年周期を迎えるトゲアリの現状

今年も、トゲアリの女王アリが結婚飛行をする時期になりました。
科学的授業実践研究会では、現在13家族のトゲアリのコロニーを飼育しています。そのコロニーの様子をまとめてみます。

トゲアリの13のコロニー

トゲアリの13のコロニー(中央の棚)

記号の説明
TW:トゲアリの働きアリ BW:クロオオアリの働きアリ RW:ムネアカオオアリの働きアリ
TQ:トゲアリの女王アリ M:繭(蛹) Y:幼虫 T:卵
前後:⇅ 以上:↑ 以下:↓
(例)M3Y20⇅T有:M3個 Yは20前後 Tはいくつか有る MYT多:MもYもTも多い MY0T有:MとYは無い Tはいくつか有る

2013年寄生のコロニー
1. S/N:T130912-04
TW10 BW4 M2YT有 TQ左前脚不自由
2013年9月12日採集 2013/09/13:クロオオアリの巣SIMSMA01024(2012/06/14採集)に侵入

2014/02/28:TQ比較的腹膨らむ BW18 Y8
2014/06/19:Q1 BW10のみ
2014/07/05:2つのクロオオアリのコロニーの幼虫16匹と23匹、繭5個と4個を入れる
2014/09/01:トゲアリの働きアリは無 幼虫と卵が多数 繭と大きめの幼虫がいるが、クロオオアリの繭と幼虫と思われる
2015/06/02:トゲアリの働きアリは無 クロオオアリの働きアリはおよそ30匹 大きく育った幼虫が目立ち、卵もある
2015/07/17:TW5 他記録無
2015/11/14:TW10 BW13
2016/06/22:TW10 BW5 M0Y0T有

2. S/N:T130913-01-2Q
TW17⇅ RW60⇅ MYT0 2匹のトゲアリの女王アリが共存 ともに無傷
2013年9月13日採集 2013/09/13:ムネアカオオアリの巣NESTCON01025(本巣 RQ有 2012/06/14採集)に侵入

2014/09/01:TW0 小さな幼虫が多数
2015/06/02:TW20⇅ RW多 M10数個Y有T0 繁栄している
2015/09/04:※TW既死? T15082806を入れる R15070のM1Y23を入れる (※この時はTWが見当たらないので死んだと思っていたが、実は死んでいなかった)
2015/09/05:M1が見当たらない Yはいくつもあり、全トゲアリが回りに寄り添っている
2015/11/14:TW多 RW多
2016/06/22:Q2 TW多 RW多 M0YT有

3. S/N:T130913-04
TW23 MYT多 Q無傷
2013年9月13日採集 2013/09/13:ムネアカオオアリの巣SIMSMA01028(容器は拡張蓋 RQの死体有り 2012/06/14採集)に侵入

2014/02/28:RW21Y0
2014/09/01:TW30⇅ Y多
2015/06/02:TW30⇅(死体1) RW7 MYT0 トゲアリの働きアリの数を見る限りでは繁栄していると言えるが、この時期に幼生虫がいないのは意外
2015/09/19:トゲアリだけのコロニー MY有
2015/11/14:TW30 RW1
2016/06/22:TW19 RW0 M10Y有T0?

4. S/N:T130921-09
TW40〜50 MYT多 Q無傷
2013年9月21日採集 2013/10/03:クロオオアリの巣NESTCON01030(本巣 2011/06/08採集)に侵入

2014/09/01:TW12 YT多 女王アリと働きアリが天井にぶら下がって卵や幼虫を抱えている
2015/06/02:TW20↓ BW6 蛹が5個ありますが、いずれも繭を作っていない 昨年の9月の蛹には全て繭があった
2015/11/14:TW20 BW0
2016/06/22:TW24 BW0 MYT有

5. S/N:T130924-15+T14
TW40⇅ BW10 M7Y3T4? Q左右前脚爪無 左中脚転節以下無 左後脚爪無
2013年9月24日採集 2013/10/03:クロオオアリの巣NESTCON01001(本巣 2011/06/08採集)に侵入

2014/09/01:TW11 たくさんの卵や孵化したばかりの幼虫がいる
2015/06/02:TW11 BW30⇅ M1YT少
2015/11/14:TW5 BW14
2016/06/22:T130924-15(2013/10/03寄生)のTQ1TW2BW15M0Y0T有とT140902-01のTQ無(2015/09/20既死)TW27BW0M多Y有T0を合併

2014年寄生のコロニー
6. S/N:T140906-03
TW30⇅ RW9 MYT多 Q右中脚・後脚基節以下無
2014年9月6日採集 2014/09/10:ムネアカオオアリの巣NESTCON01027(2012/06/14採集)に侵入

2014/11/30:RW100⇅ RY2
2015/06/01: M4Y大きめ10↑T多(これらの幼生虫はほとんどがトゲアリの幼生虫) 繁栄しそう
2015/07/02:TW4
2015/07/10:TW11
2015/07/17:TW 13
2015/11/14:TW10匹ちょっと RW9
2016/06/22:TW13RW10M0YT有

7. S/N:T140906-21
TW24 M0Y1T3 Q左前脚付節以下無
2014年9月6日採集 2014/09/11:ムネアカオオアリの巣ANTECB02003(2013/06/05採集 Q健在)に侵入

2014/11/30:RW36 RY2
2015/06/01: 幼生虫はほとんどが幼虫 2匹ほど繭を作りかけている これらの幼虫のほとんどがトゲアリの幼虫
2015/07/17:TW3
2015/07/26:TW5
2015/11/14:TW20 RW10 (女王アリ右触角柄節のみ)
2016/06/22:TW20RW5M有Y0T有

8. S/N:T140906-39
TW11 BW5 M1YT多 Q無傷
2014年9月6日採集 2014/09/11:クロオオアリの巣NESTCON01022(2012/06/14採集 Q健在)に侵入

2014/11/30:BW150 BY0
2015/06/01: 卵と小さな幼虫が多数(これらの幼虫は全てトゲアリの幼虫)
2015/07/10:TW0
2015/07/17: TW1
2015/11/14:TW17 BW9
2016/06/22:TW15BW6M0YT有

9. S/N:T140906-40
TWとても多い BW15 Q傷 確かめられない
2014年9月6日採集 2014/09/11:クロオオアリの巣NESTCON01024(2012/06/14採集 Q健在)に侵入

2014/11/30:BW150 BY多
2015/06/01: M16Y0T多 11月30日の時点で、クロオオアリの幼虫が多数いたので、16個の繭はクロオオアリではないかと思われる このトゲアリの女王アリは、最近になって産卵するようになったと考えれば、卵と蛹の間の幼虫がいないことが説明できる
2015/07/10:TW0
2015/07/17:TW0
2015/11/14:TW多数 BW多数
2016/06/22:TW23BW31MYT多

S/N:T140906-40

S/N:T140906-40

10. S/N:T140908-26
TW23⇅ BW7 M2Y多T0 Q無傷
2014年9月8日採集 2014/09/14:クロオオアリの巣SIMSMA01079(2012/06/14採集 Q冷凍死死体有り)に侵入

2014/11/30:BW25 BY7
2015/06/01: 1匹の大きな幼虫とまだ小さな十数匹の幼虫がいる 11月30日には7匹の幼虫がいたので、大きな幼虫がクロオオアリなのかも知れない
2015/07/17:TW 0
2015/07/26:TW0
2015/11/14:TW0 BW3 (幼生虫無)
2016/05/10:TQのみ生 T140903-01(TQ無 TW14BW18S1YT有 2014/09/04NESTCON01005に寄生)とT140908-27(TQ無 BW1TW2 2014/09/14SIMSMA01047に寄生)と合併

2015年寄生コロニー
11. S/N:T150828-03
TW2 RW40〜50 M12Y多T0 Q無傷
2015年8月28日採集 2015/09/04:ムネアカオオアリの巣R15051(2015年5月27日採集)に侵入

2015/11/14:TW0 RW20 (幼生虫有)
2016/06/22:TW0 BW40 M1YT有
2016/08/22:TW0 羽化介助できない?

12. S/N:T150920-03
TW数えきれないほど多数 BW50⇅ MYT数えきれないほど多数 Q傷 確かめられない
2015年9月20日採集 2015/09/20:クロオオアリの巣NESTCON01010(2011年6月08日採集)に侵入

2015/11/14:TW0 BW多
2016/06/22:TW0 BW多  MY多T有

nd4_3735

S/N:T150920-03

13. S/N:T150920-05
 TW0 BW17 RW5 M2YT有 右触角鞭節先端無
2015年9月20日採集 2015/09/20:クロオオアリの巣NESTCON01021(2012年6月14日)に侵入

2015/11/14:TW0 BW多数
2016/06/22:TW0 BW21 MY無T多
2016/07/09:R15-10RのRM10を加える

年周期を迎えるトゲアリの現状」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 「羽化介助できない?」 トゲアリ | anttech.jp

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください