今年最後の移植 4例

9月27日、今年最後の移植を試みることにしました。以下のクロオオアリの4コロニー、4例です。
1例:BH170521-025+BH170520-001
2例:BK170530-133+BH170521-023
3例:BH170521-027 158跡
4例:BH170521-031 178跡

1例目
このコロニーは、BH170521-025とBH170520-001の合併コロニーです。合併の経緯については以下を参照して下さい(Q+WとWのみのクロオオアリのコロニーを合併 4例のクロオオアリの同種間共存のその後 3例のクロオオアリの同種間共存のその後)。

9月27日7時48分撮影
上の部屋の様子
下の部屋の様子

移植した場所は、7月29日にムネアカオオアリの5コロニーを移植した場所のすぐ東側(イチゴ園の中)で、BH170520-007を移植した場所と同じ場所です。日本ミツバチの待ち箱の中に、シリコン栓を外してそのまま入れました。

待ち箱の中 3箇所のシリコン栓を外してある 7時53分撮影
イチゴ園の中に待ち箱を置いた

2例目
このコロニーは、BK170530-133とBH170521-023の合併コロニーです。合併の経緯については以下を参照して下さい(クロオオアリの同種間共存(2) 4例のクロオオアリの同種間共存のその後 3例のクロオオアリの同種間共存のその後)。

9月27日7時49分撮影
コンクリートの上にもたくさんの働きアリと幼生虫がいる
部屋の中の様子

移植した場所は、八朔の樹の横です。日本ミツバチの待ち箱の中に、シリコン栓を外してそのまま入れました。

待ち箱の中 3箇所のシリコン栓を外してある 7時57分撮影
八朔の近くに待ち箱を置いた

3例目
このコロニーは、2017年5月21日に岡山県の蒜山高原で新女王アリを採集したコロニーです。

9月27日8時1分撮影
巣の中の様子

移植した場所は、8月4日にB200603-158を移植した箇所(東斜面下のブドウ園に置いたコンクリートブロック)です。

コンクリート人工巣本体とW拡張蓋をセロハンテープで固定し、蓋の2箇所のシリコン栓を外して逆さにした 8時28分撮影

4例目
このコロニーは、3例目と同じく、2017年5月21日に岡山県の蒜山高原で新女王アリを採集したコロニーです。

9月27日8時2分撮影
巣の中の様子

移植した場所は、8月4日にB200603-178を移植した箇所(東斜面下のブドウ園に置いたコンクリートブロック)です。

3例と同様に逆さにした 8時28分撮影
3例目と4例目の様子

4 thoughts on “今年最後の移植 4例

  1. ピンバック: 今年最後の移植1例目のその後 | anttech.jp

  2. ピンバック: 今年最後の移植3・4例目のその後 | anttech.jp

  3. ピンバック: 引越元不明のコロニー | anttech.jp

  4. ピンバック: 今年最後の移植2例目のその後 | anttech.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください