クリの切り株の中にムネアカオオアリを移植 3例目

4月14日4月16日に、サクラの切り株の中にムネアカオオアリを移植しましたが、今日(5月6日)は、クリの切り株の中にムネアカオオアリを移植しました。この切り株は、ブログ「ムネアカオオアリを切り株に移植 +R10」の中の「栗3」(既に枯れている)です。今回は、2例目と同様に飼育器を木の中の空洞に入れない方法にしました。
木株の上面からほぼ垂直に径12mmの穴を空け、2面でカットして木片を取り出し、カット面から奥へ空洞を掘ります。木片を元に戻し、上部の穴と飼育ケースの穴を重ねて、ムネアカオオアリが木の中の空洞に移動できるようにします。

枯れたクリの切り株
径12mmの穴を切り株の上面から空けた後、鋸で縦に切る
鋸で横に切る
切断し終わったところ
側面に径12mmの観察穴と径6mmのアリの出入り口を作る
切り口からドリルで深めに穴を空ける
接着剤で切り口を塞いで完了 5月6日9時35分撮影

移植するのは、S/N:R200603-006で、昨年の6月3日から4日にかけて新女王アリを採集したムネアカオオアリのコロニーです。

S/N:R200603-006 14時1分撮影
幼虫が育ちつつある

木片が完全に接着しましたので、午後から移植を始めました。飼育ケースのシリコン栓を外して逆さにし、切り株の上に、ちょうど木の穴と飼育ケースの穴が重なるように置きました。

写真右の飼育ケースの穴と切り株に空けた径12mmの穴を重ねている 14時19分移植開始・撮影

1分後には、働きアリが切り株の穴の中に入りました。

切り株の穴の中から出てくる働きアリ 14時20分撮影

まもなくすると、引越が始まったようです。

仲間を切り株の中へ運んでいる 14時33分撮影
幼虫を切り株の中へ運んでいる 14時37分撮影

ところで、穴の中に入る際に働きアリがある行動をしていることに気づきました。腹部の先を飼育ケースに付けながら穴の中に入って行くのです。

14時35分撮影
14時35分撮影
14時38分撮影
14時40分撮影

穴の中への道しるべになっているのでしょう。移植を開始して17分後に、女王アリも穴の中に入って行きました。

先導していると思われる働きアリも、道しるべを付けている 14時36分撮影

14時51分には、全て引越が完了しました。3箇所の穴に栓をして塞ぎました。径6mmのシリコン栓は明日外す予定です。

引越が完了した 14時51分撮影

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください