今年採集のオオアリを「移植」

今年の6月3日から4日かけて長野県で新女王アリを採集したコロニーを、7月25日、庭に「移植」しました。今回は3通りの方法で移植しています。

W拡張蓋を使って
コンクリート製の人工巣用に作成していたW拡張蓋を使いました。

このW拡張蓋を移植に使う利点としては、底面の下に空間があることです。径7mmの穴を潜れば、広々とした土の上に移動できます。その後、巣穴を掘ることになりますが、掘り出した土も、この空間に置くことができます。この空間は、外部からは閉ざされていますから、捕食者に襲われることなく巣作りができます。また、上部は開閉式の蓋になっていますので、餌を補給できます。
このW拡張蓋を使って、クロオオアリを10コロニー、ムネアカオオアリを5コロニー移植しました。

クロオオアリ:共通シリアルナンバーは(B200603) 以下は (-下3桁)
-021 -031 -032 -047 -060 -074 -090 -094 -137 -147
ムネアカオオアリ:共通シリアルナンバーは(R200603) 以下は (3桁
-012 -018 -029 -037 -042

移植する前のクロオオアリのコロニー
移植する前のムネアカオオアリのコロニー
設置したところ W拡張蓋の周囲に土を寄せ、容易に外部から捕食者等が侵入できないようにしている
遮光の目的でベニヤ板を被せた(※ ベニヤ板を被せても、2枚の蓋が合わさる両端の側面には僅かに隙間ができるので、そこからとても小さなアリは入って来そうだ。)

ムネアカオオアリの営巣場所としては、「木の腐朽部」が多いようです。腐朽部と言っても、木は生きていることが多く、大木の腐朽した空間に巣を作っています。ただ、地面に巣を作っているムネアカオオアリも幾度か見ていますので、ここでは地面に移植しました。

② 素焼植木鉢皿を使って
ダイソー(DAISO)で販売されている「素焼植木鉢皿」を使いました。直径7.5cmの浅い皿で、これを逆さにして地面に被せ、2箇所から皿の中に入れるように地面に隙間を作ります。飼育しているクリーンカップの蓋を取り、皿の横にそのまま置きます。それから透明のプラスチック製のクリアケースを逆さにして被せます。小箱の周りに土を僅かに盛り、外部から遮断します。取り敢ず、皿の中に引越すれば成功です。
この素焼植木鉢皿を使って、クロオオアリを10コロニー庭に移植しました。

クロオオアリ:共通シリアルナンバーは(B200603) 以下は (-下3桁)
-007 -160 -162 -165 -172 -175 -177 -181 -183 -185

設置したところ プラスチック製のクリアケースの周囲に土を寄せ、容易に外部から捕食者等が侵入できないようにしている
遮光の目的で、1×4材で作った覆いを被せた

この方法は、これまで飼育してきたクリーンカップのまま移植できるところが利点でしょう。営巣後も、給餌する時以外は小箱を外さなければ、外部からの捕食者の侵入をある程度防げるでしょう。

③ 小型移植器を使って
かなり以前に移植器として製作していた小型移植器を使いました。

小型移植器

内法が48mmの方形の中が、3室に区切られています。3室の仕切壁には径3mmの穴があり、各部屋間を行き来できます。また、外部への出入り口(外部から移植器の中に入りにくくするため、出入り口は、一段と高くしています)、餌器(地中への営巣後も、餌器に蜜などを与えることができます)、地中への出入り口があり、上部には観音開きになる2分割された蓋(移植器によっては蓋に僅かな隙間のあるため、極小型のアリなどの捕食者は、移植器の中に侵入できるかもしれません)があります。
女王アリと幼生虫は上図の設計図の黄色の部屋に入れます。
この小型移植器を使って、クロオオアリを10コロニー庭に移植しました。

クロオオアリ:共通シリアルナンバーは(B200603) 以下は (-下3桁)
-020 -023 -028 -036 -039 -040 -044 -049 -058 -077

移植前の様子
設置したところ 小型移植器の周囲に土を寄せ、容易に外部から捕食者等が侵入できないようにしている
遮光の目的でベニヤ板を被せた
移植後の全景 手前からW拡張蓋、素焼植木鉢皿、小型移植器を使った移植の様子

2 thoughts on “今年採集のオオアリを「移植」

  1. ピンバック: 移植35コロニーのその後 | anttech.jp

  2. ピンバック: +R5コロニーを移植(植木鉢皿) | anttech.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください