J巣 クロオオアリの巣

5月8日のブログ「女王アリが出てきた」で、庭に20cm四方の大きさのトラバーチンという岩石を踏み石として敷いたことを書きましたが、5月21日、更に別の場所にも敷石を敷きました。同じ大きさのトラバーチンで、色は桃色です。

敷石を敷いているところ

ところで、最後の敷石を敷こうと敷石の形に地面をカットしていると、クロオオアリを3匹ほど見かけました。この辺りではクロオオアリが地面を歩いていることがあるので、危害を加えないように気をつけながら作業をしていましたが、狭い範囲にクロオオアリが3匹もいるのは意外な感じでした。そう思っていると、敷石の形にカットした地面に穴があることに気づきました。それがクロオオアリの巣穴のようです。
穴の中を覗いて見ると、確かにクロオオアリがいました。これ以上外へ出てこないように小石で穴を塞ぎました。そうしておいて、辺りを歩いている3匹のクロオオアリをフィルムケースを使って捕らえて、そのフィルムケースの蓋を開けて、小石を外してその穴に被せました。3匹のクロオオアリは巣穴の中に入っていきました。敷石敷きの作業は、中断しておきました。
次の日、巣穴の場所を見ると、巣穴から土を運びだすクロオオアリがいました。どうやら1匹で作業をしているようでした。

1匹の働きアリが巣穴から土を運び出したところ 中央上辺りに巣穴が見える 5月22日10時31分撮影

この巣の位置は、B巣の斜面上方2〜3mの場所です。ですから、この巣口はB巣の別の巣口とも考えられますが、確かめはしませんでした。もし、そうではなくて、別のコロニーの巣ならば、新発見となります。今のところこの巣をJ巣と名付けることにします。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください