庭のクロオオアリがついに飛翔

5月27日午後3時45分ごろ、庭にあるクロオオアリのB巣を見ると、有翅雌アリが巣から出ているのに気づきました。

巣から出て葉の上にいた

巣から出て葉の上にいた

あたりを見ると、雄アリがたくさん巣から出ていました。

雄アリがたくさんいた 15時53分撮影

雄アリがたくさんいた 15時53分撮影

まだ飛び立つ様子がないので、塚山公園へクロオオアリの様子を見に行き、再び帰ってきて見ると、更にたくさんの羽アリが出ていました。

羽アリが増えていた 16時56分撮影

羽アリが増えていた 16時56分撮影

有翅雌アリもたくさん出ていました。

コンクリートブロックの上にも 17時35分撮影 

コンクリートブロックの上にも 17時35分撮影

この間、飛び立つ羽アリが増えていきました。

飛び立った直後の有翅雌アリ

飛び立った直後の有翅雌アリ 18時10分撮影

何者かに襲われた有翅女王アリを見つけました。頭部と翅の一部を失っています。地上で襲われたようです。小さなアリの餌食になっていました。

ND4_2020

午後6時を過ぎても結婚飛行は続いていましたが、さすがに7時過ぎには、羽アリが少なくなりました。

賑やかだった巣口周辺だが、この時には羽アリの姿がなかった 19時04分撮影

賑やかだった巣口周辺だが、この時には落ち着きを取り戻していた 19時04分撮影

とは言え、まだ外に出たままの女王アリがわずかにいました。

巣に戻るのでしょうか それともこれから飛び立つのでしょうか 19時04分撮影

巣に戻るのでしょうか それともこれから飛び立つのでしょうか 19時04分撮影

ところで、結婚飛行に飛び立った何匹もの新女王アリを目視で見送りましたが、かなり高いところまで上っていき、やがては見えなくなりました。風は緩やかに東へと吹いているようで、その影響なのか、心持ち東へと飛んでいく新女王アリが多いように感じました。
自宅の庭と自宅前の道や空き地を注意深く何回も探しましたが、翅を落として歩く新女王アリはいませんでした。かなり遠くへ飛んで行ったのかも知れません。新女王アリを採集することができなかったのは残念でしたが、自宅の庭で結婚飛行が観察できたのは幸運でした。
ところで、結婚飛行が行われたのは、B巣だけでした。A・C・D巣では羽アリは出ていませんでしたので、巣ができてから日が浅く、まだ羽アリが生まれていないのかも知れません。

この日に羽アリの全部が飛び立ったのではなさそうです。後日、再び同じ巣からの結婚飛行が見られそうです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください