小型種の女王アリを採集

今日4月16日は、全国的に今年の最高気温を記録したところが多く、岡山県の南部でも今年の最高気温を記録しました。25°を越えました。
午後3時頃、庭で除草をしていて女王アリらしいアリが地面を歩いているのを見つけました。また、その15分程後にも同じ種の女王アリらしいアリを見つけました。どちらも採集し、カット綿を敷いた小型ケースに入れました。カット綿は湿らせています。
下の写真は、体長を測るためのスケールボックスに入れて、実体顕微鏡で撮影したものです。

小型種の女王アリ 翅を落とした痕が見られる

同心円は0.5mm毎になっています。太い赤線は半径が5mm間隔です。体長は約9.5mmであることが分かります。
この女王アリはおそらくトビイロシワアリだろうと思います。「アリハンドブック」(文一総合出版)によると、この種は7月に結婚飛行をするようです。

小型種の女王アリを採集」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: 初めての冬を迎えたクロナガアリの家族 | anttech.jp

  2. ピンバック: クロナガアリの女王アリを採集 | anttech.jp

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください