庭のトゲアリが再び引越

庭のクリの木の空洞に移植していたトゲアリ(T140906-03)が、イチジクの主枝支えへ引越しているのに気づいたのは、8月22日のことでした。それから5日後の8月27日に、トゲアリの様子を見に行くと、主枝支えの直ぐ傍のいちじくの実にトゲアリがやって来ていました。

 

8月27日9時41分撮影

主枝支えを見ると、幼虫が見えたのですが、直ぐにその幼虫らが運ばれて行くのが見えました。引越をしているのでしょうか。

幼虫が見える 9時42分撮影
ロープを伝ってどこかへ幼生虫が運ばれて行く 9時42分撮影
9時42分撮影

その先を追ってみると、ロープの終端の杭を下って行きました。そして、杭からそう離れていない場所で、地中へと入って行くようです。

ロープの終端の杭を下って行くトゲアリ 9時46分撮影
芝地のどこかに巣穴があるのだろう 9時47分撮影

観察しやすいように、巣箱を取り払いました。

巣箱を取り払い観察しやすくした 10時00分撮影

仲間を運んで行くトゲアリも見かけるようになりました。運ばれて行くトゲアリはまだ体色が薄いので、羽化して間もないのかもしれません。

仲間を運ぶトゲアリ 10時5分撮影

主枝支えのすぐ上方にまだ熟れていないいちじくの実があり、引越中にも関わらず、何匹か集まっていました。

10時15分ごろになると、ほとんど引越が終わったようです。この日、最初にトゲアリを見つけたいちじくの実には、引越中もずっと、何もなかったかように、トゲアリがやって来ていました。

ほとんど引越が終わったようだ 10時14分撮影
10時15分撮影
引越の全景 左手前の主枝支えからロープを伝って杭に渡り、杭を下って芝地に降り、地中へと潜って行った

引越の様子はビデオでも撮影しています。1分30秒間に編集しています。最初の30秒間(9時51分頃)は杭を下って行く様子、次の20秒間(以後いずれも9時58分頃から)は引越元(主枝支え)の様子、最後の40秒間は引越先の様子です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください