日別アーカイブ: 2016年4月11日

春一番の蜜の恵

庭には、至るところにカラスノエンドウが花を咲かせています。この背が高くなったカラスノエンドウの新芽には、これも至る所にアブラムシが密集しています。クロオオアリの姿もありました。
カラスノエンドウには、赤褐色の花外蜜腺という蜜を出す部分があります。下の写真は、その花外蜜腺を舐めているようです。

4月11日撮影

4月11日撮影

他のアリも花外蜜腺に集まっていました。

ND4_9856

2つ目のクロオオアリの巣を発見

4月11日、庭で2つ目のクロオオアリの巣を見つけました。庭に八朔の木があり、その下にもカラスノエンドウが茂っています。その近くの地面を歩いているクロオオアリの中で腹部が膨れているアリの後をつけてみました。すると、以前見つけたところとは違う場所の地面の穴に入っていきました。この場所は、以前見つけた巣の場所とはかなり離れています。距離を測ってみると8m強離れていました。どうやら、違うコロニーの巣のようです。

後をつけないと分からないような場所

後をつけないと分からないような場所

拡大すると

拡大すると

ただ、違うコロニーなのかどうかの検証はしていません。働きアリをそれぞれの場所から採集してひとつのケースに入れるとわかると思うのですが、また別の機会にそうしてみることにします。