新女王アリに餌を与えると

結婚飛行を終えたクロオオアリの新女王アリは、単独で子育てをします。その際、幼虫を育てる養分は、外部から得ることなく、自身の体の中の養分を使います。そのため養分が限られ、最初に生まれてくる働きアリは、体格がとても小さくなります。

ところで、もしも、この最初の子育てをしている期間に糖分等の餌を与えると、子育てはどのように変わるのでしょうか。幼生虫の数が増え、また成虫も体格が大きくなるのでしょうか。

6月20日、クロオオアリの新女王アリ40個体を20個体ずつのグループに分け、餌を与えることにしました。

A:メープルシロップまたはグラニュー糖を与える
20個体の幼虫の総計:30匹(平均1.5匹)

B:メープルシロップまたはグラニュー糖とシルクパウダーを与える
20個体の幼虫の総計:37匹(平均1.85匹)

翌日の21日に餌を与えました。その際、餌を飲んだのを確認できたのは、Aグループで6個体、Bグループで2個体に過ぎませんでしたが、観察していない時に餌を飲んだ可能性はあります。

それから1ヶ月後の7月31日、その結果をまとめてみると……

Aグループ
6匹死亡(死亡率30%) 死亡時幼生虫無しを確認:4コロニー
成虫無し7コロニー 成虫有りの匹数:各2・2・3・8・9・10・11匹
生存コロニーの成虫の平均匹数:2.25匹

Bグループ
13匹死亡(死亡率65%) 死亡時幼生虫無しを確認:6コロニー
成虫無し7コロニー 成虫有りは無し
生存コロニーの成虫の平均匹数:0匹

上記の死亡率と成虫の平均匹数を以下の数値と比べると……

A・Bグルーブと同じ日(5月30日)・同じ場所(同じ市内の3ヶ所)で採集したクロオオアリの女王アリ158匹の7月31日のデータ
死亡率13%
生存コロニーの成虫の平均匹数:7匹

明らかに有意差が見られます。つまり、幼虫が1〜2匹程度の時点で、蜜やシルクパウダーを与えると死亡率・子育て成功率(成虫の数)ともに悪化することが分かります。とりわけ、たんぱく質が含まれているシルクパウダーを与えてしまうと、極端に子育てができなくなります。
Bグルーブの死亡率が高いことについては、シルクパウダー入りの蜜を食べたかどうかが分からないので、それを原因だと断定することはできません。Aグループに蜜を与えた時もそうでしたが、Bグループでも餌を与えて暫くの日数、そのままにしていました。その間に、餌が毛細管現象で脱脂綿へと移り、Bグループでは脱脂綿が緑色に変色した場合がありました。これが独特の匂いを持つまでになっていて、死因の原因になったとも考えられます。与えた餌は翌日には撤去すべきでした。

以上の結果から、自然の理に反して、創巣期のクロオオアリの新女王アリに餌を与えることは、害にこそなれ、益にはならないと言う結論が出るわけですが、どのような実験をしたにせよ、諸条件(餌を与える時期や餌の与え方等)をかなり限定しているわけですから、一般論として述べることは避けたいと思います。

新女王アリに餌を与えると」への1件のフィードバック

  1. A.K

    新女王単独の時期はただ安静にして見守るだけしか出来ないので飼育者としては何かしてあげたくなりますが、それがかえって裏目に出てしまうという結果。自然は本当に上手く出来ていることを考えさせられる考察です。

    返信

コメントを残す