ルリアリのその後 まだ子育てが続いている

2013年5月17日にコロニーを採集したルリアリの家族は、2015年7月13日に気付いた時には、女王アリを失っていました(ブログ「ルリアリの女王アリの死」)。その時、多数の卵があったのですが、その卵がやっと大きな幼虫になったようです。

卵や蛹は見当たらない

卵や蛹は見当たらない

その間10か月が経過しています。蛹になって羽化するまでには更に時間が必要ですから、1年近くかけて成虫になることになります。ちなみに、卵が全くないのは、既に昨年女王アリが死んでいることを考えれば納得できることです。

よく見ると雄アリがいました。

ND4_0512

2匹か3匹ぐらいです。雄アリがいたことについては、昨年2015年の9月20日のブログ「ルリアリの家族に雄アリが」で取り上げています。その時の雄アリがまだいるのでしょう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください