クロオオアリに受け入れられたムネアカオオアリ

今年3月28日のブログ「クロオオアリの同種間共存(1)」で触れた共存コロニーのその後ですが、4月5日に、S/N: B15053+Rからクロオオアリの働きアリを7匹(+Rとありますが、既にムネアカオオアリはいません)を加えました。この時も 喧嘩なく、受け入れられました。また、4月14日には、S/N:BH17022のクロオオアリの働きアリ7匹と幼虫3匹を加えました。
そして本日5月1日に、S/N:B130605+R(旧名B131015)のクロオオアリの働きアリ6匹とムネアカオオアリの働きアリ1匹を加えました。注目すべきは、このムネアカオオアリの働きアリ1匹です。そもそもこのB130605+Rは、昨年の3月14日にクロオオアリの女王アリが死んでからもムネアカオオアリと共存していたコロニーです。(詳しくは「異種間で共生するクロオオアリとムネアカオオアリ」を参照)果たして、クロオオアリだけでできあがっている共存コロニーの中へ、これまでクロオオアリと共存していたとは言え、ムネアカオオアリが入っていけるものなのでしょうか。

クロオオアリの共存コロニーに受け入れられたムネアカオオアリ 5月1日撮影

結果は、ムネアカオオアリの働きアリ1匹も、クロオオアリの働きアリ6匹と同様に、このコロニーに受け入れられました。

 

コメントを残す