新たなクリの木の謎の生き物

庭のクリの木には、今でも種名が分からない謎の生き物がいました。この度は既に脱出していますが、何かの生き物の痕をクリの木で見つけました。

クリ「ぽろたん」 黒っぽい丸いものが見える 2022年1月22日撮影
上記を拡大すると

かつて大木だった2本のクリの木の内、西側の木にも同じ黒っぽい丸いものがありました。

かつて大木だった西側のクリの木にも黒っぽい丸いものがあった
数は多くないが、複数見つかった

これらは、クリオオアブラムシの卵ではないようです。
下の写真は実体顕微鏡で撮影したものです。円形の1目盛りは0.5mmです。

上面から
裏面から

この生き物が、クロオオアリなどのアリとどのような関係があるのかは不明です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください