岡山市内でトゲアリを発見

1966年8月14日、私が中学生の頃、岡山市内の矢坂山で、女王アリを含むトゲアリとクロオオアリが混在するコロニーを採集しています。そのころは、インターネットがなかったこともあり、トゲアリについての情報は少なく、まだ未記録のものだと考えて、トゲアリが一時的社会寄生をするのではないかという見解を、「昆虫と自然」誌10月号に投稿しています。
それから半世紀、2016年5月13日に、岡山市内の塚山公園で、トゲアリを見つけました。
この公園の北側斜面のあまり日射のない場所で、トゲアリの働きアリが歩道を横切って歩いていました。辺りを探したところ、2ヶ所巣になっているかもしれない木を見つけました。2ヶ所の場所は、近くでしたので、同じコロニーの可能性があります。

穴を出入りしていた

穴を出入りしていた

こちらは大きめの木で、クヌギのようだ

こちらは大きめの木で、クヌギのようだ

岡山市内でトゲアリを発見」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: トゲアリの引越先 | anttech.jp

コメントを残す