ミシマアリ やっと羽化

昨年の10月27日に庭で採集し、冬を越して今年の5月上旬に産卵を始めた種名不明の女王アリのコロニーに、8月1日、初めての働きアリが誕生しました。8月12日現在、働きアリが1匹、繭が1個、幼虫が3匹、卵が1個あります。

ND4_3566

8月12日撮影

この女王アリは、仮称「ミシマアリ」の女王アリによく似ていることが分かりましたので、以下、このミシマアリという名称を使います。
このミシマアリは、結婚飛行から産卵までに半年以上間があり、また、卵から羽化するまでに3か月を要しています。とても、子育てがゆっくりしています。

これが、この個体に例外的な特例なのか、この種の特性なのかは分かりません。

関連ブログ
2015年10月27日採集の種名不明の女王アリが産卵」2016年5月10日
仮称『ミシマアリ』のコロニーに女王アリがいた」2016年5月11日

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください