月別アーカイブ: 2020年5月

5月29日のクロオオアリとトゲアリの幼生虫

直近には5月14日にクロオオアリトゲアリの幼生虫の様子を記録していますが、引き続き記録しておきます。
ここでは、飼育している2種の中から、3コロニーを取り上げます。

クロオオアリ 2012年6月14日新女王アリを採集 B120614-86
クロオオアリ 2011年6月8日新女王アリを採集 B110608-07
トゲアリ 2014年9月6日寄生 T140906-40

5月14日と比べると、クロオオアリ、トゲアリ共に繭がとても多くなっています。

外勤が少ないトゲアリ

2018年9月に「たった1例のトゲアリの寄生」で始まったトゲアリのコロニーは、とても順調に増勢しています。

人工巣リトルアンテシェルフの様子 人工巣は小型の水槽の中に入れている トゲアリとクロオオアリが共存(寄生の結果)していることがわかる 5月29日撮影

寄生から1年8ヶ月ほど経過しているのですが、今もたくさんのクロオオアリの働きアリがいます。このクロオオアリの成虫の寿命を考えてみると、最短でも11ヶ月ほどになります。(トゲアリが寄生した2018年の9月22日の時点で、クロオオアリの巣にいた幼生虫は翌年の春から成長しますので、最も若い成虫では2019年の6月以後の生まれとなります)
これまでの観察から、オオアリの働きアリの寿命はとても長いことが分かっています。ですから、寄生時に既に成虫だったクロオオアリの働きアリも、まだ生きている可能性はとても高いと言えます。

それはさておき、このトゲアリは、巣になっているリトルアンテシェルフ(人工巣)をそのまま小型水槽に入れて飼育しているのですが、人工巣から水槽に出て来る働きアリは、圧倒的にクロオオアリが多いのです。

リトルアンテシェルフの外の様子 トゲアリは1匹だけ写っている 5月29日11時49分撮影

巣の中にはトゲアリもかなりの数いますので、トゲアリがクロオオアリに比べて少ないということはありません。トゲアリは、巣の中で子育てを主としているのでしょうか。

結婚飛行の前兆

15時40分過ぎに、クロオオアリのA巣の巣口近くで羽アリが出ているのに気づきました。

有翅女王アリも雄アリもいた 15時45分撮影
15時57分撮影

その場所は、先日までクロオオアリが出入りしていた場所ではなく、少し東によった場所でした。

左上の茶色く見えるところに巣口がある 羽アリが出て来たのは写真の中央辺り

そこは、昨年のA巣の結婚飛行の際に、羽アリが出て来た3箇所の内の一つです。他の2箇所からは羽アリは出て来ていませんでした。
有翅女王アリは巣口から出て辺りを歩いていましたが、飛び立ちはしなかったようで、巣に戻る女王アリを見ました。やがて空がどんよりとしてきました。雨は降りそうにはありませんでしたが、羽アリも働きアリも巣口近くからいなくなりました。

羽アリも働きアリもいなくなった 16時16分撮影

昨年は、この同じA巣で初めて羽アリが出て来たのは、5月21日でしたが、その時は雄アリのみでした。5月26日になって、有翅女王アリが巣口から出て来ました。今日は有翅女王アリと雄アリが同時に出て来ていたのですが、ちょっとすると少し前に雄アリだけが出て来ていたのかも知れません。

巣口が近くの別の場所に

5月19日にR巣を発見したばかりですが、今日、その近くにも巣口があることを発見しました。花壇の西端に生えているキイチゴの木にクロオオアリが上っていましたので、蜜を与えて帰路を追ってみると、囲いのレンガの上を歩いて行き、R巣を通り越して、芝生の中に入って行きました。

花壇を囲むレンガを伝って歩いてきて、芝生の中に入ろうとしているクロオオアリ 17時3分撮影

同じことを5例で観察しました。いずれもこの新たな場所に戻り、R巣には戻りませんでした。この間、R巣の巣口を出入りするクロオオアリはいませんでした。
R巣とは80cm程しか離れていませんでした。

串で囲った中心に巣口がある 右がR巣 左が今回見つけた巣口のあるところ

この新たな巣口を出入りするクロオオアリのコロニーが、R巣のコロニーと同じなのかどうかを調べたいところでしたが、R巣を出入りするクロオオアリがいませんでしたので、調べることはできないままになりました。

花壇の全景

クリオオアブラムシを発見

昨年の10月22日以来、クリオオアブラムシを見ることができませんでしたが、今日、クリの木にクリオオアブラムシがいるのを見つけました。
最初にクリオオアブラムシを見つけたのは、西側にあるクリの木でした。

5月23日15時50分撮影
同上の写真

この小型のアリは、アミメアリのように見えます。
単独で木の幹を下って行くクリオオアブラムシもいました。

15時53撮影

東側のクリの木を見ると、こちらは、少なくとも7箇所にクリオオアブラムシがいました。

15時58分撮影
16時4分撮影
16時5分撮影
16時6分撮影

こちらの小型のアリは、シリアゲアリのようです。
ところで、クロオオアリはと言うと、東側のクリの木で1匹、西側のクリの木で少なくとも3匹見かけました。ただ、いずれも、クリオオアブラムシがいる場所では見かけませんでした。

新たにクロオオアリの巣を発見

今年新たにクロオオアリの2つのコロニーを移植した花壇には、2箇所蜜器を設置しています。そこにもクロオオアリが蜜を吸いに来ていましたが、その2箇所の蜜器の内、東側の蜜器に来ているクロオオアリについては、これまで幾度か帰路を追ってC巣のクロオオアリであることを確認していました。西側の蜜器については、クロオオアリが来ることが少なかったこともあり、帰路を追った確かな記憶がありませんでした。
今日その蜜器を見ると、複数のクロオオアリが来ていて、体格が小さかったこともあり、帰路を追ってみました。すると、C巣の方角にではなく、花壇の外の芝生の中を花壇の枠に沿うように歩いて行きました。更に後を追ってみると、花壇の枠から少し離れた芝生の中に潜って行きました。

写真右側が西側の蜜器 中央右に見える4本の串の中央に巣口がある

見かけた働きアリの体格が小さいことから、コロニーの規模が小さいと思われます。それにしても、このコロニーはどこから来たのでしょうか。
少なくとも、この箇所にクロオオアリを移植したことはありません。だとすると、別の場所から引越してきたのでしょうか。それにはいろんな可能性が考えられます。(庭の巣の位置参照
F巣(NESTCON02005)からの引越
E巣(SIMSMA01057)からの引越
Q巣(B16012)からの引越 など
何れにせよ、取り敢ずこの巣をR巣と呼ぶことにします。

BM19013のその後の様子

4月4日に庭に移植したBM19013(クロオオアリのコロニー)のその後の様子です。
4月19日に土を掘り起こして移植器の中の様子を観察しています。それ以後も、地上に働きアリが出ているところを見ることはありませんでした。今日(5月15日)で移植から40日ほど経ちますが、この間、移植器の中へ蜜を入れ与えてはいませんので、本当に働きアリが地上に出ていなければ、餓死しているかも知れません。今回も、土を掘り起こして、移植器の中の様子を見ました。

5月15日16時21分撮影
5月15日16時22分撮影

コロニーは生きていました。女王アリも元気なようです。
働きアリの腹部を見ると、適度に膨れている個体が多く見られました。新たに糖分をどこかで得ていたのでしょうか。あるいは、ただの水分なのでしょうか。
移植器の側面と底面には、径9mmの穴があるのですが、土が飼育器の中に運び込まれていることから、地中へ巣穴が掘られたことが分かります。
地上への唯一の出入り口であるシリコンパイプの先には、土粒が入っていました。

シリコンパイプの中に土粒がある

この巣の働きアリが巣口を塞ぐか、狭くしたのでしょうか。

B16012のその後の様子

4月5日に庭に移植したB16012(クロオオアリのコロニー)のその後の様子です。
4月19日のブログでは、アクリルパイプの巣口が埋まっていて、「ただ今日は、そのままにしておきました」と書きましたが、それ以後もこのアクリルパイプの巣口が開けられたところは見ませんでした。

アクリルパイプが埋まったままになっている 5月14日17時34分撮影

また、アクリルの透明な蓋越しに巣の中を見ても、働きアリの姿を確認することができませんでした。
そこで、蓋を開けてみました。

アクリルの蓋を開けてみた 17時42分撮影

クロオオアリの姿はありませんでした。

バナナの木と L巣のクロオオアリ

昨年の8月5日のブログで、バナナの木にクロオオアリがやって来ていたことに触れていますが、今年もバナナの木にクロオオアリが来ていました。

バナナの苞(ほう)の様子 葉(ほうよう)がめくれると中から花が現れる 滴のようなものが見える 5月14日撮影
滴を吸うクロオオアリ 5月14日17時16分撮影

苞の真下には、苞葉や花が落ちています。

苞葉や花

ふと気づくと、1匹のクロオオアリがこの場所の近くを歩いていました。

帰路についたと思われるクロオオアリ 17時23分撮影

小型で腹部が膨れているようです。歩いて行く方角から、C巣かL巣のクロオオアリなのかも知れません。更に後を追って行くと、L巣がある場所に近くなり、やがてL巣の辺りで芝生の中に潜って行きました。L巣からやって来ていたクロオオアリでした。
L巣と苞葉などが落ちていた場所との距離は3.3mありました。

手前中央の岩と岩との間辺りにL巣の巣口がある 後方中央の芝生の上に見えているのが苞葉

トゲアリの幼虫の様子 その後

3月20日のブログで、飼育しているトゲアリの幼虫の様子について触れていますが、その後について記録しておきます。
以下4コロニーともに、5月3日と5月14日の様子です。

T130921-09(最も大きなコロニー 2013年9月21日クロオオアリのコロニーに寄生開始)

5月3日撮影
5月14日撮影

T140906-03(2014年9月6日クロオオアリのコロニーに寄生開始)

5月3日撮影
5月14日撮影

T140906-40(2014年9月6日クロオオアリのコロニーに寄生開始)

5月3日撮影
5月14日撮影

T180919(2018年9月19日クロオオアリのコロニーに寄生開始)

5月3日撮影
5月14日撮影

5月3日には、いずれのコロニーでも繭は見当たりませんでしたが、5月14日にはT180919を除く3コロニーで繭が見られます。