蟻を庭に放つ その1

昨年の9月まで住んでいた家の庭にクロオオアリやムネアカオオアリのコロニーを移植?(適当な言葉がないため)したことについては、2011年7月のブログ等で詳しく触れていますが、いずれも移植に成功していません。移植が成功しなかったのは、検証できてはいませんが、庭に蜜源がほぼなかったことが原因だろうと考えています。
昨年の10月から住み始めた新居の庭には、毎年春にあちこちでカラスノエンドウが咲き乱れます。ですから、春一番の豊富な蜜源がこの庭にはあるのです。この新居の庭に蟻を移植すれば、今度は成功するかも知れません。
まずは飼育中の4つのコロニーを庭に移植することにしました。

クロオオアリ SIMSMA01057 2013/06/15採集

クロオオアリ SIMSMA01057 2013/06/15採集

クロオオアリ NESTCON02005 2013/06/17採集

クロオオアリ NESTCON02005 2013/06/17採集

ムネアカオオアリ NESTCON01029 2012/06/14採集

ムネアカオオアリ NESTCON01029 2012/06/14採集

ムネアカオオアリ NESTCON02010 2013/06/16採集

ムネアカオオアリ NESTCON02010 2013/06/16採集

これらは、採集からの飼育年数は長いのですが、家族の規模が小さいコロニーです。
移植の方法ですが、この人工巣のままコンクリートの上面の高さまで地中に埋めます。そうすることで、巣穴が地中に拡張され、家族の全部が人工巣から地中へと移転して、やがてはこの人工巣を地中から引き抜いてもよいようにします。そのために、〈人工巣から地中へ抜ける穴〉と、コンクリートの上部横にしばらくの間〈地上へ通じる穴〉を空けておきます。

地中へ抜ける穴と、地上へ通じる穴

地中へ抜ける穴(下)と、地上へ通じる穴(上)

これら4つのコロニーを元花壇の四隅に埋め込みました。

手前右:SIMSMA01057 手前左:NESTCON02005 奥手左:NESTCON01029 奥手右:NESTCON02010

手前右:SIMSMA01057 手前左:NESTCON02005 奥手左:NESTCON01029 奥手右:NESTCON02010

以下は同日のしばらく経った各コロニーの様子です。

SIMSMA01057 外部への出入り口等を塞ぐ(狭くする)ため、土を人工巣へと運び込んでいる

SIMSMA01057 外部への出入り口等を塞ぐ(狭くする)ため、土を人工巣へと運び込んでいる

NESTCON02005 

NESTCON02005 こちらも外部への出入り口等を塞ぐ(狭くする)ため、土を人工巣へと運び込んでいる

NEST

NESTCON01029

NESTCON02010

NESTCON02010

日射と雨を防ぐため、お皿をかぶせておきました。

ND4_9573

蟻を庭に放つ その1」への4件のフィードバック

  1. ピンバック: 庭にクロオオアリが定住 | anttech.jp

  2. ピンバック: anttech.jp

  3. ピンバック: 「移植」を試みる | anttech.jp

  4. ピンバック: 2年越しの「移植」組 | anttech.jp

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください