B15099を移植 1日目

8月23日、クロオオアリのコロニー(S/N:B15099)を庭に移植しました。B15099は、2015年5月27日に新女王アリを長野県で採集したコロニーです。長期に渡ってカップ型コンクリート人工巣で飼育し、後に、コンクリート人工巣をそのまま、グッピー水槽に入れて飼育していました。
B15099は、大家族になっていて、グッピー水槽では飼育しにくくなっていました。また、移植後、大家族ほど生存率が高くなると考え、このコロニーを移植することにしたのです。(ただ、迷いもありました。というのは、2015年採集のコロニーが2つしか残っていなかったからです。また、大家族だからこそ、飼育を続ければ、羽アリが生まれるところを観察できるかもしれないと思えたからです。)
今回もミツバチの巣箱を使って移植をしました。

ミツバチの巣箱にグッピー水槽をそのまま入れたところ 蓋を一部開け、水槽から出入りしやすいように板を入れている 写ってはいないが箱の右手前には蜜を与えておいた 11時57分撮影
移植場所の環境

グッピー水槽の蓋の一部を開けたとは言え、出入り口が大きく空いたので、すぐにたくさんの働きアリが巣箱から出てきました。1時間半もすると、随分離れた場所(直線距離で4.7m離れている A地点と呼ぶ)で巣作りが始まっていました。

A地点での巣作り 13時32分撮影

それから半時間もすると、更にたくさんの働きアリが同じ場所で巣作りをしていました。

14時01分撮影
赤○が巣作りが始まっていたA地点(巣箱から直線距離で4.7m離れている)

A地点への主な通路は花壇の真砂土の上でした。

真砂土の上を盛んに行き来する働きアリ(赤○) 16時56分撮影

花壇の真砂土の上を行き来する働きアリの全てが、A地点を訪れていたわけではないのですが、それでもたくさんの働きアリがA地点の巣作りを手伝っていました。ただ、手ぶらでやって来て、手ぶらで帰っていました。まだ、幼生虫などを運んではいませんでした。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください