クロオオアリ14コロニーを移植

今日(4月14日)は、昨年の6月3日から4日にかけて新女王アリを採集したクロオオアリの14コロニーを移植しました。
昨年は、敷地の西のコンクリート塀に沿う場所に、8月4日にクロオオアリの12コロニーを、8月7日に同じくクロオオアリの18コロニーを移植していました。その内、昨年の9月24日までに1度でも生存が確認できたのは、11コロニーでした。今回は、この11コロニーの移植箇所(コンクリートブロックの穴)を省いて、上述の14コロニーの内7コロニーを移植しました。

移植したコロニー:南方から順に
B200603-015 B200603-022 B200603-029 B200603-030 B200603-038
B200603-041 B200603-056 

飼育ケースを逆さにしてコンクリートブロックの穴の上に置いた 飼育ケースの3箇所の穴からコンクリートブロックの穴の中に入れる 4月14日10時38分撮影
日除けのためベニヤ板を被せた 11時4分撮影

次に、西方花壇に7コロニーを移植しました。前述と同様に飼育ケースを逆さにして、こちらは真砂土の上に置きます。

飼育ケースを逆さにしている 地面に接する蓋には3箇所穴が空いている 11時54分撮影

移植したコロニー:西方から順に
B200603-061 B200603-062 B200603-068 B200603-069 B200603-073
B200603-083 B200603-155

クロオオアリ14コロニーを移植」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 14コロニーのその後の様子 | anttech.jp

  2. ピンバック: 西方花壇でコロニー特定不可の巣が見つかる | anttech.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください