B15099の巣口が移動

O巣B15099(クロオオアリ)の巣口が移動したようです。
B15099は、2019年の8月23日に庭に移植し、後にコンクリートブロック直下に巣口を開いていましたが、今日、別の場所で巣から出入りしているのを見ました。
少し離れた場所の蜜器に蜜を入れていたのですが、その蜜を吸って帰って行くクロオオアリを追っていて、新たな巣口を見つけました。新たな巣口は、コンクリートブロックの上方の芝地の中のようです。

蜜器の蜜を吸うクロオオアリ このアリの帰路を追った 7月11日16時46分撮影
写真中央コンクリートブロック沿いの芝地の中に巣口があるようだ 16時49分撮影

これまで巣口があったコンクリートブロック直下を見ると、クロオオアリの姿はありませんでした。

これまで巣口があったコンクリートブロック直下
写真右下がこれまで巣口があった場所 写真左上が今日新たに見つけた巣口があると思われる場所

B15099の巣口が移動」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 移植コロニーの7月の生存確認 | anttech.jp

  2. ピンバック: B15099(O巣)が生存していた | anttech.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください