玄関近くに蜜器を置く

前日に蜜器に集まっていたオオズアリは、蜜器を玄関前の洗い場の水切りの上に置いておくと、一晩の内にいなくなっていました。

10日の午後3時半過ぎに、1匹のクロオオアリが玄関前の芝生の中を歩いているのを見つけました。そこで、このアリを捕らえ、見つけた場所に蜜器を設置し、蜜を見つけさせました。

15時46分撮影

人為的に蜜を見つけさせた 15時46分撮影

やがて蜜をいっぱい吸うと、帰り始めました。このアリはいったいどこの巣のアリなのでしょうか。後をつけてみました。するとC巣(「庭のクロオオアリの巣の位置図」を参照)に戻りました。しばらくして、同じこの個体と思われるクロオオアリが巣から出てきて、蜜器まで戻ってきました。

再び蜜器に戻ってきたクロオオアリ

再び蜜器に戻ってきて蜜を吸い始めたクロオオアリ 16時10分撮影

蜜器から巣までの距離はかなりありそうです。測って見ると歩行距離は17m強でした。往復すれば34m強になります。三度戻ってくるところまでは観察して、この日の観察は終えました。

翌日10月11日、朝の7時半頃見ると、4匹が蜜器に集まっていました。前日の1匹が仲間を呼び寄せたようです。

午前7時28分撮影

午前7時28分撮影

更に9時ごろには、もっとたくさん集まっていました。

午前8時59分撮影

午前8時59分撮影

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください