今年採集したオオアリの子育ての今

6月29日のブログで、今年新女王アリを採集したオオアリで、蛹化が始まっていることに触れていますが、その後の様子を記録しておきます。
まだ羽化は始まっていませんが、新女王アリの多くの個体で繭の数が増えています。

クロオオアリ:B20200603-137 繭が9個あるように見える
クロオオアリ:B20200603-159 繭が8個あるように見える
クロオオアリ:B20200603-178 繭が7個あるように見える
クロオオアリ:B20200603-180 繭が8個あるように見える

以上の4例あたりが、今時点でのクロオオアリの標準的な子育ての状況です。幼生虫の構成で言えば、繭、大小の幼虫、そして卵です。これは、同じ日に結婚飛行を行ったムネアカオオアリも同様のようです。

ムネアカオオアリ:R20200603-088 繭が9個あるように見える
ムネアカオオアリ:R20200603-121 繭が6個あるように見える

ところが、子育てが進んでいない個体も極少数ですがあります。

クロオオアリ:B20200603-105 卵のみ3個見える
クロオオアリ:B20200603-119 こちらも卵のみ3個見える
クロオオアリ:B20200603-113 卵のみ8個見える

幼生虫が全くいない個体もあります。

クロオオアリ:B20200603-100 幼生虫が全くない

また、幼虫や繭はあっても、子育てが遅い個体もあります。

クロオオアリ:B20200603-110 繭がまだない
ムネアカオオアリ:R20200603-030 繭は1個しかない
ムネアカオオアリ:R20200603-136 幼生虫が少なく、まだ繭がない

ところで、幼生虫が全くないクロオオアリのB20200603-100は、左翅が少し残っています。また、繭がまだないクロオオアリのB20200603-110は、左中脚の先端部が欠けています。この異状や障害と子育ての可否とは、何か関係があるのでしょうか。
2015年11月13日のブログ〈「片翅を付けたままの」女王アリ のその後〉によると、ムネアカオオアリの例ですが、子育てに問題はないようです。また、障害については、今年採集のムネアカオオアリの例があります。

ムネアカオオアリ:R20200603-139 右中脚に欠損がある 繭は4個見られる

繭の数が少し少ないですが、子育ては正常のようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください