新女王アリの最初に掘る巣穴を調べる(3)

上記タイトルについての前回のブログ(6月13日)から1か月半が経ちました。
本件での研究テーマである創巣期の巣穴については、結局のところ、新女王アリは巣穴を造らず、地上で子育てをしたために観察できませんでした。

人工巣の中では、危険を感じる場面がなく、落ち着ける環境だったのが、新女王アリが巣穴を掘らなかった主因だったのでしょう。大小どのようなコロニーでも言えることですが、空気が動かない閉じた環境の中では、子育てを安心してしています。今回の場合の創巣期の環境も同じだったと言えます。

B16013 働きアリが7匹になっている

B16013 働きアリが7匹になっている 7月28日撮影

B16015 蛾を解体している

B16015 蛾を解体している

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください