B15099を移植 3日目

8月25日の早朝のA地点での巣作りの様子です。

A地点 掘り出した土がかなりの量になっている 6時27分撮影

ふと、繭を運んでいるクロオオアリを見つけました。追ってみるとB地点に運んで行きました。

どこからか繭を運んでいた 6時28分撮影
B地点に運んで行った 6時29分撮影

ミツバチの箱を見ると、幼虫らしきものを運んでいる働きアリがいました。どうやら、既に引越が始まっていたようです。

幼虫らしきものを咥えて移動している ちなみに小型のアリはアミメアリ 巣箱の中の蜜に集まってきていた 蜜器は取り除いた 6時31分撮影

ミツバチの巣箱の中を覗いて見ると、クロオオアリが少なくなっていました。ただ、水槽をミツバチの巣箱から取り出さなかったため、巣の全体は見ませんでした。女王アリがいるのかどうかは確認していません。

グッピー水槽の中のクロオオアリが少なくなっていた 6時45分撮影

B地点の巣作りも進んでいました。

B地点 掘り出された土が増えていた 7時04分撮影

先程は、繭がB地点に運び込まれていましたが、今度はそのB地点から繭を運び出したクロオオアリがいました。

B地点から繭を運び出したクロオオアリ 7時13分撮影

後を追ってみると、ミツバチの巣箱の近くの岩の下の芝生の中に入って行きました。

写真中央辺りの芝生の中に入って行った 7時16分撮影

しばらく見ていると、同じ場所で芝生の中に入って行くクロオオアリが数匹いました。ここでも巣作りをしているようです。ミツバチの巣箱から僅かに60cm強しか離れていません。芝生を刈ってみました。

芝生を刈ったところ 7時26分撮影

この巣作りの地点をC地点と呼ぶことにします。
8時半頃に、今度はこのC地点から繭を運び出すクロオオアリがいました。

C地点から繭を運び出すクロオオアリ 8時32分撮影

今日で移植から3日目になります。既に引越が始まっていましたが、今日までに分かったことは、少なくともA・B・Cという3地点で巣作りが行われていると言うことです。このまま、複数の巣に分かれてしまうのでしょうか。それとも、どこか一つの巣にまとまるのでしょうか。

午後3時半過ぎにもう一度ミツバチの箱の中を見てみました。今度は、水槽を持ち上げて巣の全体の様子を見ました。

クロオオアリがたくさんいた 15時39分撮影

早朝見た時には、クロオオアリが少なくなっていましたが、またたくさんになっていました。昼間の暑さを避けて集まった名残なのでしょうか。
女王アリがいるかどうか調べたいとは思いましたが、働きアリの個体数が多くて確かめることができませんでした。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください