もう子育てが始まっています

冬の間、書斎に置いていた3度目の春を迎えるクロオオアリの家族の人工巣では、もう蛹が多く見られるようになっていました。

ND4_6284

2010年6月採集のクロオオアリの家族 写真には写っていないが卵もある

秋に幼虫になっていた命が、そのまま冬を越して蛹になったと考えられます。繭の大きさは小さめですから、小さい働きアリになりそうです。秋の終わりからはタンパク源になるものは与えていませんが、それでも成虫になることがわかります。

簡易小型飼育器アンテキューブで飼育している、昨年採集のクロオオアリやムネアカオオアリの家族にも、変化が見られます。これらの簡易小型飼育器は、冬の途中から屋根裏の部屋に置いていましたから、気温は低めでした。昨年の秋に記述しましたように、ムネアカオオアリの方が幼虫の数が多かったのですが、下の写真のようにたくさんの幼虫が育ち始めています。

ND4_6323

2012年6月採集のムネアカオオアリの家族

こちらの女王アリは、新たに卵を産んでいます。

ND4_6321

 

下方には幼虫が見えますが、黄色く見えるものは何なのでしょうか。他の家族でも、同じようなものが見えます。拡大してみると、

ND4_6315

 

この黄色いものは、死んだ幼虫のようです。冬の間に死んでしまったのでしょう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください