サクラの切り株の中にムネアカオオアリを移植

2016年2月に伐採して枯らしたサクラの木にムネアカオオアリを移植することにしました。
昨年もムネアカオオアリの移植を多数(「今年採集のオオアリを「移植」」「+R5コロニーを移植(植木鉢皿)」「ムネアカオオアリを切り株に移植 +R10」)試みましたが、いずれも失敗しています。今回は、サクラの切り株の中に空洞を作って移植します。

サクラの古株 この切り株の中にムネアカオオアリを移植する ブログ「ムネアカオオアリを切り株に移植 +R10」の中の「桜1」に当たる
先ず初めに径が12 mmの穴を空ける
2面でカットする
アクリル製の飼育器(写真上方)が入る広さに掘る

移植するムネアカオオアリは、S/N:R200603-016で、昨年の6月3日から4日にかけて新女王アリを採集したコロニーです。

S/N:R200603-016 越冬幼虫はいないが、最近になって産卵した卵が2個ある
空洞を塞ぐ直前
径が12mmの穴にゴム栓で緩く差し込んで移植が完成 4月14日10時20分撮影

正午前に見に行くと、ムネアカオオアリが木の中から出ていました。

根本辺りを歩くムネアカオオアリ 11時56分撮影
もう1匹のムネアカオオアリ ゴム栓をした穴の隙間から出入りしているようだ 11時56分撮影

1匹のムネアカオオアリを観察していると、突然ハエトリグモが現れ、ムネアカオオアリに襲いかかったかと思うと瞬時にムネアカオオアリから離れました。私は、そのクモを指で押し潰しました。
先のブログ「生死の運命」と同じように、クモはアリへの最初の一撃の後、今回も一旦獲物から離れたのですが、ムネアカオオアリにその一瞬でどんな危害を与えたのでしょうか。ムネアカオオアリの様子をしばらく見ていましたが、その場から動きませんでした。

一撃の後、動かなくなった 12時0分撮影
上の写真と同じアングルだが、ピントをクモに合わせている 12時0分撮影

サクラの切り株の中にムネアカオオアリを移植」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: クリの切り株の中にムネアカオオアリを移植 3例目 | anttech.jp

  2. ピンバック: サクラの切り株の中への移植のその後 | anttech.jp

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください