今年最後の移植2例目のその後

2例目は、クロオオアリのコロニー〈BK170530-133+BH170521-023〉の移植でした。移植したのは9月27日のことですが、長い間引越の気配がありませんでした。
10月21日、コンクリートの階段の桁を歩くクロオオアリを見つけました。そこで、蜜を垂らしました。

コンクリートの階段の桁の部分に蜜を垂らした 10月21日15時58分撮影

蜜を吸って向かう先を追ってみると、桁を伝って下って行き、芝生の中に姿を消しました。この後2匹目と3匹目も同じ箇所で姿を消しましたので、その箇所に巣があることが分かりました。

写真中央の芝生の中に巣穴がありそうだ

ここは、階段の下側に近い場所です。

踊り場から上へ1段目と2段目の間辺りの芝生の中に巣穴がある

それからしばらくして、幼虫を運んでいるクロオオアリを見つけました。このクロオオアリも同じ場所で芝生の中に潜って行きました。

幼虫を運ぶクロオオアリ 16時14分撮影

そこで2度に渡り、芝生を刈りました。

元の様子
芝を2度に渡って刈った後の様子 巣穴らしい箇所が見えてきた 16時48分撮影

この後、もう一度幼虫を運ぶクロオオアリを見ましたが、どこから運んできたのかは分かりませんでした。

幼虫を運ぶクロオオアリ 新たに見つけた巣口の中に入って行った 16時56分撮影

10月22日、前日に見つけたクロオオアリのコロニーが、今年最後に移植した2例目のBK170530-133+BH170521-023であることがはっきりしました。昨日の巣穴から出て来たクロオオアリの後を追うと、日本ミツバチの待ち箱へと入って行きました。

昨日見つけた巣穴から出て来て、日本ミツバチの待ち箱へたどり着いたクロオオアリ 10月22日10時5分撮影

それからしばらくして、4匹の働きアリが移動して行くところを見ました。

引越先から引越元へと誘導するクロオオアリ 10時13分から1分48秒間の動画

1匹のクロオオアリが3匹の仲間を案内しています。案内役のクロオオアリは、リズミカルに腹部を曲げて腹部の先を地面に着けながら進んで行く様子がよく分かります。これは、仲間を餌場へ案内する時と同じ仕草です。ここで意外に思えたのは、この行列が引越先から引越元へと向かっていたことです。案内役に付いて行くアリたちは、元々引越元にいたのですから、引越元の場所は知っているはずなのです。ただ、仲間に咥えられて引越先に運ばれたのなら、その道筋は分からないのかも知れません。
さて、前日、巣穴の周りの芝を刈りはしたものの、クロオオアリが歩き易くするためと、巣穴の位置を分かり易くするために、真砂土を巣穴の周りに敷きました。

真砂土を巣穴の周りに敷いた

引越はまだ完了していないようです。

待ち箱の中の様子 まだ働きアリがこれまでと同様に過ごしているようだ 11時5分撮影
写真下方の階段の桁の脇の茶色いところに引越先の巣がある 待ち箱からは直線距離にして6m離れている

10月23日、日本ミツバチの待ち箱の中の人工巣に被せているW拡張蓋を取り外しました。女王アリが人工巣から出やすくするためです。

人工巣のW拡張蓋を外した 10時35分撮影

夕刻、観察しに行くと、引越が行われていました。

新巣へと仲間を咥えて運ぶクロオオアリ 10月23日16時13分撮影

巣穴に幼虫や仲間を運び込む様子を動画で記録することにしました。16時14分から17時23分までの様子です。この間(1時間9分)に、幼虫は4回(塊状)、成虫は7匹運び込まれました。

6分34秒間の動画
17時3分撮影

また、昨日に引き続き、引越先から引越元へと誘導するクロオオアリを見つけました。4匹の仲間を案内しています。

16時39分から1分14秒間の動画

10月24日は、引越を見かけませんでした。新巣では、働きアリが土粒を運び出していました。

15時56分から49秒間の動画

10月25日、15時前に待ち箱の外側を見ると、これまでとは違って、多めに働きアリが出ていました。

14時48分撮影

やがて、1匹の働きアリが3匹の仲間を引き連れて待ち箱から出て来ました。引越先へ案内しているようです。

14時59分から1分33秒間に編集した動画

この間にも、仲間や幼虫を咥えて新巣へと運ぶ働きアリをたくさん見るようになりました。
16時過ぎになって、待ち箱の中を見ると、女王アリが、コンクリート人工巣の巣の中から出て来ていました。ただ、肢が滑ってプラスチックの壁が登れないようです。

16時11分から30秒間の動画

そこで、枯葉を入れてみたのですが、枯葉を足場として利用できなかったようです。

16時15分から20秒間の動画

そこで更に芝の茎を入れてみました。今度は足場ができたようです。女王アリは、複数の働きアリに案内されて、新巣へ引越を始めました。その様子を17分34秒間の動画に編集しました。

16時27分から41分までを17分34秒間に編集

これまでに、引越を伴う「移植」で、女王アリが引越するのを見たことは1度ありましたが、この度初めて動画で記録することができました。
また、今回はという限定ではありますが、女王アリの引越のタイミングが分かったのも、大きな成果です。14時53分から17時13分までの間(2時間20分)に、咥えられて運ばれた幼虫は少なくとも20回(塊状)、成虫は少なくとも17匹でした。その内、女王アリが引越を完了した後の16時41分から17時13分まで(32分間)は、幼虫で2回(塊状)、成虫で12匹でした。17時13分で観察を打ち切りましたが、それ以後も引越は続いていました(明日の観察から)。このことから、女王アリが引越したのは、巣の引越の最後ではなく、最後に近いまだ幼虫や成虫の引越中だったことになります。

14時53分から17時00分までの様子
この間(2時間7分)に、幼虫は20回(塊状)、成虫は9匹巣穴に運び込まれた 10分39秒間に編集

10月26日、朝、待ち箱の中のコンクリート人工巣を見ると、働きアリが4匹だけになっていました。

7時27分撮影

前日の夕方以降に引越を済ましたのでしょう。引越先の巣口の周りには、クロオオアリの姿はありませんでしたが、10時ごろになると、巣穴掘りをしていました。

巣穴から土を運び出していた 10時1分撮影

人工巣の中には2匹ほど、待ち箱の中に3匹ほどの働きアリがいました。

10時2分撮影
10時3分撮影

それから1時間後の11時過ぎ頃に人工巣と待ち箱の中を見ると、クロオオアリは全くいなくなっていました。引越が完了したようです。

11時9分撮影

この後、人工巣と待ち箱を撤去しました。
9月27日に移植しましたので、ちょうど1ヶ月後に移植が完了したことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください