働きアリの寿命(その2)

2012年8月31日2013年3月25日のブログで触れたクロオオアリの家族3匹(女王アリと働きアリの2匹)ですが、その内の大きな働きアリが死んでいました。

ND4_8338

この死んだ働きアリは2011年7月生まれで、最初にそのクロオオアリの家族の一員になったアリでした。23ヵ月間生きていたことになります。
上の写真がその働きアリです。ばらばらになっているのは姉妹の働きアリや母親(女王アリ)が食べたからです。よく見ると内部がなくなって殻だけになっています。

やはり、クロオオアリの働きアリはかなりの長生きのようです。
同じく2011年に女王アリが死んだにもかかわらず、最初に生まれた働きアリが生き続けている家族が2例あります。これらも2013年の3月25日に紹介している働きアリたちで、クロオオアリは8匹が、ムネアカオオアリは5匹が生きています。こちらの働きアリたちは、3年目を越えるのはもう目前です。果たして、クロオオアリやムネアカオオアリの働きアリの寿命は、長いものでどのくらいなのでしょうか。是非とも探究したいテーマです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください