ムネアカオオアリの巣がある所

ムネアカオオアリは、一般的には朽ち木等に営巣するとされています。

生きた朽ち木に営巣している大家族 結婚飛行直前の様子

生きた朽ち木に営巣している大家族 結婚飛行直前の様子

これも枯れていない木 巣口の穴が見える

これも枯れていない木 巣口の穴が見える

地中に埋もれかけている切り株 木は死んでいる

地中に埋もれかけている切り株 木は死んでいる

しかし、営巣できる朽ち木は限られていると考えられます。実際、木の中に巣がない場合もよく見かけます。下の写真の巣は、道路脇の割れ目に巣口があります。

割れ目に巣口がある

割れ目に巣口がある

先日の採集旅行の際に、ムネアカオオアリの巣を探す機会がありました。腹部をいっぱいに膨らませて歩いているムネアカオオアリの跡をつけてみました。

ND4_1592

たどり着いたのは、まだそんなに大きくなっていない木の麓で、重なった落ち葉の中の空洞に入って行きました。これは朽ち木の中とは言えない状況で、地中に巣があるように思えました。

落ち葉を取り払っています

落ち葉を取り去っています

他の巣も見つけました。今度は石の横に巣口があり、こちらも地中へと巣穴が延びているように思えました。

落ち葉で巣口が覆われている

落ち葉で巣口が覆われている

落ち葉を取り去ってみると

落ち葉を取り去ってみると

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください