西塀に沿った移植ブロックの外に巣

敷地の西のコンクリート塀に沿う場所にクロオオアリの30コロニーを移植したことについては、以前に書きましたが、移植したコンクリートブロックの穴の外にクロオオアリの巣を見つけました。
最初に見つけたのは9月14日で、B200603-013を移植したすぐ近くのサツキの切り株の下の巣でした。

左に見えるサツキの切り株の下に働きアリが潜って行った 9月14日17時30分撮影
潜って行くところ 黒い腹部が見える(写真中央)

9月22日には、2箇所でクロオオアリの巣を見つけました。1つは、B200603-045の極近くのビャクシンの切り株の横です。

手前がビャクシンの切り株
出入り口は写真中央の小さな穴 9月22日15時41分撮影

もう1つは、B200603-018の極近くのビャクシンの切り株の中に巣がありました。

このビャクシンの切り株には樹皮下に穴が空いている
クロオオアリが写真中央の穴の中に入って行った

この3箇所のクロオオアリは、この場所に移植した30コロニーの内のいずれかのコロニーと思われますが、直近のコンクリートブロックの穴の中に移植したコロニーというわけではないでしょう。ですから、この3つのコロニーの識別番号は不明です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください