清水白桃を害虫から守るクロオオアリ

直前のブログで、クロオオアリの今の食源について触れたばかりですが、先程、新たな発見をしました。清水白桃の樹からクロオオアリが幼虫を咥えて下りてくるところを幸運にも見ることができました。

幼虫を咥えて下りてくるクロオオアリ 15時59分撮影

もちろんこの幼虫は、クロオオアリの幼虫ではなく、何かの昆虫の幼虫です。状況から考えると、この幼虫は清水白桃の樹の何かを食べていたのでしょう。その幼虫をクロオオアリが見つけて、巣へと持ち帰っているのです。食料としてなのでしょう。

幼虫を巣へと運ぶクロオオアリ 16時0分撮影

清水白桃にとって、この限りでは、クロオオアリは益虫と言えそうです。

参照
クロオオアリが運んでいたもの」(2016年4月12日)
ムネアカオオアリも活動中」(2013年4月15日)
クロオオアリ・ムネアカオオアリの食性」(2012年6月12日)

1 thought on “清水白桃を害虫から守るクロオオアリ

  1. ピンバック: 梅の木のアブラムシとクロオオアリ | anttech.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください