、その後、オオアリの女王アリのいない巣へトゲアリの女王アリを入れましたが、そのサンプル数は5例でした。
今回は、更に追加実験をした全部を合わせての現時点での結果を報告します。

追加実験は次のようです。
(年は採集年度 記載のないものは2012年採集)
(「有」は女王アリあり 「無」は女王アリなし 「死体」は女王アリの死体あり)
9月18日
⑨ 以前の⑤クロオオアリ(S/N:SIMSMA 01089)2度目(死体)

9月26日
⑩ 以前の③クロオオアリ(S/N:SIMSMA 01016)2度目(有)
⑪ 以前の⑤⑨クロオオアリ(S/N:SIMSMA 01089)3度目(死体)
⑫ 以前の⑥クロオオアリ(S/N:NESTCON 01001拡張蓋)2度目(無)2011年
⑬ 以前の⑦クロオオアリ(S/N:NESTCON 01004拡張蓋)2度目(無)2011年
⑭ 以前の⑧クロオオアリ(S/N:NESTCON 01005拡張蓋)2度目(無)2011年
⑮ クロオオアリ(S/N:SIMSMA 01043)(死体)2013年
⑯ クロオオアリ(S/N:SIMSMA 01056)(死体)2013年
⑰ クロオオアリ(S/N:ANTECB 02005)(有)2013年
⑱ クロオオアリ(S/N:ANTECB 02007)(有)2013年
⑲ クロオオアリ(S/N:ANTECB 02008)(有)2013年
⑳ クロオオアリ(S/N:ANTECB 03003)(有)2013年
㉑ クロオオアリ(S/N:ANTECB 03004)(有)2013年

⑻ 以前の⑶ムネアカオオアリ(S/N:SIMSMA 01007)2度目(有)
⑼ 以前の⑸ムネアカオオアリ(S/N:SIMSMA 01033)2度目(有)

9月27日
㉒ クロオオアリ(S/N:NESTCON 01001本巣)(有)2011年
㉓ クロオオアリ(S/N:NESTCON 02001)(有)2013年
㉔ クロオオアリ(S/N:NESTCON 02002)(有)2013年
㉕ クロオオアリ(S/N:SIMSMA 01047)(有)
㉖ クロオオアリ(S/N:SIMSMA 01067)(有)
㉗ クロオオアリ(S/N:SIMSMA 01075)(有)
㉘ クロオオアリ(S/N:SIMSMA 01080)(有)
㉙ クロオオアリ(S/N:SIMSMA 01086)(有)
㉚ クロオオアリ(S/N:SIMSMA 01042)に2匹同時侵入(有)

⑽ ムネアカオオアリ(S/N:SIMSMA 01010)(有)
⑾ ムネアカオオアリ(S/N:SIMSMA 01029)(有)
⑿ ムネアカオオアリ(S/N:SIMSMA 01063)(有)
⒀ ムネアカオオアリ(S/N:SIMSMA 01068)(有)
⒁ ムネアカオオアリ(S/N:SIMSMA 01070)(有)

27日の実験(コンクリート人工巣での実験を除く)

27日の実験(コンクリート人工巣での実験を除く)

クロオオアリの巣への侵入は、㉚が同時に2匹ですので、総計31匹になります。ムネアカオオアリの巣への侵入は、14匹となります。

結果について
クロオオアリの場合は、トゲアリが寄生に成功したと思われるのは、4例です。(他は全て死亡しました)
④(S/N:SIMSMA 01024)(有)
⑪(S/N:SIMSMA 01089)3度目(死体)
⑮(S/N:SIMSMA 01043)(死体)2013年
㉖(S/N:SIMSMA 01067)(有)
※現在闘争中なのは、
⑬(S/N:NESTCON 01004拡張蓋)2度目(無)2011年 寄生できる可能性がある
⑭(S/N:NESTCON 01005拡張蓋)2度目(無)2011年 強く攻撃を受けている

ムネアカオオアリの場合は、トゲアリが寄生に成功したと思われるのは、4例です。(他は全て死亡しました)
⑴(S/N:NESTCON 01025本巣)(有)
⑷(S/N:SIMSMA 01028)(死体)
⑹(S/N:NESTCON 01025拡張蓋)(無)
⑺(S/N:NESTCON 01029拡張蓋)(無)

考察
自然界では、オオアリの女王アリがいる巣の方が、多いと考えられますので、それぞれの寄生の成功率は、
クロオオアリ:2÷31×100=6.5%
ムネアカオオアリ:1÷14×100=7.1%
これは、両者には有意差がないと言うことですので、オオアリ全体としては、3÷45=6.7%となります。
女王アリがいない場合、女王アリとの闘争がないわけですが、その場合の寄生の成功率は、
クロオオアリ:2÷31×100=6.5%
ムネアカオオアリ:3÷14×100=21.4%
この場合は、両者に有意差がありますので、どう考えたらよいか迷いますが、オオアリ全体としては、5÷45×100=11.1%となり、6.7%と比べると2倍弱ですが、寄生できる成功率が高くなります。なお、最終的には、クロオオアリの闘争中の2サンプルの結果を反映させたいと思います。

いずれにしても、9月15日に立てた寄生時の成功率についての仮説「トゲアリの女王アリは、その大多数がオオアリの女王アリとの戦いに破れる」を裏付けています。

トゲアリの女王アリ採集終了

9月30日の午前10時頃から半時間程度、いつもの場所にトゲアリの観察に行きましたが、トゲアリの女王アリは1匹も見つけることができませんでした。観察を終日行なえば、女王アリを見つけることができるかも知れませんが、ほぼ、この日までに女王アリは地上に出てこなくなったと考えられます。
まだ、生き残っているはずの女王アリはどこに行ったのでしょうか。

トゲアリの女王アリは単独でいつまで生きられるか?

9月18日のブログ「トゲアリの女王アリをストック!?」の中で、「トゲアリの女王アリは単独で長期間水だけで生きていけるであろう」と考えましたが、あれから大量にトゲアリの女王アリが採集できましたので、そのことを検証してみようと思いました。
19日採集のトゲアリを2つのグループに分けます。1つのグループには水だけを与え続け、もう一方のグループには、蜜も与えます。それぞれ20サンプルとします。

水だけのグループ

水だけのグループ

蜜も与えるグループ

蜜も与えるグループ

蜜は、水、トレハロース、メープルシロップ、蜂蜜、黒蜜、ローヤルゼリーをブレンドしたものを与えます。
この実験は、9月27日より始めました。蜜はペットボトルの蓋の中にほんの少し入れて与えます。27日に初めて与えてみると、20匹中9匹が蜜を飲むのが観察できました。ただ、僅かしか量がないのにも関わらず、蜜はほとんど減ったようには見えませんでした。この蜜は、オオアリの女王アリにも与えていますので、それと較べてしまうのですが、飲む量が少なく感じました。その後、ずっと見ていなかったのと、例え飲んだとしても残してしまうわけですから、後の11匹が蜜を飲んだかどうかは確かめようがありませんでした。

トゲアリの女王アリを2匹入れると

オオアリの巣の中にトゲアリの女王アリを一度に2匹入れるとどうなるのでしょうか。9月27日に、クロオオアリ(S/N:SIMSMA 01042)の巣の中に2匹を入れてみました。

2匹は、全く別行動を取っていて、連繋などしていませんでした。2匹の女王アリが同時にクロオオアリの女王アリに食い付くこともありませんでした。同時に食い付かなかったことについては、今回の場合、たまたまであったかもしれませんが、実は他に意外な行動が見られたのです。

動画1分間

1分間の動画

上の動画がその意外な行動です。組み合っているのは、どちらもトゲアリです。上方のトゲアリは、相手の胸部の頭部側の棘に食い付いています。下方のトゲアリは、相手の右の中脚に食い付いています。下方のトゲアリは、捕らえているクロオオアリの働きアリの体表を前脚で撫で回しては自分の体に化粧をしています。上方のトゲアリは、下方のトゲアリの体表を前脚で撫で回して、自分の体に化粧をしています。動画の後半では、下方だったトゲアリも、クロオオアリの働きアリを放していて、2匹共に相手の体表を撫で回しては自分の体に化粧をしています。

トゲアリの女王アリが、同じトゲアリの女王アリを捕らえて、化粧をする意味はありません。もし、意味のある行動を取るとしたら、互いに殺し合うか、協力し合うか、無関心でいることでしょう。この無意味な行動を取らせているのは、彼らの本能なのでしょうが、この行動から考えられることは、トゲアリの本能の中に、宿主のオオアリの巣の中でトゲアリの女王アリ同士が出会うということは想定されていない(組み込まれていない)ということなのでしょう。

トゲアリの女王アリの採集匹数

これまでのトゲアリの女王アリの採集匹数をまとめておきましょう。いずれも同じ場所で採集しています。(最高気温/最低気温)

9月12日 7匹(内負傷2匹) 14:30〜16:00 (30.5/24.0℃)
9月13日 5匹 14:00〜15:00 (31.1/22.7℃)
9月14日 6匹 14:00〜14:30 (32.2/24.8℃)
(9月15日・16日 台風接近)
9月17日 5匹(内負傷2匹) 14:10〜14:25 (26.7/17.3℃)
9月19日 62匹(+クロヤマアリに襲われていた4匹、内1匹死亡) 11:00〜12:50 14:00〜15:40 (28.3/17.4℃)
9月21日 20匹(+羽蟻2匹) 10:00〜11:00 (29.2/18.2℃)
9月24日 26匹(+クロヤマアリに襲われて死亡した1匹) 9:00〜10:20 (29.6/19.6℃)
9月25日 6匹 6:30〜7:50 (30.1/20.5℃)

以上になります。記載のない日は採集に出かけていません。羽蟻や死亡した女王アリも合わせると198匹を採集したことになります。

翅を落とし損なったトゲアリの女王アリ

9月25日は、朝早くからいつものトゲアリの観察場所に行きました。実は、朝早く出かけるのはこれで2回目です。今回は6時30分ごろから7時50分ごろまで観察と採集を行ないました。
この日は、トゲアリの女王アリを6匹採集しました。

帰宅してしばらくしてから気付いたのですが、その内の1匹が、翅の一部を落としきれていませんでした。

左側の翅の一部が残っている

左側の翅の一部が残っている

なるほど、こんなこともあるのだなあ、と思いました。

ところで、この日の早朝もトゲアリの結婚飛行には出会せませんでした。早朝と言っても、もう6時半ごろですから、この地方のこの日の日の出時刻の5時42分からすると、もっと早い時刻に観察に行くべきだったのかも知れません。
ですから、断定はできませんが、2回早朝に出かけて思ったことは、この時期の早朝は少し涼しく、女王アリが飛ぶのは難しいのではないかと言うことです。クロオオアリやムネアカオオアリの女王アリの場合、地面から飛び立つことになるので、草に登ったりもしていますが、離陸に何回も失敗しながら、やっと飛び立つといった感じです。トゲアリの場合は、樹の洞などからの飛行になるでしょうから、オオアリとは離陸する場所の高さは違いますが、翅を盛んに動かすには、気温が高い方がよいでしょう。わざわざ、早朝を選んで結婚飛行に飛び立つ利点はないように思われます。

酒井春彦氏の文献によれば、結婚飛行は「午前6〜9時の間」ではないかと言うことです。また、結婚飛行は「樹冠の上で行なわれ、その後、幹を伝っておりてくる」のではないかとのことです。いつか、結婚飛行に出会して、真相を自分の目で見たいものです。

異常な個体差

クロオオアリやムネアカオオアリをまとまった数飼育していると、個体差について考えさせられることがあります。同じ条件で飼育していても、コロニーの大きさにかなりの程度差が出てきます。
ここではその中で、生命にかかわる異常な事例を挙げます。
ND4_0022

何か黒いものが見えますが、これは繭の中で死んでしまった蛹です。今年採集のクロオオアリの女王アリの飼育ケース内です。このクロオオアリの女王アリは、採集時に左の触角の鞭部の先端がありませんでした。しかし、子育ては順調にしていました。アリの場合、蛹が羽化する時には、働きアリが介助して誕生させます。必ずこの介助がなければ、羽化はできないのです。巣の創設時に、最初の働きアリが生まれる際には、働きアリはいないので女王アリが羽化の介助をしなければなりません。どうやら、この女王アリは、その介助ができないらしいのです。羽化の時期を迎えて、おそらく羽化できないままに死んでしまった繭を、1ヶ所に捨ててしまいます。それが上の写真なのです。9月2日には繭がいくつか残っていましたが、死んでいるはずです。

ND4_0019

 

触角が負傷していると先程書きましたが、触角を負傷している他の複数の女王アリではこのようなことはありませんでした。ですから、触角を負傷していることが原因だと考えるには無理があります。この女王アリは、本能から羽化の際の介助というプログラムが欠如していたのでしょう。

次は別の事例です。下の写真は9月24日に撮ったものです。

0924CON2003

 

黒っぽく大きく見えるのはクロオオアリの女王アリの死体です。その他には働きアリの死体が見られますが、全滅してからかなり経ちますので、全体にカビが生えています。この家族も今年採集した女王アリの家族でした。子育ても順調に行き、コンクリート製の人工巣に移して飼っていました。ところが、8月20日に気付いた時には、女王アリまでが死に、働きアリは5匹残されました。死因は明らかでした。糖分を全く受け付けなかったのです。特製の蜜を与えたのですが、この家族だけが全くその蜜を食べようとしなかったのです。

アリも食べ物については学習をしていきます。例えば、固形の砂糖粒を与えた場合、最初はそれを食べ物とはわからずに無関心なのです。砂糖も水分を含んで初めて甘いのです。というのは、固体には味はなく、液体になって初めて味があるわけです。ですから、舐めてみなければ味が分からないのですが、やがて、その固体を舐める者が出てきて、その砂糖粒が食べ物であることを知ります。そうして学習すると、次からは砂糖粒を見つけると、その場ですぐに舐めたり、舐めもしないのにくわえて仲間のところに運んだりするようになります。
特製の蜜は、液体ですから固体よりも早く食べられると気付くようです。最初は少し警戒しているようにも見えますが、やがてすぐに飛びつくようになります。この蜜には、アリにも分かる匂いがあるようで、蜜が近くで与えられたことを触角を立てて察知します。

話を元に戻しますが、この家族は、家族ぐるみで拒食状態でした。途中、砂糖粒を与えたこともありましたが、これも食べていなかったようです。単に食べ物の好き嫌いではないように思えます。
女王アリは6月16日に採集しており、それから2ヵ月強水分の他は何も口にしなかったことになります。働きアリは、8月上旬に生まれていますから、それから徐々に衰えていったことになります。とても残念に思います。

トゲアリの羽蟻との出逢い

21日は、10時ごろいつものトゲアリがいる野田山に着きました。
トゲアリの巣がある所から少し上に歩いた道端に、クロヤマアリの巣があります。クロヤマアリは盛んに巣を出入りしていて、昆虫の死体などを運び込んでいます。

クロヤマアリの巣口

クロヤマアリの巣口

ふと気付くと、その巣口から2m程離れたところで、蜂のような昆虫を運んでいるクロヤマアリがいました。もう死んでいるその蜂のような昆虫の触角をくわえて、1匹で重そうに引きずっていました。もしかしたら、その昆虫はトゲアリの女王アリなのではないだろうか、と思いました。運んでいるクロヤマアリごと手に取ってよく見ると、やはりトゲアリの女王アリでした。クロヤマアリは、とても素晴らしい宝物を運んできてプレゼントしてくれたのです。それは、10時38分ごろのことでした。

ND4_0564

死んだトゲアリの女王アリを運ぶクロヤマアリ

羽蟻は既に死んでいたとしても、何日も前に死んでいたとは思えませんでした。おそらく今日結婚飛行を終えたのではないだろうか、とっさにそう思いました。あたりを見てみましたが、他には見当たりません。
ところが、10時46分ごろ、そこよりほんの少し上へ歩いたところの林道のほぼ真ん中あたりに、まだ翅のある女王アリらしい昆虫がいました。

ND4_0655

翅は色が濃くて長く見える

トゲアリの女王アリです。やはり、今朝、結婚飛行に飛び立ったのでしょうか。

結婚飛行した日について、その可能性はあるのですが、それでも断定はできないように思えます。クロオオアリやムネアカオオアリの場合、結婚飛行のため巣から出てきた直後に採集して、交尾をさせないで飼育すると、いつまでも翅を落とさず、何日も生き続けます。つまり、トゲアリも同様だとすれば、交尾を済まさないと翅を落とさないので、今回見つけたトゲアリの女王アリは交尾をしていないことになるのですが、それでもある期間生き続けることができるのです。やはり、巣から飛び立つところを見なければ、結婚飛行の日を特定することはできないように思えます。

ただ、それは、この日見つけた2匹のトゲアリが結婚飛行に飛び立った日を特定できないと言うことであり、結婚飛行が、この日行なわれなかったと断定しているわけではありません。オオアリの場合も、ひとつの巣から何日かにわたって結婚飛行に飛び立ちます。トゲアリの場合もオオアリと同様なのかも知れません。同じ日に飛び立たない方が、リスクを分散できるからでしょう。

クロヤマアリに襲われるトゲアリの女王アリ

傷を負って地面を歩いていたトゲアリの女王アリをこれまでに4匹採集していますが、この日、襲われている現場に出会いました。
9月19日、午前・午後に渡って大量にトゲアリの女王アリを採集したその日の午前のこと、それまでによく採集していた道の反対側の側溝のところに、何やらたくさんのクロヤマアリがいました。特に群れているところを見ると、トゲアリの女王アリがいました。

クロヤマアリに襲われるトゲアリの女王アリ

クロヤマアリに襲われるトゲアリの女王アリ

更にほんの少し離れたところの3箇所でも、クロヤマアリに襲われているトゲアリの女王アリを見つけました。

上記の左側で

上記の左側で

更に左側で

更に左側で

側溝の壁でも

側溝の壁でも

下の写真では分かりにくいのですが、右、中央より少し左、左、溝の向こう側面の4箇所です。(一番右にも女王アリが映っていますが、これは襲われていません。)

拡大してご覧下さい

拡大してご覧下さい

トゲアリの女王アリは、地上を歩く際に、こんなリスクがあるのです。クロヤマアリに襲われれば、クロヤマアリは大きいアリですし、数も多いですし、とても機敏に動き回るアリですので、逃げ切れないのでしょう。
けれども私は、この4匹のトゲアリが、どの程度負傷しているかを調べるために、採集することにしました。そして、食い付いているクロヤマアリを摘み殺して、助け出しました。救出した時点で、1匹は瀕死の状態でした。後の3匹は無傷でした。

ところで、襲われていた女王アリの他にもこの1ヶ所で2匹を採集しましたので、少なくても6匹いたことになります。今朝この近くから女王アリが出てきたのかも知れません。この側溝には、上の写真でも分かるように、落ち葉がたまっていましたので、ひょっとすると、この落ち葉の中に潜んでいた女王アリが、朝から出てきているのかも知れません。そこで、この落ち葉の中を見てみることにしました。

落ち葉の中を見た後

落ち葉の中を見た後

けれども、トゲアリの姿はありませんでした。既に出てしまっていたのか、元々落ち葉の中にはいなかったのか、分かりませんでした。

トゲアリの女王アリを多数採集

本日19日に、トゲアリの女王アリを65匹採集しました。研究には必要以上の数になりましたので、希望の方に、有償としますが、お分けすることにしました。
採集の様子など詳しいことは、後日改めて書こうと思います。

トゲアリの女王アリをご希望の方は、こちらをご覧下さい。