クロオオアリ」タグアーカイブ

「移植」に成功していたS/N:B15017のコロニー(2)

その後7日から9日までは自宅を離れ、10日は終日雨でしたので、この巣口の観察はしませんでした。11日になり、再び水耕栽培をしているイチゴの苗にクロオオアリが来ていました。早速蜜を与えてみました。

4月11日12時31分撮影

やがて帰路につき、後を追ってみると6日に観察した同じ場所で芝生の奥へ入っていきました。6日に芝生を部分的に刈ってはいましたが、そのすぐ東側の芝生を刈っていない辺りでした。
しばらくして、巣穴があると思われる辺りからクロオオアリが現れました。後を追ってみると、イチゴの苗へ行き、先程与えた蜜を吸い始めました。おそらく、このアリは先程蜜を吸って巣へと帰っていった同じアリだと思われます。その後、今回も、巣穴があると思われる辺りで芝生の奥へ入っていきましたので、巣穴を確認できませんでした。
そこで、6日に刈った芝生の東隣を更に刈り広めました。

芝生を東側へと更に刈り広めた

3度目にイチゴの苗にやってきたのを観察したのは、13時40分頃でした。しばらくして巣に戻ってきましたが、芝を刈り広めていたにも関わらず、今度も巣穴が特定できませんでした。

芝生の奥へと入っていったが、巣穴は確認できなかった 14時00分撮影

そこで、更に芝を刈り広めました。

更に芝を刈ると穴が現れた

すると、大きめの穴が見えてきました。ひょっとするとこの穴がこのクロオオアリのコロニーの巣口なのかも知れません。
4度目にイチゴの苗に現れたクロオオアリの帰路を追ってみると、案の定、この大きめの穴の中に入っていきました。

クロオオアリが大きめの穴に入っていくところ 14時31分撮影

ところで、ここまでは1匹のクロオオアリが往復していると思っていましたが、そうではなかったのかも知れません。穴の中に入っていくのを見届けた直後に、イチゴの苗を見ると、そこにもクロオオアリがいたのです。

14時33分撮影

つまり少なくとも2匹は、イチゴの苗のところにやってきているのです。今度は、このクロオオアリの帰路を追ってみました。すると、4度目に観察したクロオオアリと同様に、やはり同じ大きめの穴に入っていきました。

14時55分撮影

これで、ここにもクロオオアリの巣があること、そして巣口の特定もできたことになります。
このS/N:B15017の巣のことを、これからはK巣と呼ぶことにします。
ところでこのK巣ですが、コロニーの規模は小さいと考えられます。コロニーの規模が大きい場合は、仲間を案内して蜜場へと向かうのですが、このコロニーのクロオオアリは、いつも単独行動だったからです。昨年、「移植」した時は、そこそこ大きめのコロニーでしたが、成員が減少してしまったようです。

翌日のK巣の巣口の様子 大きめのクロオオアリが巣口でじっとしていた 巣口のすぐ外には、少しだが土粒が運び出されていた 4月12日撮影
今回のブログの舞台全景 手前の岩の上に水耕栽培のイチゴの苗がある 左手には花壇があり、その更に左後方に桜の木の大きな切り株がある その切り株のすぐ手前にK巣があった イチゴの苗とK巣との距離は直線距離で6m弱

「移植」に成功していたS/N:B15017のコロニー(1)

昨年、庭に「移植」した数多くのクロオオアリ(のコロニー)は、全滅したと思っていました。ところが4月6日になって、そうではなかったことが分かったのです。
その日、庭で水耕栽培をしているイチゴの苗に1匹のクロオオアリが来ていました。イチゴにはアブラムシが付いていて、その苗を岩の上に置いていました。

庭で水耕栽培をしているイチゴの苗にクロオオアリが来ていた イチゴの苗にはアブラムシが付いている 4月6日14時55分撮影

B巣のクロオオアリは既に活動を始めていますが、イチゴの苗を置いている場所からは距離があり、これまでもこの岩のある辺りでクロオオアリを見かけることは、ほんのたまにしかありませんでした。そこで、B巣のクロオオアリではない可能性があるので、このクロオオアリがどこからやって来たのかを調べることにしました。やがて、まだ腹部は膨れていませんでしたが、このクロオオアリは、イチゴを植えている水耕栽培の容器から離れていきました。

15時12分撮影

クロオオアリはイチゴを置いている岩を下り、芝生の上を歩き、隣の岩の上を歩いていきました。

15時14分撮影

それから、岩で囲った花壇へと登り、ガザリアの葉の上や岩の上を西方向へと進みました。

ガザリアの葉づたいに歩く 15時18分撮影
15時21分撮影

そして、花壇を下り、一面芝生が生えている斜面を下って、桜の木の切り株の近くで芝生の中へ潜り込んだまま出てこなくなりました。

桜の木の切り株の少し右辺りで姿が消えた 15時27分撮影

この辺りに巣口がありそうです。だとすると、このクロオオアリのコロニーは、昨年の5月1日に庭に「移植」したS/N:B15017だと思われます。
(移植当初は花壇の岩のすき間などに数箇所にわたって巣を作っていましたが、最終的にはこの桜の木の右上に巣口が開いたのを観察しています。なお、同時に移植したもう一つのコロニー(S/N:B15125)は、匹数が少なめだったので、見かけた働きアリの数から推察して、この場所に巣を造ったコロニーではないと思われます)
巣穴を特定するため、芝生を刈りました。そして、巣口があると思われる近辺や、イチゴの苗辺りをしばらく見ていましたが、クロオオアリは現れませんでした。最後に蜜を入れた蜜器を巣口に近いと思われる箇所に置いておきました。

芝生を刈って蜜入りの蜜器を置いた

クロオオアリが活動を始める(B巣)

庭には散水用のホースを長く延ばして設置しているところがあります。そのホースは、アリたちにとって大変便利な通り道になっていて、早足で移動できるようになっています。こういった箇所を私は「高速道路」と呼んでいます。
今日は、B巣の近くにあるその「高速道路」を整備しました。これまでは、散水ホースをコンクリートブロック沿いの地面の上に這わせていましたが、それをコンクリートブロックの上に上げました。そうすることで、アリたちが歩ける面積が広く(道幅が広く)なり、同時に私にとっては観察しやすくなりました。

「高速道路」(散水ホース)を整備したところ

場所を移動したばかりのこの「高速道路」を、早速クロオオアリが利用していました。更に、アブラムシも利用していました。両者は時々出会うのですが、クロオオアリがアブラムシを捕まえると言うことはなく、お互い無関心ですれ違います。

クロオオアリとアブラムシがすれ違う瞬間

ところで、B巣の巣口があると思われる辺りを見ていると、腹部が膨れたクロオオアリがこちらに向かってきます。

腹部が膨れている 10時17分撮影

どこかで蜜源を見つけたのでしょう。このクロオオアリの後を追えば、3月21日には特定できなかった巣口を見つけることができるかも知れません。
けれども、今度も芝生に隠れて巣口がはっきりしませんでした。そこで、思い切って21日の時以上に深く芝生を刈りました。すると巣口らしい大きめの穴が見えてきました。

芝生を深く刈ると大きめの穴が見えてきた 写真は3匹のクロオオアリが1群になって出てきたところ 11時8分撮影

その巣穴から3匹が1群になって出てきました。先頭のクロオオアリが地面にマーキングをしています。これは、蜜の在り処へ仲間を連れて行く行動です。後を追ってみましょう。

「高速道路」に入った アブラムシも歩いている 11時14分撮影
フェンスの土台になっているコンクリートの礎石(2m以上の高さ)を下る 他の2匹は迷ったようで付いてきていないが、それでもマーキングをしている 11時18分撮影
地面に下り立った 小道を横切れば、そこにはカラスノエンドウの密生地がある 11時19分撮影
小道を横切る 腹部を曲げてマーキングをしている 11時19分撮影
カラスノエンドウの密生地に到着 11時24分撮影

F巣の事になりますが、この巣では3月20日に今年になって初めて巣穴が開きました(「クロオオアリの啓蟄」)。B巣の場合も、ほぼ同日と考えれば、16日ぶりに初めて餌を得たことになります。ちなみに一昨年は、初めてカラスノエンドウに来ているクロオオアリを見たのは、4月1日でした。

先程通路になっていたコンクリートの礎石から幾程か離れた場所にある、コンクリートブロックの礎石にもクロオオアリがいました。

コンクリートブロックの礎石で2匹ほど見かけた 11時27分撮影

ここを通路にしているクロオオアリは、もう既にカラスノエンドウの密生地に達していました。

クロオオアリが活動を始める(F巣)

今日は気温がかなり上がるとのことでしたので、朝の7時台に、蜜器に蜜を入れて、庭の2箇所に蜜器を設置しました。9時過ぎに気づいたときには、F巣に近い蜜器にクロオオアリがやってきていました。

9時11分撮影

このクロオオアリたちは、F巣のクロオオアリだとは思いましたが、蜜を吸って帰路についた1匹の後を追ってみると、やはりそうでした。
タンパク源も与えてみようと思い、ガを蜜器と巣との途中に置くと、食いつきました。

9時15分撮影

やがて1匹のみがガを運び始めました。そして、巣のすぐ近くまで運んでくると、いったんガから離れて、巣口を確かめるかのように巣口まで行き、またガのところへ戻りました。

ガからいったん離れたところ 9時24分撮影

それから、ガは巣穴へと引き込まれていきました。

ガが巣穴に引き込まれていくところ 9時24分撮影
僅かにガの翅が見える 9時25分撮影

まだ餌を得ていないと思われるクロオオアリ

3月20日のブログで、庭のF巣(クロオオアリ)の巣口が開いたことを書きましたが、今日初めて巣から土を運び出すF巣の働きアリの姿を見ました。寒の戻りで比較的寒い日でしたので、少し意外でした。

土を運び出している 13時46分撮影

ところでこのクロオオアリのコロニーですが、巣口は開いたものの、まだ餌を得ていないようなのです。近くに置いた蜜器にもやってきませんでした。
B巣のクロオオアリも巣口から出ていて、クリの木のクリオオアブラムシのいるところまでやって来ていましたが、まだアブラムシが甘露をほとんど出していないらしく(クリの木はまだ新芽が出ていない状態)、腹部を膨らませているクロオオアリは見かけませんでした。おそらく、このB巣のクロオオアリもまだ餌を得ていないようです。
一昨年の記録では、4月1日になって、庭の一部に作っていたカラスノエンドウの保護区に初めてクロオオアリが蜜を集めにやって来ました。
今年は昨年に引き続き、庭にはカラスノエンドウの保護区を作っていませんが、昨年からそれに代わる場所として敷地外でカラスノエンドウを保護しています。ただ、まだその敷地外のカラスノエンドウにもクロオオアリの姿はありませんでした。

2019年 クロオオアリとムネアカオオアリの新女王アリの予約販売受付開始

2019年の5月から6月にかけて採集する予定のクロオオアリとムネアカオオアリの新女王アリの予約受付を開始致しました。

今年もクロオオアリとムネアカオオアリの新女王アリの採集を行います。多数採集できますと、研究に必要な数以上になった女王アリを提供致します。有償とはなりますが、ご希望の方はお申し込み下さい。
5月20日までにご予約をいただきますと、新女王アリに30日間の保証(届いた時点、あるいは届いた日を入れて30日以内に女王アリが死んだ場合は、送料無料で女王アリを再送)をお付け致します。それ以後は15日間の保証となります。また、新女王アリを研究用等でまとまった数お求めの場合は、別途割引料金を適用致します。詳しくは、こちらhttp://www.kajitsuken.net/新女王アリ.html)をご覧下さい。

アブラムシを飼う

一昨日の21日、アンテグラウンドから取り出した水耕栽培用のイチゴの苗の上に、アブラムシが付いているカラスノエンドウの枝を載せておきました。

3月21日撮影

23日、その様子を見ると、かなりのアブラムシがしおれたカラスノエンドウの枝から移動していました。期待していたのは、そのアブラムシが、イチゴの苗に移り付くことでしたが、そのようにはなりませんでした。
すぐ近くにアンテグラウンドの中で種から育ててきたカラスノエンドウを水耕栽培の鉢のまま置いていたのですが、アブラムシはそちらの方には移り付いていました。

アンテグラウンドの中で種から育ててきたカラスノエンドウに移動したアブラムシ

カラスノエンドウに付いていたアブラムシは、イチゴに付くアブラムシとは種が違うのかも知れません。そこで、路地植えをしているイチゴの葉の裏を見て、アブラムシが付いている葉を採り、その葉をイチゴの苗の上に置きました。

路地植えのイチゴの葉を水耕栽培のイチゴの苗の上に載せる 葉の裏にアブラムシが付いている

ちなみに、カラスノエンドウに付いているアブラムシと、イチゴに付いているアブラムシを実体顕微鏡を使って比較してみました。

カラスノエンドウのアブラムシ
イチゴのアブラムシ

さて、アンテグラウンドの中で種から育ててきたカラスノエンドウは、全体的に赤みを帯びていて、順調に育っているとは言えない状態でしたので、処分することにしました。代わりに、庭に生えているカラスノエンドウを根を付けて掘り出しました。両者の根を比較すると、明らかに違いがありました。

庭で育ったカラスノエンドウには根粒がある

水耕栽培の方は、とてもよく根が張っていますが、根粒はありません。水耕栽培では、そもそも鉢の中に根粒菌がいなかったのでしょう。また、水耕栽培では根が水に浸かっていることが多く、根が大気に触れにくいのでしょう。

庭に生えていたカラスノエンドウは、鉢に入れて水耕栽培にすることにしました。そのカラスノエンドウの葉の上に、アブラムシが付いているカラスノエンドウの枝を載せました。

庭に生えていたカラスノエンドウの上に、アブラムシが付いているカラスノエンドウの枝2本を載せている

イチゴとカラスノエンドウにアブラムシを付けるこれら2つの試みが、成功すればよいのですが……。

大きく開いた巣口

3月20日のブログ「クロオオアリの啓蟄」で取り上げたF巣を見ると、巣口が大きく開けられていました。周りには、掘り出した土が置かれていました。

はっきりと分かる巣口 11時24分撮影

特筆すべきは、F巣に関しては、かつてこれほど大きく巣口が開いたことはなかったと言うことです。
そもそも、このクロオオアリのコロニーは、シリアル番号がNESTCON02005で、2013年の6月17日に採集した新女王アリのコロニーです。2016年の4月12日に庭に「移植」しました(詳しくはこちら)。コロニーの創設から間もなく6年になります。
穴の中を覗いて見ると、

クロオオアリの頭部が見える

頭部を外に向けてじっとしているクロオオアリがいました。
ところで、その巣口から少し離れた場所にも穴がありました。やはり、穴の周りには掘り出された土が置かれていました。

左端中央より少し右に小さな穴がある
もう一つの穴(拡大)

このもう一つの小さな穴も、同じクロオオアリのコロニーの巣穴だとは思うのですが、辺りにクロオオアリの姿はなく、確かめられませんでした。

クロオオアリが活動を始める

昨日のブログ「クロオオアリの啓蟄」で、クロオオアリが巣口を開いたことに触れたばかりですが、今日はクロオオアリの姿を見ることができました。昨年(3月25日)より4日早く、一昨年(26日)より5日早い「啓蟄」確認の日となりました。ちなみに、今日の最高気温は、岡山気象台の発表で23.3℃でした。
午後1時過ぎ、クリの木の枝に1匹のクロオオアリを見つけました。少ししてもう一度クリの木を見ると、クリオオアブラムシがいる枝にクロオオアリが1匹来ていました。

13時26分撮影

それから15分ほどしてから同じ箇所を見ると、2匹になっていました。

13時41分撮影

このアリは、B巣のアリであろうと考えました。案の定、昨年来、B巣のアリが、このクリの木との間を往復する際に道にしていた箇所を見ると、そこにもクロオオアリがいました。
巣口を確かめようと、帰路についているクロオオアリの後を追ってみると、昨年とも、一昨年とも違う場所に巣口があることが分かりました。

巣口はコンクリートブロックのすぐ手前の方にあるらしい 芝を刈っていない状態

巣口が見えるようにするために、部分的に芝を刈りましたが、今日のところは巣口を特定することはできませんでした。

2時46分ごろ、上述の箇所のクリの枝を見ていると、やはりクロオオアリが2匹いたのですが、様子が違っていました。

喧嘩をしているクロオオアリ 14時46分撮影

既述の2匹のアリ(写真上から2枚目)は、栄養交換をしていて同じ巣の仲間であることが分かります。けれども今度の2匹は喧嘩をしているのです。別の巣から来たことになります。昨年のブログ「クリの木に他のコロニーから来訪」で触れているように、C巣からもこのクリの木に来ていることが分かっていましたので、そのC巣の周りを調べてみました。しかし、クロオオアリの姿は全くありませんでした。そこで、B巣以外にも、近くにクロオオアリのコロニーがあるのではないかと言うことになります。もし、そうならば、これは数年越しの大発見になります。今日のところは、帰路を追うことはしませんでしたが、今後機会があれば、帰路を追って巣のありかを確かめたいと思います。

ところで、クリの木はもう1本あって、その木にもクリオオアブラムシが付いています。この木のアブラムシは、以前から小さなアリと共生しています。

クリオオアブラムシの幼虫とほとんど大きさが変わらない小さなアリと共生

ところが、この木の枝でクロオオアリを1匹見つけました。これはこのクリの木では初めてのことです。

たった1匹だったが、クロオオアリがいた

ちなみに、このクロオオアリがどこから来たのかは調べませんでした。この木に来るクロオオアリについても、今後機会があれば、帰路を追って巣のありかを確かめたいと思います。

地上で見たこの冬最後のクロオオアリ

12月も下旬に入り、もうすっかり冬になっていましたが、クリの木にはクリオオアブラムシの甘露を求めて、クロオオアリがやって来ていました。庭の西洋ミツバチもまだ活動していました。

12月22日13時6分撮影

では、クロオオアリはいつまで地上に出てくるのでしょうか。コロニーの規模や餌が得られる環境により、その時期はコロニーにより異なると考えられますが、ここでは、庭に棲息しているクロオオアリのコロニーの中で一番規模が大きく、クリの木にやってきているクロオオアリのコロニーで観察しました。
観察は、年を越して続けましたが、その結果、12月24日を最後にクロオオアリはクリの木にやってこなくなりました。

クリの木で最後に見た日のクロオオアリ 12月24日15時35分撮影

このコロニーのクロオオアリは、クリの木以外には出かけていないと考えられますので、この冬は12月24日が、クロオオアリが地上に出てきた最後の日であったと思われます。
ちなみに、クリオオアブラムシは年を越えてもまだクリの木の上方の枝に、僅かになりましたが棲息していました。そこで、アブラムシがいなくなったので、クロオオアリがクリの木に訪れなくなったわけではないことが分かります。

2019年1月8日13時30分撮影 クリの木の枝には、僅かだがまだクリオオアブラムシがいた