3月31日以来の生存を確認 B16015

7月13日、今年の3月31日に生存を確認して以来、その生存が確認できていなかったクロオオアリB16015のコロニーの生存を確認することができました。家屋に近い踏み石の近くの芝地を歩いていたクロオオアリに蜜を与えてその後を追ったところ、B16015の巣( N巣)に辿り着きました。

写真中央辺りの芝地で蜜を与えた
コンクリートブロックの穴の中に入って行った 16時6分撮影

但し、クロオオアリが戻った場所は、これまでに観察していた箇所(上から2段目下)ではなく、その一段下(上から3段目)のコンクリートブロックの穴の中でした。

これまでは上から2段目下に巣口があった 写真下のコンクリートブロックの左の穴の奥に巣口がありそうだ

巣口の場所が変わることはよくあることです。今回も巣口の場所が変わっていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください