クロオオアリの女王アリの胃の容量

これまで、アリの胃の容量を量ったことはありませんでしたが、今日、その機会がありました。
対象としたのは、クロオオアリの女王アリです。クロオオアリの場合、働きアリは大きさが連続的ですから、各個体の胃の容量は一定ではありませんが、女王アリの場合は、ほぼ一定だと考えられます。今回胃の容量を測定したのは、今年の6月9日に自宅の庭で採集した新女王アリで、子育てが順調ではなく、まだ働きアリがいない単独女王アリです。これまで蜜等は与えていないので、水を飲むことはあったとしても、胃は空に近い状態だと考えられます。
蜜の容量の測定には、ピペットを使います。

使用したピペット 1分注を10μLに設定している

ピペットは予め1分注を10μL(1μL=0.001mL)に設定しています。1分注ずつ、飼育器の中に垂らします。

3分注目を吸引しているところ 8月3日16時31分撮影
4分注目を吸引しているところ 16時34分撮影
5分注目を吸引しているところ 手前のもう1つの蜜は6分注目 16時41分撮影

4分注目、つまり40μLは飲み干したのですが、下の写真のように5分注目は残してしまいました。

5分注目は飲み残している 6注目はそのまま

このことから、このクロオオアリの女王アリは、40数μL飲んだことになります。クロオオアリの女王アリの胃の容量は、40数μL(0.04mL〜0.05mL)のようです。

ちなみに、40数μL飲んだこのクロオオアリの女王アリと、働きアリがいて既に何回も蜜を与えているコロニーの女王アリ(今年5月23日採集)と、20μL飲んだまだ働きアリがいない女王アリ(今年5月23日採集)の腹部の大きさを比べてみました。

40数μL飲んだこのクロオオアリの女王アリ 腹部の膨らみは、直ぐ下の女王アリと同程度
働きアリがいて既に何回も蜜を与えているコロニーの女王アリ
20μL飲んだまだ働きアリがいない女王アリ 腹部が少し膨らんでいる程度

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください