雄アリが飛び立った

5月29日と30日は、再び蒜山高原へクロオオアリとムネアカオオアリの新女王アリを採集しに出かけていましたが、1匹も採集できませんでした。
まだコロニーの規模が小さい場合は、羽アリは生まれていません。ですから、羽アリが巣口から現れない巣もあるのですが、どの巣口からも、2日とも午後になっても、羽アリは出て来ませんでした。

5月25日のブログ「2019 蒜山高原」で取り上げたクロオオアリの巣口 5月29日15時40分撮影
羽アリの姿はない 5月30日14時50分撮影

まだ、結婚飛行の時期ではないのでしょうか。そうだとすると、昨年の5月15日、一昨年の5月20日前後とはかなり遅くなっています。

さて、自宅の庭のA巣ですが、5月26日になって初めて有翅女王アリが巣口から出てきたことは既にブログで書きましたが、27日以後を振り返っておきます。

27日の岡山市の天気(但し観測地点は同じ岡山市でも自宅とは9.98km北東にあります)は、
 最高気温(℃)  27.3 (10:40)   最低気温(℃) 17.7 (05:30)
 積算降水量(mm) 0.0       最大風速(m/s) 5.1 (09:20)  積算日照時間(時) 2.2
気温は高めで雨は降りませんでしたが、日照時間から分かるように曇の日でした。この日は終日、巣口に羽アリは出てきませんでした。

28日の岡山市の天気は、
 最高気温(℃)  20.9 (12:50)   最低気温(℃) 15.7 (24:00)
 積算降水量(mm) 6.5       最大風速(m/s) 6.4 (16:50)  積算日照時間(時) 0.0
気温は低めで、降水量や日照時間から分かるように雨の日でした。この日も終日、巣口に羽アリは出てきませんでした。

29日の岡山市の天気は、
 最高気温(℃)  26.3 (17:20)   最低気温(℃) 13.2 (05:30)
 積算降水量(mm) 0.0       最大風速(m/s) 7.0 (17:50)  積算日照時間(時) 7.2
日照時間が長い割には最高気温が26.3℃止まりでした。この日、蒜山高原へ出かけたのですが、13時前に出発しました。出発直前にA巣の様子を見ましたが、巣口に羽アリの姿はありませんでした。おそらくこの日も結婚飛行は行われなかったと思われます。

30日の岡山市の天気は、
 最高気温(℃)  27.6 (14:20)   最低気温(℃) 12.3 (04:20)
 積算降水量(mm) 0.0       最大風速(m/s) 4.9 (15:40)  積算日照時間(時) 12.3
気温は高めで日照時間から分かるように終日晴でした。蒜山高原にいましたが、15時頃、A巣の様子をビデオ通話で見たところ、巣口に羽アリが出ていないようでした。

31日の岡山市の天気は、
 最高気温(℃)  22.6 (11:00)   最低気温(℃) 17.8 (23:00)
 積算降水量(mm) 0.0       最大風速(m/s) 6.2 (12:00)  積算日照時間(時) 0.1
気温は低めで、日照時間から分かるように曇の日で、降水量は0ですが小雨が時々降りました。この日も終日、巣口に羽アリは出てきませんでした。

そして今日6月1日の天気は、
 最高気温(℃)  28.3 (14:40)   最低気温(℃) 15.1 (05:10)
 積算降水量(mm) 0.0       最大風速(m/s) 6.6 (17:00)  積算日照時間(時) 11.7
気温が28℃を越え、日照時間も長くなりました。

13時半頃にA巣を見に行くと、巣口の中に有翅女王アリが見えました。

巣口から外を窺う有翅女王アリ 13時28分撮影

今日は、巣口から羽アリが出てきそうです。それから1時間ほどして再びA巣の様子を見に行くと、これまでになくたくさんの雄アリと働きアリが巣口から出ていました。

14時35分撮影

更に16時頃になると、明らかにこれまでになくたくさんの羽アリが出ていました。

15時57分撮影
同じA巣の別の巣口 15時58分撮影

そこで、16時11分からビデオで巣口の様子を記録することにしました。

16時11分から4分間のビデオ

ビデオの説明
0分12秒 女王アリAの頭部が見え始める
0分36秒 雄アリAが1匹飛び立つ
1分03秒 雄アリBが1匹飛び立つ
1分29秒 女王アリAの全身が見える
1分47秒 女王アリBの頭部が見え始める
1分56秒 女王アリBの全身が見える
1分58秒 女王アリCの頭部が見える
2分01秒 女王アリDの頭部が見える
2分07秒 この前後、4匹の女王アリが同時に映る
2分13秒 女王アリAが巣の中に入る
2分13秒 女王アリCがいったん消える
2分22秒 女王アリCの頭部が見える
2分31秒 女王アリDが巣の中に入る
2分32秒 女王アリBが巣の中に入る
2分40秒 女王アリCの全身が見える
2分56秒 女王アリEの頭部が見え始める EはABCDのいずれかまたは別か特定できない
3分01秒 女王アリCが巣の中に入る
3分15秒 女王アリEが巣の中に入る
以後4分経過まで女王アリは出てこない

このビデオを撮影した僅かの期間が、ちょうど運良く、この日最も盛んな結婚飛行の予兆の時間だったように思います。この日の観察の限りでは、雄アリが僅かですが2匹飛行し、有翅女王アリは4匹確認できました。

それから1時間も経たない17時前から、もうすっかり結婚飛行の予兆はなくなっていました。

16時59分撮影
17時00分撮影

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください