ants」カテゴリーアーカイブ

今年も脱翅新女王アリがいた

今年もクロオオアリB15006の活動室(アンテグラウンドⅠ型)に翅がない女王アリが1匹いました。

活動室アンテグラウンドⅠ型 5月17日17時8分撮影
活動室の中に有翅女王アリが18匹いた 17時13分撮影
活動室の中に翅のない女王アリが1匹いた 17時16分撮影

この翅のない女王アリが、このコロニーの女王アリではないとは言い切れないので、人工巣の中に脱翅女王アリがいるかどうかを見ることにしました。すると案の定、脱翅女王アリがいました。

人工巣の中にこのコロニーの女王アリがいた 17時19分撮影

ちなみに、人工巣の中には有翅女王アリはいませんでした。有翅女王アリは全て活動室に出ていたことが分かりました。
昨年も活動室に脱翅女王アリがいたのですが、その女王アリは僅かに翅が残っていました。ですから、この脱翅女王アリは昨年とは別の個体なのでしょう。

昨年見た脱翅女王アリ 僅かに翅が残っている 2023年4月20日撮影

それから2日後の5月19日、この脱翅女王アリが餌として与えていたスズメバチに食い付いていました。

5月19日17時16分撮影

この光景は、1年前にも見た光景です。

昆虫餌に食い付く脱翅女王アリ 2023年6月22日11時57分撮影

今年も「追視」できたことから、生まれた巣に止まっている脱翅女王アリは働くこともあると言えます。(まだ結婚飛行に出ていない有翅女王アリも働くことがあります)

蒜山高原で見かけた食性

蒜山高原へオオアリの新女王アリを採集しに出かけた際に、クロオオアリが獲物を運んでいるところを見かけました。

5月18日12時54分撮影
13時5分撮影
13時30分撮影

3枚目の写真には、枯れ葉のようなものに複数の卵がついています。この卵の大きさと形、そして色ともにクロオオアリの卵に良く似ています。この卵はいったい何なのでしょうか。

2024年 蒜山高原 5月18日

5月18日は気温が上がるとの予報がありましたので、蒜山高原へオオアリの採集に出かけました。
午前中に蒜山高原に着き、正午頃から観察を始めました。先ず訪れたのは、例年の採集地の一番奥まったところにある「道の駅蒜山高原」ですが、駐車場がすっかり変わっていました。

駐車場の全景
駐車場の周囲の様子 幅が狭くなった

これまでは、この駐車場のスペースには所々に芝地の盛り土があり、木も植えられていました。その盛り土の所々にはクロオオアリの巣があり、また、平面と盛り土の境にはコンクリートの縁石があって、その縁石の下の平面との隙間にクロオオアリの巣がありました。また、駐車場の周囲の草地もより広く取られていました。2016年の6月11日には、この駐車場で8匹のクロオオアリの新女王アリを採集しています。

8匹のクロオオアリの新女王アリを採集した頃の周囲の様子 2016年6月11日撮影
案内板は以前のままだった

この駐車場で暮らしていたクロオオアリは、全て追いやられたようです。
このことで思い出したのは、かつてのヒルゼン高原センター付近のことです。そこでは、立ち木が全て伐採され、それ以後はクロオオアリの棲息の密度が極端に低くなりました。

Before ヒルゼン高原センター付近 2016年6月11日撮影
After 街路樹が切られていた 2018年5月14日撮影

この後、2021年の5月23日に多数のクロオオアリを採集した自転車道とその脇道に行きました。そこでは、主にオオアリの巣口を探して、結婚飛行の前兆があるかどうかを調べて廻りました。

自転車道 道の両端にかなりの数のクロオオアリの巣がある
脇道は車1台がやっと通れるほどの狭い道
脇道の中央には所々草が生えている この草地にもクロオオアリの巣がある
差し迫った結婚飛行の前兆とは感じない 12時45分撮影
脇道でムネアカオオアリもいることを確認 12時51分撮影
雄アリが巣口から姿を見せていた 13時52分撮影

ただ、まだ結婚飛行を行う時間にはなっていないので、ひとまず別の場所で過ごしました。
午後4時前に再び脇道を訪れると、既に結婚飛行が始まっていました。先ず目立ったのはムネアカオオアリの有翅女王アリでした。

ムネアカオオアリの女王アリ 15時46分撮影
別のムネアカオオアリの女王アリ 15時47分撮影

15時46分から15時52分までの6分間に、ムネアカオオアリの有翅女王アリを15匹見つけました。また、同時に脇道でクロオオアリの有翅女王アリも見つけました。

クロオオアリの女王アリ 15時50分撮影
クロオオアリの女王アリ 15時51分撮影

ただ、何れもまだ結婚飛行を終えていないので採集はしませんでした。
脱翅女王アリが見つかるようになったのは、16時8分ごろからでした。

最初に捕獲したクロオオアリの新女王アリ 16時9分撮影

この後、自転車道を中心に脱翅女王アリを捕獲しました。18時までのほぼ2時間で、クロオオアリの女王アリは62匹、ムネアカオオアリの女王アリは1匹採集できました。
その間に、有翅女王アリが地上に下りて脱脂をするところを2度見ることができました。その内の1匹は写真に収めることができました。

脱翅が完了する直前 既に翅が3枚落とされている 17時48分54秒
脱翅を終えた直後 17時48分57秒

クロオオアリが翅を落とした直後の様子は、こちらからも見られます。

5月18日の気象は、気象庁の上長田(蒜山高原)のデータに因ると、最高気温が26.7℃、平均風速が0.7m/s、日照時間は12.7hでした。このデータと酷似しているのは5月4日で、それぞれ26.8/0.6/12.8でした。最高気温が26℃を越えたのは、5月18日が今年になって2度目でした。

5月18日までの日ごとの気象
5月18日の気象

道しるべ行動を撮る

もう10年以上前(2013年)に「マーキングを撮る」で、クロオオアリとムネアカオオアリが道しるべを付けながら行列を作る様子を動画にして記録しています。(「ありの行列」を考える シリーズも参照)
今回は、B200603-034 の引越の際の動画(4月30日)と、B200603-034が蜜器に向かう際の動画(5月17日)を記録しておきます。

8分44秒の動画

有翅女王アリが1匹だけ出てきた

5月14日、庭の蜜器にクロオオアリの有翅女王アリがいるのに気づきました。

5月14日15時7分撮影

辺りを探しましたが、羽アリはこの1匹だけでした。また、庭の複数のクロオオアリの巣口を見て回りましたが、羽アリが出入りしている様子はありませんでした。
この1匹は例外的に巣口から出てきたのでしょう。
それから、2時間ほど経っても同じ蜜器の上にいました。

17時12分撮影

B200603-034 「東方巣」が選ばれる

5月1日に人工巣からクロオオアリがいなくなりましたが、その翌日以降も3箇所で巣作りが継続していました。
5月5日早朝、幼虫を運ぶ働きアリを目にしました。

幼虫を運ぶ働きアリ 東方に向かっている 5月5日6時37分撮影

後を追って行くと、東方の巣に入って行きました。

6時39分撮影
幼虫を咥えて巣穴に入って行く 6時40分撮影

どこから幼虫を咥えてやって来たのでしょうか。ミツバチ巣箱辺りを見ていると、「直下巣」からであることが分かりました。

右がミツバチ巣箱 6時45分撮影
「直下巣」から幼虫を咥えて出てくる働きアリ 7時21分撮影

これまでの観察からは、幼生虫が「直下巣」へ運ばれるところは見ていませんでしたので、とても意外でした。
しばらくすると、成虫も「東方巣」へ運ばれて行きました。

7時44分撮影
8時49分撮影

ただそれらの成虫が、何処の巣から運ばれてきたのかは分かりませんでした。

7日と8日にも、「東方巣」へと幼虫を運ぶ働きアリを見ました。ただ、この時は何処の巣から運んで来ているのかは分かりませんでした。

5月7日17時43分撮影
5月8日8時25分撮影
5月8日10時12分撮影
5月8日16時56分撮影

9日以降は、「直下巣」と「西方巣」では、ほとんど働きアリが見られなくなっていました。「東方巣」では、働きアリが土を運び出していましたが、巣がほぼ完成したのでしょうか、その数は少なくなっていました。
B200603-034のコロニーは、引越先として「東方巣」を選んだようです。

クロオオアリの天敵

クロオオアリが命を落とすとすれば、クロオオアリのコロニー同士の戦いや他種のアリとの戦いがあります。とりわけ初期のコロニーでは、小型のアリに襲われることも多いようです。
ただ、それらは天敵というよりは「生存競争」という言い方の方が適切でしょう。では、クロオオアリにも天敵はいるのでしょうか。
もう12年も前のブログですが、「アリ日記 2012/06/06〜08(5)巣から外に出るリスク」でクモを取り上げています。この度、それと同じ光景を目にしました。

5月6日7時42分撮影
5月6日7時43分撮影
5月15日8時48分撮影

クロオオアリは何れも糸で宙づりにされています。更によく見ると、1枚目と3枚目の写真にはクロオオアリと比べるとかなり小さなクモ(ボカシミジングモ)が写っています。いったいどのようにして自体よりかなり大きなクロオオアリを狩ったのでしょうか。ちなみにこれらの場所は、クロオオアリの巣口の極く近くだという共通点があります。

また、ハエトリグモも天敵です。この度撮影できたのは、アオオビハエトリではない、(これまでも観察している)ハエトリグモ(未同定)です。

5月7日8時44分撮影
同上のハエトリグモ 8時45分撮影

過去の関連記事参照:
クモに襲われたクロオオアリ その瞬間」2018年4月12日
生死の運命」2021年3月24日
サクラの切り株の中にムネアカオオアリを移植」2021年4月14日
アリジゴクとハエトリグモ」2021年4月27日
クモに襲われたクロオオアリを巣に戻す」2021年8月25日

B200603-034 引越完了か?

前日の夕刻には、まだ女王アリや働きアリや幼生虫が人工巣に残っていたのですが、今日(5月1日)の昼過ぎ、人工巣の中にほぼクロオオアリはいませんでした。この間は、雨や曇の天気でした。

5月1日12時46分撮影
12時47分撮影
西洋ミツバチの巣箱の中 写真には2匹写っている 12時47分撮影

3箇所の巣作りの箇所を見ると、何れもクロオオアリがまだ巣作りをしていました。
女王アリは何処に行ったのでしょうか。前日の様子から考えると「西方巣」に行ったのでしょうか?

クロオオアリとダンゴムシ

ダンゴムシがクロオオアリの餌になれば、とても豊富な食源になると思うのですが、クロオオアリがダンゴムシを狩っているところはこれまで見たことがありません。ただ、たまに死んで白っぽく変色したダンゴムシを咥えて運んでいるところを見たことはありました。
ところが、B200603-034の引越を観察している時、B200603-034の働きアリの1匹が、ダンゴムシに咬みつこうとしているところをたまたま目にしました。

ダンゴムシは攻撃を受けて丸まった 4月30日10時5分撮影
4月30日10時5分撮影

B200603-034の引越が始まっていた(4月30日)

4月29日は、「雨時々曇」であったため、移植後の様子を観察していなかったのですが、30日に見ると、既に引越が始まっていました。
3箇所で巣作りが行われていました。

最も近くの場所 巣箱直下の岩の継ぎ目を利用(「直下巣」と命名)
直下巣 既にたくさんの土が運び出されていた 9時7分撮影
西方に向かう働きアリ 9時11分撮影
花壇ブロックを下って行く
花壇ブロックの下方に巣穴が造られていた
更に西方の少し上方も掘られていた
西方の全景 南側から撮影 (「西方巣」と命名)
西方巣は、写真奥にある 北側からの撮影

巣作り中の3巣目は、巣箱の東方にありました。

南側から撮影 手前が東方 巣箱は花壇の少し奥まったところ
散水ホースを行き来しているクロオオアリ 9時19分撮影
コンクリートブロックに沿うように巣作りが始まっていた
上記写真の左下を拡大 (「東方巣」と命名)

実はこの場所は、N巣がある場所です。争いが起こるのではないかと思ったものの、そのような場面はありませんでした。
移植時の引越では、複数の箇所で巣作りが始まることについては、既に「BM19003を移植 引越先が分裂?」や「B15099を移植 4日目 ほぼ引越完了」「B14034+133の引越先」などで観察しています。
クロオオアリは、自然界では営巣途中で巣を引っ越すことはないと考えられますので、人為的な「移植」では、新たに巣を作り始める前に引越先を統一する能力は備わっていないのでしょう。

まだ、引越はこれからのようでした。

幼虫が多数見える 9時37分撮影
働きアリも多い 9時37分撮影

10時ごろからは、幼虫を運ぶ働きアリを多数見るようになりました。

西方へと進む 10時1分撮影
巣箱の東側から西方へと進んで行った 10時7分撮影
花壇ブロックを下りて行く 10時19分撮影
巣穴に運び込む直前 10時20分撮影
巣穴に運び込む 10時28分撮影
巣穴に運び込む 10時29分撮影

引越先が「西方巣」に統一されたのでしょうか。
夕刻、人工巣の中を見て確かめることにしました。人工巣の中は、働きアリも幼生虫も少なくなってはいましたが、そこにはまだ女王アリが残っていました。

全周1 17時27分撮影
全周2 17時27分撮影
全周3 7時27分撮影
全周4 右下に女王アリが見える 17時28分撮影
女王アリ 17時29分撮影

B200603-034を移植(4月28日)

久しぶりに、飼育下のクロオオアリのコロニーを庭に移植することにしました。

移植するコロニー B200603-034 4月28日撮影

B200623-034は、2020年の6月3日に駒ケ根市内で新女王アリを採集したコロニーです。かなり良く繁栄しています。

全周1
全周2
全周3
全周4

4月28日、B200623-034を西洋ミツバチの巣箱の中に入れ、開放蓋を外し、小型水槽から外へアクセスし易いように板を入れました。

右に置いているのが開放蓋 4月28日13時9分撮影
移植した環境 巣箱には蓋をしている
早速働きアリが巣箱から出てきていた 13時23分撮影

夜遅く見に行くと、かなりの数の働きアリが巣箱の周辺の地面を歩いていました。

21時23分撮影
21時24分撮影

T20220910-67が今年も産卵 昨年は孵化せず

トゲアリの寄生の試み 5のT20220910-67が産卵していました。
ほぼ2週間前の4月10日の観察の際には、トゲアリの越冬幼虫はいませんでした。ただ、女王アリの腹部がかなり膨らんでいました。

女王アリの腹部はかなり膨らんでいる トゲアリの成虫も幼生虫もいない 4月10日撮影
卵が3個程ある 4月25日撮影

T20220910-67は、昨年も産卵をしていましたが、その卵が9月になっても孵化していませんでした。
今年は孵化して成虫になるでしょうか。

追試 B120614-03の産卵

4月9日のブログで、B120614-03の様子を取り上げています。

4月9日撮影

その時には、越冬幼虫はいませんでした。
4月25日、卵を産んでいました。

4月25日撮影

このコロニーについては、今年の1月21日に、(以上のことから「B120614-03は産卵能力は残っているものの、有精卵を産む能力はなくなっている」と結論づけてもよいのではないかと思います)と結んでいます。今回は、その追試となります。

C巣の巣口発見

4月25日の朝方、自宅で飼っている西洋ミツバチが分蜂して、庭のプラム大石早生に蜂球を作っていました。

西洋ミツバチの蜂球 4月25日8時58分撮影

その蜂球を見ている時に、偶然にも小さな塊が落下するところを見ました。その時は、ただの蜂球の一部が落下したと思っていたのですが、10時半過ぎに、落下したと思われる場所に女王バチがいるのを見つけました。その女王バチは、働きバチに取り囲まれていました。この時、既に蜂球はなくなっていました。

蜂球がなくなっていた 10時33分撮影
中央が女王バチ 10時38分撮影

しばらくして見に行くと、女王バチは死んでいました。女王バチは殺されたのでしょう。ミツバチは、分蜂直後に蜂球を作ってから営巣する場所を探すため、ミツバチの群れが飛び立つにはそれなりの時間が必要です。今回は蜂球がとても早くなくなったのは、女王バチに何らかの欠陥があったため、働きバチたちが蜂球の中から女王バチを排除したからなのでしょう。

11時19分撮影

女王バチが殺されていた場所には、既に複数のクロオオアリが来ていました。そして、そのすぐ近くに巣口があるのが分かりました。このコロニーはC巣(自然巣)のようです。今年になって、初めてC巣の巣口を発見することができました。

C巣の巣口は、写真内右 11時24分撮影

人工巣から出てこない

今になっても、ほとんど人工巣から出てこないコロニーがあります。クロオオアリのコロニーBH210523-60(結婚飛行を終えた新女王アリを2021年5月23日採集)です。

人工巣を小型水槽に入れている 人工巣から働きアリが出ていない 4月21日16時7分撮影

越冬幼虫が全く育っていません。干からびて死んでいるように見えます。

越冬幼虫の様子 16時7分撮影

人工巣アンテシェルフの最下段両側のアクリルパイプの穴は開いてはいますが、砂で詰めた痕が見られます。

女王アリは健在のようですが、女王アリがいる同じ最下段の部屋には、かなりの数の働きアリの死骸があります。

重なっているのは多くは死体だ

活動室の中で活発に動いていた有翅女王アリ

4月13日、この日は、岡山市で今年初めて最高気温が18℃を越えました(18.1℃)。アリの飼育部屋は、西日の影響を受けやすく、午後5時半過ぎには室温が27.9℃に達していました。

B15006(クロオオアリのコロニー)の活動室(アンテグラウンドⅠ型)の中を見ると、昨年生まれの有翅女王アリが2匹、活発に動き回っていました。今にも、結婚飛行に飛び立つかのようでした。

4月13日17時37分撮影
4月13日17時37分撮影

こんなことは、今年になって初めてのことでした。

一時的社会寄生のトゲアリ5例の様子(2024年4月10日)

この寄生トゲアリの5例の様子は、前回は今年の1月15日に取り上げています。この5例は、何れも2022年の9月に寄生を始めたコロニーです。

トゲアリの寄生の試み 1 (BH210523-18にT20220910-53が寄生 )

トゲアリの寄生の試み 2 (BH210523-19にT20220910-54が寄生 )

ここでも昆虫を分解しているのはトゲアリだ 4月10日撮影
越冬幼虫が多数育ちつつある 女王アリの頭部が写っている 4月10日撮影

トゲアリの寄生の試み 3 (BH210523-21にT20220910-65が寄生 )

クロオオアリはまだ多数いるが、トゲアリの成虫も越冬幼虫もいない 4月10日撮影
女王アリの腹部は膨らんでいる 4月10日撮影

トゲアリの寄生の試み 4 (BH210523-23にT20220910-44が寄生 )

育ち始めている越冬幼虫が見られる 4月10日撮影
女王アリも健在だ 4月10日撮影

トゲアリの寄生の試み 5 (BH210523-29にT20220910-67が寄生 )

クロオオアリの数は少なめだ トゲアリの成虫も越冬幼虫もいない 4月10日撮影
女王アリの腹部はかなり膨らんでいる

宿主のクロオオアリはまだ生存しています。何れも2022年の9月に寄生されたクロオオアリのコロニーですから、今生存しているクロオオアリは遅生まれで2022年生まれか(寄生の試みの全て)、越冬して2023年生まれか(寄生の試みの3と4)になります。

トゲアリの3コロニーの越冬明けの越冬幼虫の様子

現在飼育しているトゲアリのコロニーは8コロニーありますが、その内の3コロニーの越冬幼虫の様子を記録しておきます。
この3コロニーの今年1月末の様子については、こちらをご覧ください。

1)T140906-402014年9月11日 B-NESTCON01024(2012/06/14採集)に進入)

人工巣の部分 4月10日撮影
活動室アンテグラウンドⅡ型 4月10日撮影
働きアリが多いため越冬幼虫の様子は僅かしか観察できないが、かなり育っているようだ 4月10日撮影
昨年参照

2)T1809192018年9月22日 B15002(2015/05/15採集)に進入)

かなり育っている越冬幼虫が多く見られる 4月10日撮影

3)T210912-022021年9月16日 BK170530-040(2017年5月30日採集)に進入)

右が人工巣 左が活動室アンテグラウンドⅢ型
かなり多くの数の越冬幼虫 育ちつつあるようだ 4月10日撮影

毎年の春先のことですが、飼育下では、トゲアリの方がクロオオアリよりも早くから活動を始めています。同時期のクロオオアリの越冬幼虫と比べると、トゲアリの越冬幼虫の方が早くから成長を始めていたことがわかりますが、これは、トゲアリの方が活動を始める時期が早いことによるのでしょう。

クロオオアリ8コロニーの越冬幼虫の様子(4月9日)

現在飼育しているクロオオアリのコロニーの中から、8コロニーを取り上げて、越冬幼虫の様子を記録しておきます。

1)B15006(2015年採集)
現在飼育しているクロオオアリのコロニーの中では、一番大きなコロニーです。

17段アンテシェルフの人工巣
活動室アンテグラウンドⅠ型の様子
越冬幼虫は成長を始めているがまだ小さい 4月9日撮影

2)BH18024(2018年採集)

かなり大きく育った越冬幼虫がいる 4月9日撮影

3)2020年採集の3コロニー
⑴ B200603-034

大きく育った越冬幼虫が僅かに見られた 4月9日撮影

⑵ B200603-067

越冬幼虫は育ち始めているが、まだ小さいようだ 4月9日撮影

⑶ B200603-075

越冬幼虫は育ち始めているが、まだ小さいようだ 4月9日撮影

4)2021年採集の3コロニー
⑴ BH210523-30

越冬幼虫の数は少ないが、大きく育った幼虫がかなり目立つ 4月9日撮影 

⑵ BH210523-32

越冬幼虫はまだ成長が始まっていないようにも見える 4月9日

⑶ BH210523-37

前掲のBH210523-32とほぼ同じ環境だが、こちらの越冬幼虫は成長を始めている 4月9日撮影