日別アーカイブ: 2024年6月1日

BH210523-37用に開放蓋仕様の活動室を作成

BH210523-37は、2021年に蒜山高原で新女王アリを採集したコロニーです。コンクリート製の人工巣で飼育していますが、かなり大きなコロニーになってきました。

6月1日撮影
右側面から 左側面には巣室はない 6月1日撮影

そこで、広めの活動室を3mm厚のアクリル板(ガラス色)で作ることにしました。

上面図

活動室の広さは214mm×286mmで、高さは100mmです。人工巣の上に設置します。

蓋は開放蓋仕様にした
開放蓋には無水エタノールで溶いたベビーパウダーを塗った
開放蓋を被せるとこんな感じ
こんな風に人工巣の上に活動室を設置する
真上から見たところ 活動室の底には径9mmの穴が2箇所ある

活動室を人工巣の上に設置することで、これまでは活動スペースになっていたコンクリート上面が閉ざされた空間になりました。このコンクリートの上面のスペースも居住スペースとして利用されるようになれば、巣室が大幅に拡張されたのと同じことになります。

シェルフにはこんな風に収まる