庭で7番目になるクロオオアリの巣を発見

高速道路」の脇に設置した蜜器へ通うクロオオアリは、溝の上面のコンクリートの上を歩いていますが、溝の底を歩いているクロオオアリがいました。腹部は十分に膨れていて、蜜を吸っての帰りのようです。少し不審に思い、後を追ってみると、溝の底面と側面との境の穴の中に入っていきました。

溝の底面と側面の境目のすき間に巣の出入り口があるようだ

溝の底面と側面の境目のすき間に巣の出入り口があるようだ

まもなく、もう一匹が溝の底を歩いて近づいてきました。このアリも先ほどと同じ箇所で姿を消しました。確かにそこはアリの巣の出入り口です。
この場所はD巣に近く、D巣である可能性がありますが、別のコロニーの巣の可能性もあります。そこで、取り敢ずこの巣をG巣と名付けることにします。この巣は庭の7番目に発見した巣になります。
このG巣から出てきたアリの後を追うと、「高速道路」の脇に設置した蜜器へ行きました。この蜜器には既にB巣のクロオオアリが来ていましたから、喧嘩になると考えられますが意外にも喧嘩は起こっていませんでした。花壇脇の蜜器では喧嘩が起こっていたことを考えると、とても不思議な感じです。

下の図は、庭のクロオオアリの7つの巣の位置図です。

%e4%bd%8d%e7%bd%ae20161012

庭で7番目になるクロオオアリの巣を発見」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 庭のB巣C巣D巣が別のコロニーか調べる | anttech.jp

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください