何者かに襲われたクロオオアリの巣

昨日のブログ「いよいよ結婚飛行の季節」で取り上げたクロオオアリのB巣が何者かに襲われたようです。朝、庭を見ていて気づきました。

B巣の出入り口が荒らされていた 下の昨日の写真と見比べるとよく分かる 8時1分撮影

昨日の同じ場所の写真 5月11日13時33分撮影

この近くの他の巣穴も荒らされているようです。いったい何者の仕業なのでしょうか。
確言はできませんが、掘り起こされた穴の様子から大きめの鳥のように思えます。おそらくカラスなのでしょう。この様子を発見する直前に、2羽のカラスが、少し離れたところからでしたが飛び立ちました。B巣の近くのイチゴの実がもぎ取られてもいました。

夕刻になって、更にC巣にも異変があることに気づきました。

c巣の様子 2ヶ所大きく掘られている 17時20分撮影

上の写真の左右の2ヶ所が掘られていました。やはり、くちばしのようなもので掘られたように見えます。こちらもカラスの仕業なのでしょうか。

カラスがクロオオアリの巣を襲ったのだとすれば、これは初耳です。巣を襲えば、巣の中からクロオオアリがたくさん出てくるでしょうから、効率的にアリを食べることもできるでしょう。2ヶ所のアリの巣を襲ったのが、いずれもカラスだとすれば、カラスのこれらの行為は、単なるいたずらか、アリを食べることが目的の行為であったのではないかと思われます。カラスには、そのような習性があるのかも知れません。

何者かに襲われたクロオオアリの巣」への2件のフィードバック

  1. 匿名

    はじめまして。我家の近くの小さな古墳にもクロオオアリがたくさん棲んでいたのですが、カラスが巣を作ってからはまったくいなくなってしまいました。巣があった切り株などもかなり荒らされているので、カラスはアリを食べているのではないかと思いました。それか、もしかしたら蟻浴が目的かもしれません。

    返信
  2. ピンバック: 2018 移植の試み | anttech.jp

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください