クロオオアリが出てきた

昨年は、4月5日に自宅の庭で初めてクロオオアリの姿を見ていますが、3月30日から4月5日までは在宅していませんでしたので、クロオオアリが地上に出てきた最初の日を特定できませんでした(昨年のブログ「クロオオアリが出てきた」参照)。そこで、今年こそは、自宅の庭で、クロオオアリが初めて地上に姿を現す日を見逃さないようにしようと考えていましたが、どうやら今日がその日であったようです。
2日前の24日、昨年から庭の一画に作っていたカラスノエンドウの2ヶ所の保護区(「カラスノエンドウの保護区を作る」参照)では、極く一部につぼみが見られ、アブラムシがついていました。しかし、まだクロオオアリが地上に出てくるには、早いように思われました。

カラスノエンドウのつぼみとアブラムシ 3月24日撮影

もう一ヶ所の保護区にはまだつぼみもついていない 3月24日撮影

ところが、今日の2時過ぎにふとクロオオアリの姿が目に入りました。1匹のクロオオアリが例の「高速道路」(「クロオオアリの行動範囲とアリの「高速道路」」参照)のつなぎ目を歩いていました。動きが少し鈍いようです。

今年庭で初めて見つけたクロオオアリ

すぐにもう一匹も見つけました。いずれも腹部が膨れていて、どこかで蜜を吸ったようです。2匹共に帰路についているようなのですが、道に迷っている様子でした。やがて、2匹が出会う場面もありました。

同じ巣のアリらしい

おそらくこの2匹は、庭で一番大きな巣と思われるB巣のクロオオアリだろうと思いました。そこでそれを確かめるために、しばらく動きを見ていましたが、やはり帰り道に迷っているようで、途中で観察を諦め別のことをすることにしました。
昨年していたように、蜜器に蜜を入れ、B巣の近くの境界杭に設置しました。

蜜器と境界杭

辺りにはクロオオアリはいないようでしたが、しばらくして、1匹のクロオオアリが蜜を吸っていました。

気づくと1匹のクロオオアリがやって来ていた

辺りを見ると今度は2匹ほど地上を歩いているクロオオアリを見つけました。その内の一匹は、ほぼまっすぐに蜜器に向かっています。そして境界杭を登って蜜にたどり着きました。

2匹目が境界杭を登っていくところ

昨年と同じ場所に蜜器を置いたのですから、昨年のことをこの2匹目のアリは覚えていて、探索してたどり着いたのかもしれないとは思いましたが、そうとは断定できないようです。3匹目もこの蜜器にたどり着きましたが、このアリの場合は、たまたま偶然のようでしたので、これまでの3匹ともに偶然蜜を見つけたと考える方がよいでしょう。

3匹目も蜜器にやってきた

やがて最初に訪れた普通の大きさの1匹目と少し大きめの2匹目が順次巣へと帰り始めました。

普通の大きさの1匹目

少し大きめの2匹目

1匹目と2匹目は共に西方向に、しかし別の場所へ歩いていきました。ところが2匹を同時に目で追っているうちに途中で見失ってしまいました。どこかに巣口があったのでしょうか。
ともかく巣口は見つかるはずです。やがて先ほどのアリが、仲間を何匹も引き連れて巣口から出てきて、蜜場へと向かうはずです。その出てくる辺りを見つければ、巣口が分かるでしょう。
案の定、2匹の内、上方で見失った辺りに何匹かアリが連なるように出てきました。

巣口から出てきたばかりのアリたち

これで、上方の巣口の場所が分かりました。コンクリートブロックのすぐ横でした。

巣口はこのコンクリートブロックの右下

先頭のアリは、少し大きめだったアリのようです。数歩歩いては腹部を曲げて道しるべを付けていました。ほんの少しして、また別の一群を見つけました。やはり上方から下りてきます。下方で見失った場所からは離れていて、一群が下っているのです。先頭のアリを見ると、普通の大きさのアリでした。この先頭のアリも、数歩歩いては腹部を曲げて道しるべを付けています。

普通の大きさのアリが先導している 写真は腹部を曲げて道しるべを付ける瞬間

この普通の大きさのアリは、確か西方向の下方で姿を消したはずなのに、上方から出てきたかに見えます。とても意外でした。
下方のもう一方の巣口の場所も、アリが出入りしているところをたまたま見かけて分かりました。上方の巣口とは、およそ60cm離れていました。

巣口が2つ見える

これら西方の2つの巣口の内、下の方は昨年もほぼ同じ場所に巣口があったかどうかは定かではありませんが、上方の方は昨年はそこにはなかった巣口です。これまでの経験からも、巣口の位置は、同じ巣であっても変わることが分かっています。年を越せば、なおさらのようです。この上方・下方の2つの巣口は、同じコロニーのB巣の巣口です。
さて、上方からやって来た2つの群れが蜜場に着いて、蜜器が賑やかになってきました。

15時34分撮影

ちなみに、今日の午後2時から3時ごろの気温は、庭に設置しているデジタル温度計で、16℃〜17℃でした。体感的に言っても、確かにこの日は今年になってこれまでになく温かい日でした。

5時前には、更に多くのクロオオアリが蜜器に集まっていました。

16時52分の蜜器の様子

クロオオアリが出てきた」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: クロオオアリが出てきた 2018年春 | anttech.jp

コメントを残す