タグ別アーカイブ: シリアゲアリ

種々のアリの幼虫の冬越し

クロオオアリとムネアカオオアリは、幼虫と共に冬越しをします。このことは人工巣での観察で以前からわかっていたことですが、他の種も含めて冬越しの様子を記録しておきます。

2011年採集のクロオオアリ S/N:B110608-04

同上

上の2つの写真に写っているのは、2011年の6月に長野県で採集した新女王アリのコロニーです。かなりの大家族になっていて、人工巣アンテシェルフ2個を連結して飼育しています。幼生虫は幼虫のみで、しかもかなり小さいことが分かります。

2015年11月4日に、自宅の庭の小型の電柱についていた配電盤の中から採集した仮称「ミシマアリ」(S/N:F151104)は、その後コロニーが大きくなっています。

左上方に女王アリが写っている 胸部に翅の付け根の跡があるので女王アリだと分かる

幼虫が見られる

この「ミシマアリ」の場合も、幼生虫の内、幼虫のみが越冬していることが分かります。

下の写真は、2015年5月2日に、ブドウの枯れた幹の中にいたところを採集したシリアゲアリのコロニー(S/N:S150502)です。

写真には幼虫が3匹写っている

大家族になった時期もありましたが、飼育器に小さなすき間ができた時に、出ていって戻らなかったアリもいて、今年の冬はさほど大きなコロニーではありません。越冬している幼生虫は少なく、幼虫のみです。

既に分かっているムネアカオオアリも含めれば、これら4種のアリでは、越冬する幼生虫は幼虫のみのようです。

ブドウの幹の中から女王アリが

5月2日、庭の「ピオーネ」というブドウの幹の中から、女王アリを採集しました。
この時期、ブドウは新しい芽を出すのですが、途中から葉が出てこない幹があり、その幹にはスカシバというガの幼虫(蛹)が入り込んでいるのです。葉が出ない冬の間はわからないのですが、春になるとスカシバが入っていることがわかります。
こうなると、幹を切り落として、スカシバを退治しておかなくてはならないのですが、そうした幹の一つから、これまで見たことがない女王アリを見つけました。
スカシバがいたと思われる幹の空洞の中に、幼虫や蛹とともに女王アリがいました。同じ箇所に働きアリもいたので、それも採集しました。

ブドウの幹の中から見つかった女王アリ

ブドウの幹の中から見つかった女王アリ

働きアリの姿もある 左上

働きアリの姿もある 左上

女王アリからは、種は特定できませんでしたが、働きアリを見ると四つ星があり、シベリアカタアリのように思えました。
この働きアリは、8匹採集していましたが、不思議なことに何日経っても女王アリと一緒にならないのです。そこで、この働きアリと女王アリは、たまたま同じ場所で採集した別種であると考え、働きアリの方を取り除きました。
5月26日、働きアリが1匹生まれていました。

働きアリが1匹生まれていました

働きアリが1匹生まれていた

やはりこの女王アリは、シベリアカタアリではなかったのです。シリアゲアリのようです。種は特定できませんが、シリアゲアリ亜属のアリです。女王アリには、働きアリにはある刺(前伸腹節刺)がありません。

女王アリには刺がない

女王アリには刺がない

特製の蜜をすぐそばに置きましたが、飲まずに木片を被せてしまいました。