新女王アリの原因不明の死

子育ての途中、突然女王アリが死んでしまうことはよくあります。創巣期の極初期に寄生虫のために死んでしまう場合は、その死の原因は明らかですが、その後に死ぬ場合は、原因がいつも分からないままです。
手元に残った今年採集のクロオオアリのコロニーは181で、その内寄生虫で死んだのが4コロニーです。そして、7コロニーが原因不明で死にました。7コロニーは次のようでした。

卵を産まずに死んだ個体:3個体
卵があった個体:4個体(それぞれ 3個 12個 2個 12個)

ムネアカオオアリの場合は、手元に残ったのは114コロニーで、その内寄生虫で死んだのが11コロニー、原因不明で死んだのは4コロニーです。4コロニーは次のようでした。

卵を産まずに死んだ個体:0個体
卵があった個体:3個体(それぞれ 1〜3個 9個 10個)
幼虫と卵があった個体:1個体(多数個 次の写真2枚を参照)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください