クロオオアリの女王アリの羽化を撮る

6月30日に、クロオオアリのB15006で女王アリが誕生したことについて記していますが、6日までには20数匹の女王アリが誕生していました。

羽化した後の繭 7月6日11時13分撮影
羽化して間もない女王アリ 体色がまだ薄い 11時15分撮影

観察していると、女王アリの繭に複数の働きアリが集まっているのを見つけました。働きアリが女王アリの羽化を介助しているようです。

羽化を介助している 11時23分撮影

そのまま観察を続けました。

11時27分撮影
女王アリの頭部が見えている 11時29分撮影
羽化を了えた後の空の繭 11時43分撮影
体を覆う薄い膜を除去する働きアリ 11時45分撮影
翅が伸びる途中のようだ 11時47分撮影
翅がほぼ伸びたようだ 11時54分撮影
まだ仰向けになっているが、羽化がほぼ完了したようだ 11時57分撮影

下の写真中央の女王アリは、上記の女王アリではありませんが、羽が伸びた後もしばらくの間は、働きアリが女王アリの翅を咬んだり舐めるような動作をしていました。

12時1分撮影

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください