樹上で大型の幼虫を狩っていた?

庭のサンタローザというプラムが今、熟れた実をたくさん付け始めています。その木にクロオオアリが上って来ていました。その枝の1箇所に複数のクロオオアリが集まっていました。

7月3日17時35分撮影

大型の緑色をした幼虫にたかっているようです。しばらく見ていると、スズメバチがやって来ました(オオスズメバチの働きバチなのか、コガタスズメバチなのかは判別できませんでした)。スズメバチは、何度もこの緑色の幼虫に近づこうとしていました。

17時45分32秒撮影
17時45分33秒撮影

しかし、スズメバチはクロオオアリを幼虫から追い払うことはできませんでした。
そもそもクロオオアリが樹上の幼虫を狩ったのでしょうか。それとも、何者かが、例えばこのスズメバチが幼虫を狩ったのでしょうか。何れともなんとも分からないままになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください